リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

理学療法士国家試験 泌尿器の解剖ついての問題6選「まとめ・解説」

※問題の引用:厚生労働省HPより、作業療法士国家試験の問題および正答について
※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

第37回 15問

誤っている組合せはどれか。

1.膀胱尖—————正中臍索
2.膀胱底—————内尿道口
3.膀胱三角————粘液腺
4.内尿道括約筋——横紋筋
5.排尿筋—————骨盤内臓神経

解答4
解説
膀胱の解剖に関する問題である。
1.〇 正中臍索とは、正中線上で臍と膀胱尖との間を走る腹膜ヒダである。
2.〇 膀胱底には、内尿道口と2つの尿管口が存在する。
3.〇 膀胱三角には粘液腺が存在する。他の部分にはない。
4.× 内尿道括約筋は平滑筋である。外尿道括約筋は横紋筋である。
5.〇 骨盤(内臓)神経は副交感神経であり、これは排尿を促す。

 

 

 

第41回 18問

成人で正しいのはどれか。

1.腎の中央部はほぼ第1腰椎の高さに位置する。
2.腎の長径は約20cmである。
3.尿管の長さは約5cmである。
4.膀胱頸は恥骨結合より高い位置にある。
5.女性の尿道は約20cmである。

解答1
解説
尿路系の解剖についての問題。
1.〇 腎の中央部は、ほぼ第1腰椎の高さに位置する。腎はTh12~L3の高さにあり、臥位と立位で約3cm移動する。左腎の方がやや大きく高位にある。
2.× 腎の長径は約20cmではなく約10cm、幅径約5cm、厚さ約3cmである。である。
3.× 尿管の長さは約5cmではなく、約25cmから30cmである。
4.× 膀胱頸は恥骨結合より高くなく低い位置にある。膀胱頸は、膀胱の下端に位置している。
5.× 女性の尿道は男性の約20cmより短く、3cm程度である。特に女性は尿道が短いため、男性よりも膀胱炎を起こしやすく、感染は膀胱からさらに尿管を経て上行し、腎盂、腎臓に及ぶこともある(腎盂腎炎)。

 

 

 

第48回 午前60問

腎臓について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.右腎は左腎より高い位置にある。
2.腎皮質は髄質に比べて薄紅白色を呈する。
3.腎小体は腎皮質にある。
4.尿細管はネフロンの構成要素である。
5.Henle係蹄は腎小体にある。

解答3,4
解説
腎臓の解剖及び組織についての問題である。腎臓の実質部分の外側を皮質、内側を髄質といい、皮質に腎小体が左右それぞれ100万個ずつ存在する。
1.× 右腎は左腎より高くなく低い位置にある。右側には肝臓があるため、右腎は左腎より低位に位置する。
2.× 腎臓は血管に富み、腎皮質は髄質よりチョコレート色である。
3.〇 正しい。腎小体は腎皮質にある。糸球体とボーマン嚢を合わせて、腎小休という。
4.〇 正しい。尿細管はネフロンの構成要素である。ネフロン(腎單位)とは、腎臓における尿生成の機能単位のことをいい、腎小体と尿細管で構成されている。
5.× Henle係蹄は腎小体にある。Henle係蹄は尿細管の一部であり、腎髄質に位置する。腎小体から近位尿細管へとつながり、Henle係蹄を経て遠位尿細管へとつながる。

 

 

 

第48回 午後59問

泌尿器について正しいのはどれか。

1.尿管口は膀胱尖に開く。
2.尿管内部には複数の逆流防止弁がある。
3.排尿筋には大内臓神経が分布する。
4.内尿道口は膀胱三角の中央に開く。
5.男性の尿道は前立腺を貫いている。

解答5
解説
腎臓で作られた尿は、尿管を通り膀胱に一時的に溜められ、その後尿道を経て体外へ排出される。尿道の長さ、経路など、男女差も含めてしっかり理解する。
1.× 尿管口は膀胱尖に開かない。尿管口は膀胱底部に開口する。膀胱尖は膀胱頂部に位置する。
2.× 尿管内部に逆流防止弁は存在しない。尿管は膀胱壁を斜めに貫くが、この構造が弁の働きをし、膀胱内の尿が尿管に逆流するのを防いでいる。
3.× 排尿筋には大内臓神経でなく骨盤神経が分布する。排尿には骨盤神経 (副交感神経)が、蓄尿には下腹神経(交感神経)が関わる。大内臟神経は肝臟・脾臓・胃・膵臓・腎臟など腹部の諸臟器に分布する交感神経である。
4.× 左右の尿管口と内尿道口の3点を結んだものが膀胱三角と呼ばれている。
5.〇 正しい。男性の尿道は前立腺を貫いている。したがって男性は、加齢などにより、前立腺が肥大すると尿道が塞がってしまい、尿閉になる。

 

 

 

第47回 午前58問

尿生成の流れの方向として正しいのはどれか。

1.腎盤から腎杯へ
2.尿道から膀胱へ
3.尿管から髄質部集合管へ
4.遠位尿細管から皮質部集合管へ
5.近位曲尿細管からBowman囊へ

解答4
解説
尿は腎小体(糸球体→Bowman囊)で濾過され、尿細管(近位尿細管→ヘンレのループ→遠位尿細管→集合管)を通り腎杯、腎盂(腎盤)、尿管、膀胱、尿道へと流れていく。
1.× 腎杯から腎盤へ注ぐ。
2.× 膀胱で蓄尿された尿は尿道へと流れる。
3.× 尿管は腎臓を出てからの経路である。
4.〇 正しい。遠位尿細管から皮質部集合管へ流れる。
5.〇 糸球体で濾過されBowman囊に注いだ尿は近位尿細管へと流れる。

 

 

 

 

第53回 午後58問

泌尿器の解剖について正しいのはどれか。

1.膀胱括約筋は平滑筋である。
2.膀胱尖には膀脈三角が位置する。
3.膀胱底は膀胱の前方に位置する。
4.尿管は総腸骨動脈の後方を通る。
5.尿管壁は粘膜と外膜の2層からなる。

解答:1
解説
1.〇:正しい。
2.×:膀胱尖の後方にある膀胱底に膀胱三角が位置する。膀胱三角とは、左右の尿管口と内尿道口に囲まれた部分。3.×:膀胱底は膀胱の後方に位置する。
4.×:尿管は総腸骨動脈の前方を通る。
5.×:尿管壁は粘膜と筋層、外膜の3層からなる。

 

覚えておこう!!

◎腎臓の皮質と髄質を作る実質構造は、糸球体とそれに続く尿細管である。糸球体は毛細血管の塊であり、ここで血液から尿がろ過され、尿細管に流し込まれる。尿細管は、糸球体を包むボーマン囊に続いて、腎皮質と腎髄質の中を迂曲したり往復したりの複雑な走り方をして、最終的に腎錐体の先端に開口し、腎杯に尿を流し込む。

◎腎臟から下りてきた尿管は左右の尿管口で膀胱に開口する。そののち尿道は内尿道口から膀胱を出て、男性であれば前立腺内、陰茎体を通って、女性であれば膣前壁を通ってそれぞれ外尿道口に開く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)