第56回(R3) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題66~70】

 

66 体温について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.高齢者は小児よりも高い。
2.直腸温は腋窩温よりも低い。
3.体温調節中枢は小脳にある。
4.午前よりも午後にかけて高くなる。
5.基礎体温は早朝覚醒安静時の体温である。

解答4・5

解説
1.× 高齢者は小児よりも高い。
2.× 直腸温は腋窩温よりも低い。
3.× 体温調節中枢は小脳にある。
4.〇 正しい。午前よりも午後にかけて高くなる。
5.〇 正しい。基礎体温は早朝覚醒安静時の体温である。

 

 

 

 

 

 

67 卵巣について正しいのはどれか。

1.重量は成人で約50gである。
2.実質は皮質と髄質に分けられる。
3.卵胞が成熟すると卵巣腔をもつ。
4.原始卵胞は新生児期に約1万個存在する。
5.排卵後の黄体からエストロゲンが産生される。

解答2・5(複数の選択肢を正解として採点する。)
理由:複数の正解があるため。

解説
1.× 重量は成人で約50gである。
2.〇 正しい。実質は皮質と髄質に分けられる。
3.× 卵胞が成熟すると卵巣腔をもつ。
4.× 原始卵胞は新生児期に約1万個存在する。
5.〇 正しい。排卵後の黄体からエストロゲンが産生される。

 

 

 

 

 

 

68 水溶性ホルモンはどれか。2つ選べ。

1.エストロゲン
2.グルカゴン
3.コルチゾール
4.サイロキシン
5.バゾプレッシン

解答2・5

解説
1.× エストロゲン
2.〇 正しい。グルカゴン
3.× コルチゾール
4.× サイロキシン
5.〇 正しい。バゾプレッシン

 

 

 

 

 

 

 

69 身体活動のエネルギー代謝で誤っているのはどれか。

1.20分以上の有酸素運動では脂質より糖質が利用される。
2.筋収縮エネルギーとしてATPが利用される。
3.無酸素性閾値は心肺負荷試験で算出できる。
4.最大酸素摂取量は運動持久力を反映する。
5.グリコーゲンの解糖により乳酸を生じる。

解答

解説
1.× 誤っている。20分以上の有酸素運動では脂質より糖質が利用される。
2.〇 筋収縮エネルギーとしてATPが利用される。
3.〇 無酸素性閾値は心肺負荷試験で算出できる。
4.〇 最大酸素摂取量は運動持久力を反映する。
5.〇 グリコーゲンの解糖により乳酸を生じる。

 

 

 

 

 

 

70 肩関節外転150°の時の肩甲上腕関節外転角度で正しいのはどれか。

1.40°
2.60°
3.80°
4.100°
5.120°

解答

解説
1.× 40°
2.× 60°
3.× 80°
4.〇 正しい。100°
5.× 120°

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)