理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題1~5】

 

1.68歳の女性。変形性股関節症。発症して10年が経過し、右人工股関節全置換術を施行することとなった。術前評価として歩行分析を行ったところ、右立脚期にDuchenne歩行が観察された。この患者に行う検査として重要度が低いのはどれか。

1.筋力検査

2.形態計測

3.疼痛検査

4.反射検査

5.関節可動域検査

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:重要度は高い。右立脚期にDuchenne歩行が観察されたことから、右股関節外転筋力の低下が疑われるため。

2.×:重要度は高い。変形性股関節を発症して10年であることから、形態的が疑われるため。

3.×:重要度は高い。荷重時痛や運動開始時に痛みが特徴的。

4.〇:重要度は低い。中枢神経の障害は考えにくいため。

5.×:重要度は高い。関節内軟骨の変性や骨棘形成され、可動域制限をきたすため。

 

2.心電図を別に示す。心電図と所見の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1.①心房細動

2.②洞性徐脈

3.③心室性期外収縮

4.④心房性期外収縮

5.⑤発作性上室性頻拍

 

 

解答を表示する

解答:3,4


解説

1.×:torsade de pointed(多形性心室頻拍)とQT延長症候群が起こっている。

2.×:心房細動である。正常P波消失とR-R間隔が不整であるのが特徴。

3.〇:正しい。

4.〇:正しい。

5.×:第3度:完全房室ブロックである。心房からの伝導が途絶え、P波とQRS波が無関係となっている。

 

 

3.関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ

解答を表示する

解答:3,5


解説

1.×:基本軸(橈骨)―移動軸(第二中手骨)

2.×:基本軸(前腕の中央線)―移動軸(第三中手骨)

3.〇:正しい。基本軸(示指/橈骨の延長上)―移動軸(母指)

4.×:膝関節伸展位で行う。

5.〇:正しい。基本軸(肘を通る前額面への垂直線)―移動軸(尺骨)

 

4.Danielsらの徒手筋カテストにおける段階2の検査の開始肢位で正しいのはどれか。(すべて不適切な選択肢)

 

解答を表示する

解答なし


解説

1.×:背臥位で行う。

2.×:検査者は、腋窩の中心の深部で肩甲下筋を触知ため。

3.×:背臥位で行う。

4.×:ベッド端から、下腿を下ろさないで行う。

5.×:側臥位で行う。

 

 

5.脳皮質の感覚野の片側前額断の模式図を示す。Penfieldの感覚神経の脳地図における足の局在はどれか

 

 

1.①

2.②

3.③

4.④

5.⑤

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。

2.×:股の領域である。

3.×:手首の領域である。

4.×:指の領域である。

5.×:顔(口)の領域である。

 

3 Comments

大川 純一

コメント・ご指摘ありがとうございます。
ご指摘通り間違えていました。
修正いたしました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)