リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

理学療法士国家試験 骨格筋の構造ついての問題5選「まとめ・解説」

※問題の引用:厚生労働省HPより、作業療法士国家試験の問題および正答について
※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

第37回 21問

骨格筋で誤っているのはどれか。

1.成人では体重の40%を占める。
2.筋収縮にはカルシウムイオンが関与する。
3.姿勢保持筋は赤筋線維が多い。
4.ミトコンドリアは白筋線維に多い。
5.筋線維に横紋がみられる。

解答4
解説
骨格筋は顕微鏡で横紋構造が認められる随意筋であり、各筋組織には体性神経与している。
1.〇 成人では体重の40~50%を占める。
2.〇 筋収縮にはカルシウムイオンが関与する。筋収縮にはカルシウムイオン濃度の上昇が引き金となってミオシンフィラメントとアクチンフィラメントのすべりが生じ筋肉が収縮する。
3.〇 姿勢保持筋は赤筋線維が多い。脊柱起立筋などの姿勢保持筋や、疲れて動かなくなると困る呼吸運動のための筋には赤筋が多い。対して、足・腕・指の筋肉などには白筋が多い。
4.× ミトコンドリアは白筋線維ではなく、赤筋線維に多い。
5.〇 筋線維に横紋がみられるのが骨格筋(横紋筋)の特徴である。

 

 

 

第49回 午前61問

筋におけるタイプⅡb線維と比べたタイプI線維の特徴はどれか。2つ選べ。

1.持久力のある筋肉において比率が高い。
2.周囲組織の毛細血管が密である。
3.ヒラメ筋において比率が低い。
4.ミオグロビン量が少ない。
5.ミトコンドリアが少ない。

解答1・2
骨格筋の筋線維はタイプI線維, タイプII a線維、タイオIIb線維に分類される。
タイプⅡa線維はヒトには少なく、速筋線維はタイプII b線維、遅筋線維はタイプI線維にあたる。
つまり、この問題は、タイプI線維:遅筋線維(赤筋線維)の特徴を答えろという問題である。
1.〇 持久力のある筋肉において比率が高い。タイプI線維ではミトコンドリアやミオグロビンが多く、有酸素的エネルギー産生酵素も多いので持久力がある。
2.〇 周囲組織の毛細血管が密である。タイプI線維の周囲組織の方が、タイプIIb線維の周囲組織に比べて毛細血管の密度が高い。
3.× ヒラメ筋において比率が低い。ヒラメ筋は、遅筋線維つまりタイプ1線維が多く、下肢の姿勢維持に使われる。腓腹筋ではタイプⅡb線維が多い。
4.× ミオグロビン量が少ない。タイプI線維はミトコンドリアが多い。遅筋は赤筋とも呼ばれ、色の原因はミオグロビンが多いからである。
5.× ミトコンドリアが少ない。タイプI線維はミオグロビン量が多い。

 

 

 

 

第44回 5問

骨格筋の構造で正しいのはどれか。 2つ選べ。

1.筋細胞の細胞膜を筋周膜という。
2.A帯を明帯という。
3.A帯は筋収縮時に短縮する。
4.I帯の中央部にZ帯がある。
5.Z帯の間を筋節という。

解答4,5
解説
1.× 筋細胞の細胞膜を筋周膜ではなく、筋内膜という。 筋細胞を束にしたものが筋線維、筋線維を束にしたものを筋束といい、筋束がさらにまとまって筋肉になる。筋線維を包むものが筋内膜、筋束を包むものが筋周膜、筋肉を包むものが筋外膜である。
2.× A帯を明帯ではなく、暗帯という。A帯は暗帯、I帯が明帯である。明帯はアクチンのみが存在し、ミオシンのある部分が暗帯である。暗帯のうち、アクチンのない部分は少し明るく、その部分をH帯と呼ぶ。
3.× A帯は筋収縮時に短縮する。収縮時、A帯は変化しないがI体が短縮する。H帶も短縮する。
4.〇 I帯の中央部にZ帯がある。収縮時にはZ帯とZ帯の間隔が短くなる。
5.〇 Z帯の間を筋節という。Z帯とZ帯の間のことを筋節(サルコメア)という。

 

 

 

 

第48回 午前61問

骨格筋の興奮収縮連関について正しいのはどれか。

1.筋小胞体からMg2+が放出される。
2.横行小管の中をCa2+が運搬される。
3.アクチンフィラメントのATPが加水分解を生じる。
4.筋線維膜の電位依存性Na+チャンネルが開いて脱介極が生じる。
5.トロポニンが移動してミオシンフィラメントの結合部位が露出する。

解答4
解説
筋細胞の細胞膜に活動電位が生じ, 筋の収縮が起こるまでの一連の過程を興奮収縮連関という。
1.× 筋小胞体からMg2+ではなく、Ca2+が放出される。横行小管(T管)から伝わった脱分極電位により筋小胞体から、Ca2+が放出される。一般的に、筋の収縮は細胞外からの、または筋小胞体から放出されるカルシウムイオンに依存する。
2.× 横行小管の中をCa2+が運搬されない。横行小管の中を細胞膜で発生した刺激が移動し筋小胞体へと伝わる。
3.× アクチンフィラメントではなく、ミオシンフィラメントのATPが加水分解を生じる。
4.〇 正しい。筋線維膜の電位依存性Na+チャンネルが開いて脱介極が生じる。活動電位の発生には、Na+が関与する。
5.× トロポニンが移動してミオシンフィラメントではなく、アクチンフィラメントの結合部位が露出する。Ca2+がトロポニンに結合するとATPのエネルギーを利用して、アクチンフィラメントの結合部位が露出しアクチンがミオシンに引き寄せられなが滑走することで筋収縮が起こる。

 

 

 

 

第53回 午後61問

骨格筋の構造で筋収縮時に長さが一定なのはどれか。2つ選べ。

1.A帯
2.H帯
3.I帯
4.Z帯
5.筋節

解答:1,4
解説
1.〇:正しい。A帯は暗帯ともいい収縮時は変化しない。
2.×:H帯は、短縮する。
3.×:I帯は、短縮する。
4.〇:Z帯は、変化しない。
5.×:正しい。Z帯とZ体の間のことを筋節(サルコメア)といい、収縮時はその間が短くなる。

 

覚えておこう!!
骨格筋における白色線維と赤色線維の比較

 白筋赤筋
別名速筋線維、タイプII線維遅筋線維、タイプI線維
筋収縮の特徴速い収縮、速い疲労遅い収縮、遅い疲労
太さ太い細い
ATP解糖による酸化による
ミオグロビン少ない(筋線維は白い)多い(筋線維は赤い)
ミトコンドリア少ない多い
グリコーゲン多い少ない
毛細血管
適した運動無酸素運動、短距離有酸素運動、長距離
部位指の筋肉脊柱起立筋

これを覚えたら次は運動単位もしっかり覚える。

理学療法士国家試験 運動単位についての問題5選「まとめ・解説」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)