リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

理学療法士国家試験 運動に関する部位ついての問題5選「まとめ・解説」

※問題の引用:厚生労働省HPより、作業療法士国家試験の問題および正答について
※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

第49回 午前56回

大脳基底核に含まれないのはどれか。

1. 被殻
2. 網様体
3. 淡蒼球
4. 尾状核
5. 扁桃体

解答2
解説
大脳基底核の構成についての問題である。ほとんどが錐体外路系の中継点であり、運動の制御にあたる。大脳基底核には、線条体(被殻+尾状核)、淡蒼球、黒質、視床下核の4つの神経核がある(黒質は解剖学的には中脳に含まれる)。
1. 〇 大脳基底核である。被殻と尾状核は合わせて線条体といわれる。
2. × 網様体は脳幹内部にあり、脳幹の上行性、下行性の神経路から様々な入力を受けて、中枢神経系に広く出力を行っている。
3. 〇 大脳基底核である。淡蒼球は、被殻と合わせてレタス核とよばれる。
4. 〇 大脳基底核である。尾状核は、被殻と合わせて線条弥といわれる。
5. △ 一般的には大脳辺縁系に分類される。扁桃体扁桃体の多くの神経核は中心核、皮質内側核、基底外側核の3つの主要神経核に分類することができる。基底外側核は側頭葉皮質と相互ニューロン連絡し、さらに視床の内側核、基底核、および腹側線条体へ投射するが、一般的には大脳辺縁系される。

 

 

 

第44回 9問

レンズ核を構成するのはどれか。2つ選べ。

1. 尾状核
2. 被殻
3. 淡蒼球
4. 扁桃体
5. 前障

解答2,3
解説
レンズ核は、大脳基底核の一つであり、視床の外側にある。厳密には、外側にある被殻と内側にある淡蒼球の2つからなる。
1. × 尾状核は大脳基底核の1つであり、被殻と尾状核とをあわせて線条体ともよぶ。
2. 〇 被殻はレンズ核の外側を構成する。
3. 〇 淡蒼球はレンズ核の内側を構成する。
4. × 扁桃体は大脳辺縁系の一部であり、本能·情動による行動の中枢とされる。また、嗅覚にも関与する。
5. × 前障はレンズ核の外側にある灰白質の層であり、被殻とは白質の外包によって隔てられている視床、扁桃体からの線維連絡を受けるほかに、辺縁帯を含めた大脳皮質の全域と両側性に連絡するといわれている。

 

 

 

第47回 午後55問

線条体を構成するのはどれか。2つ選べ。

1.前障
2.被殻
3.淡蒼球
4.尾状核
5.下垂体

解答2,4
解答
線条体を構成するのは被殻と尾状核である。
1.× 前障はレンズ核の外側にある灰白質の層であり、被殻とは白質の外包によって隔てられている。視床、扁桃体からの線維連絡を受けるほかに、辺縁系を含めた大脳皮質の全域と両側性に連絡するといわれている。
2,4.〇 被殻と尾状核は、線条体を構成する。
3.× 淡蒼球はレンズ核の内側を構成する。
5.× 下垂体は、視床下部の下方に存在し、さまざまなホルモンを分泌している。

 

 

 

第49回 午前63問

随意運動に関与しないのはどれか。

1.小脳
2.内包
3.大脳脚
4.視床下部
5.中心前回

解答4
解説
1.× 小脳は運動の滑らかさや運動学習に関係する。
2.× 内包は錐体路の一部であり、随意運動に関与する。
3.× 大脳脚は錐体路の一部であり、随意運動に関与する。
4.◯ 視床下部は自律神経を司る。
5.× 中心前回は大脳皮質に存在し、一次運動野と呼ばれる。

 

 

 

 

第53回 午後69問

随意運動の制御に関与する部位はどれか。

1.海馬
2.歯状核
3.松果体
4.青斑核
5.扁桃体

解答:2
解説
1.×:海馬は、記憶に関与する。
2.〇:正しい。歯状核は、小脳核の一つ。
3.×:松果体は、日内リズムに関与する。
4.×:青斑核は、脳幹にある。覚醒、注意、情動に関与する。
5.×:扁桃体は、情緒と本能行動の中枢である。

 

 

覚えておこう!!

・大脳基底核には、線条体(被殻+尾状核)、淡蒼球、黒質、視床下核の4つの神経核がある(黒質は解剖学的には中脳に含まれる)。

・線条体は尾状核と被殻に,淡蒼球は外節と内節に, 黒質は緻密部と網様部に分類される.

・線条体を構成するのは、被殻と尾状核

・レンズ核を構成するのは、被殻と淡蒼球

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)