理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題6~10】

6.75歳の女性。右利き。脳梗塞を発症し救急車で搬入された。発症翌日に症状の悪化を認めた。発症3日目の頭部MRIの拡散強調像を別に示す。最も出現しやすい症状はどれか。

1.片麻揮

2.失語症

3.運動失調

4.嚥下障害

5.視野障害

 

解答を表示する

解答:1


解説

画像は、側脳室レベルのスライスである。そのため、受傷部位は「放線冠」であると推測できる。

錐体路は、大脳皮質運動野―放線冠―内包後脚―大脳脚―延髄―脊髄交叉―脊髄前角細胞という経路をたどる。

1.〇:正しい。

2.×:失語症は、視床の症状である。

3.×:運動失調は、視床の症状で生じる。

4.×:嚥下障害は、大脳皮質から延髄の脳神経核を結ぶ皮質経路で起こる。

5.×:嚥下障害は、視神経から後頭葉の視覚伝導路で起こる。

 

 

7.70歳の男性。脳卒中による右片麻痺。現在のADLは次のとおりである。食事は普通食を先割れスプーン使用で自立、整容は自立、更衣は自立。トイレは部分介助、入浴は部分介助。背臥位から自力で起き上がり端座位保持可能だが、車いすへの移乗は監視が必要。移動は車椅子にて自立。排便や排尿は時々失禁がある。Barthel Indexの得点はどれか。

 

1.35点

2.45点

3.55点

4.65点

5.75点

 

解答を表示する

解答:3(55点)


解説

食事は普通食を先割れスプーン使用で自立:10点
整容は自立:5点
更衣は自立:10点
トイレは部分介助:5点
入浴は部分介助:0点
背臥位から自力で起き上がり端座位保持可能だが、車いすへの移乗は監視が必要:10点
移動は車椅子にて自立:5点
排便は時々失禁がある:5点
排尿は時々失禁がある:5点

よって、3の55点となる。

 

8.68歳の男性。胸部大動脈解離(Stanford分類B型)に対して経カテーテル的ステントグラフト内挿術が行われたところ、術後に麻痺症状がみられた。ASIA評価表の結果を示す。この患者のASIAの重症度スケールと脊髓の損傷部位との組合せで正しいのはどれか。

 

1.B        脊髓の後方

2.C        脊髓の前方

3.C        脊髓の後方

4.D        脊髓の前方

5.D        脊髓の中心部

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:Bは損傷レベルより下位の運動機能は残存していない状態であるため不適切。

2.〇:正しい。

3.×:後索は、深部感覚の脱失と表在感覚が正常なのが特徴であるため不適切。

4.×:損傷レベルより下位の主要筋群の少なくとも半分以上が筋力3以上を呈する状態であるため不適切。

5.×:4と同じ。

 

 

9.42歳の女性。感冒症状が出現して1週後から対称性に両手のしびれを自覚し、脱力が急速に近位部へ広がったため神経内科を受診した。上肢遠位部優位の脱力と四肢の深部健反射消失を認め、Guillain-Barre症候群と診断された。検査所見として正しいのはどれか。

1.髓液検査で細胞数が増加する。

2.頸髓MRI検査で髓内信号異常を認める。

3.末梢神経伝導検査で伝導速度が低下する。

4.未梢神経の連続刺激でM波の振幅が漸増する。

5.未梢神経刺激で誘発されるF波の潜時が短縮する。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:髄液検査では、細胞数の増加は伴わず、蛋白上昇が認められる。

2.×:多発根ニューロパチーと呼ばれ、必ず出るとは言えない。

3.〇:正しい。

4.×:M波の振幅が低下する。

5.×:F波の潜時が延長する。

 

 

10.4歳の男児。顕在性二分脊椎症による脊髓髓膜瘤の術後。立位の様子を図に示す。短い距離であれば独歩可能である。予測される機能残存レベルの上限で正しいのはどれか。

 

1.L2

2.L3

3.L4

4.L5

5.S1

 

解答を表示する

解答:3


解説

L3~L4は、大腿四頭筋残存し短下肢装具をつけ歩行可能である。
残存機能レベルの上限を問いている問題であるため、L4となる。

1.×:長下肢装具もしくは松葉杖を使用する。

2.×:先述通り。

3.〇:正しい。

4.×:L5は、補助具なしで実用歩行可能である。

5.×:4と同じ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)