第56回(R3) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題61~65】

 

61 三叉神経が関与するのはどれか。

1.咽頭反射
2.角膜反射
3.咳反射
4.前庭眼反射
5.対光反射

解答

解説
1.× 咽頭反射
2.〇 正しい。角膜反射
3.× 咳反射
4.× 前庭眼反射
5.× 対光反射

 

 

 

 

 

 

62交感神経および副交感神経の両方の刺激で促進されるのはどれか。

1.発汗
2.心拍
3.胃の蠕動
4.唾液腺分泌
5.立毛筋収縮

解答

解説
1.× 発汗
2.× 心拍
3.× 胃の蠕動
4.〇 正しい。唾液腺分泌
5.× 立毛筋収縮

 

 

 

 

 

 

63 伸張反射について誤っているのはどれか。

1.筋紡錘が筋の長さを検知する。
2.痙縮では伸張反射が低下する。
3.伸張反射は単シナプス反射である。
4.Ⅰa群神経線維はα運動神経に結合する。
5.錘外線維が伸ばされると錘内線維は活動を増す。

解答

解説
1.〇 筋紡錘が筋の長さを検知する。
2.× 痙縮では伸張反射が低下する。
3.〇 伸張反射は単シナプス反射である。
4.〇 Ⅰa群神経線維はα運動神経に結合する。
5.〇 錘外線維が伸ばされると錘内線維は活動を増す。

 

 

 

 

 

 

64 心筋について正しいのはどれか。

1.平滑筋である。
2.単収縮は生じない。
3.ギャップ結合はみられない。
4.静止張力は骨格筋よりも大きい。
5.活動電位持続時間は約5msecである。

解答

解説
1.× 平滑筋である。
2.× 単収縮は生じない。
3.× ギャップ結合はみられない。
4.〇 正しい。静止張力は骨格筋よりも大きい。
5.× 活動電位持続時間は約5msecである。

 

 

 

 

 

 

65 排便機構について正しいのはどれか。

1.骨盤神経は便意に関与する。
2.内肛門括約筋の弛緩は随意的に起こる。
3.排便反射は仙髄から抑制を受けている。
4.大腸の蠕動運動は縦走筋によって生じる。
5.外肛門括約筋は下腹神経の作用で弛緩する。

解答

解説
1.〇 正しい。骨盤神経は便意に関与する。
2.× 内肛門括約筋の弛緩は随意的に起こる。
3.× 排便反射は仙髄から抑制を受けている。
4.× 大腸の蠕動運動は縦走筋によって生じる。
5.× 外肛門括約筋は下腹神経の作用で弛緩する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)