リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

理学療法士国家試験 自律神経についての問題6選「まとめ・解説」

※問題の引用:理学療法士国家試験 厚生労働省より
※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

第47回 午後64問

自律神経について正しいのはどれか。

1.興奮は不随意である。

2.精神的因子は関与しない。

3.体性内臓反射の求心路である。

4.副交感神経の節後線維は交感神経に比べて長い。

5.交感神経節前線維の伝達物質はノルアドレナリンである。

 

解答1

解説

1.〇 正しい。興奮は不随意である。交感神経の代表的な作用は末梢神経の収縮・血圧上昇・脈拍上昇・気道拡張・瞳孔散大などがあり、これらは不随意である。

2.× 精神的緊張状態・興奮状態で交感神経が働く。そのため、精神的因子の関与はある。

3.× 自律神経は、体性内臓反射の求心路ではなく遠心路である。求心路は、体性感覚神経である。数多く生体に存在する反射において、自律神経系が関与しているものもあり、(1)内臓—内臓反射、(2)体性—内臓反射、(3)内臓—体性反射がある。これらが、広義の自律神経反射であるが、ふつう、自律神経反射と言った場合、(1)と(2)を指す。体性—内臓反射とは、求心路が体性感覚神経、遠心路が自律神経系からそれぞれ構成される反射機構である。この反射の例としては、皮膚に侵害性刺激(いわゆる痛み刺激)を加えると交感神経系の機能が亢進し、心拍数の増大、血圧の増加等が生じる反射である。

4.× 副交感神経は神経節が臓器の近くにあるので、交感神経に比べ節後線維が短い。

5.× 交感神経節前線維の伝達物質はノルアドレナリンではなく、アセチルコリンである。節後線維の伝達物質がノルアドレナリンである。

 

 

 

 

 

第48回 午後64問

副交感神経が交感神経より優位に働いたときの反応はどれか。

1.瞳孔散大

2.排尿筋弛緩

3.気管支収縮

4.心拍数増加

5.筋内血管拡張

 

解答3

解説

1.× 副交感神経が興奮すると、瞳孔は縮小する。

2.× 副交感神経が興奮すると、排尿筋は収縮する。

3.〇 正しい。副交感神経が興奮すると気管平滑筋が収縮し、気管支は収縮する。

4.× 副交感神経が興奮すると心拍数は減少する。

5.× 副交感神経が興奮すると筋内血管は収縮し、末梢血管は拡張する。

 

 

 

 

 

 

第47回 午前62問

交感神経の興奮によって生じるのはどれか。2つ選べ。

1.気管支の拡張

2.筋血管の収縮

3.皮膚血管の収縮

4.涙腺分泌の亢進

5.消化腺分泌の亢進

 

解答1,3

解説

1.〇 正しい。気管・気管支の平滑筋は、交感神経の作用で弛緩する。

2.× 骨格筋の動脈には交感神経が分布し、拡張する。運動時に血液を筋肉に送るための仕組みである。

3.〇 正しい。皮膚や粘膜の血管は、交感神経の作用で収縮する。

4.× 涙腺には副交感神経が分布し、副交感神経が興奮し、分泌を促進する。

5.× 消化腺において副交感神経は分泌を促進させ、交感神経は分泌を抑制する。

 

 

 

 

 

第49回 午後64問

自律神経について正しいのはどれか。

1.交感神経刺激は膀胱を収縮させる。

2.交感神経刺激は心筋の収縮力を低下させる。

3.副交感神経刺激は消化管運動性を低下させる。

4.副交感神経刺激は唾液分泌を抑制する。

5.副交感神経刺激は縮瞳を引き起こす。

 

解答5

解説

自律神経について正しいのはどれか。

1.× 交感神経刺激は膀胱を収縮ではなく、弛緩させる。

2.× 交感神経刺激は心筋の収縮力を低下ではなく、増加させる。

3.× 副交感神経刺激は消化管運動性を低下ではなく、増加させる。

4.× 副交感神経刺激は唾液分泌を抑制ではなく、促進する。

5.〇 正しい。副交感神経刺激は縮瞳を引き起こす。

 

 

 

 

第53回 午後63問

副交感神経の作用で収縮する筋はどれか。

1.立毛筋

2.排尿筋

3.血管平滑筋

4.瞳孔散大筋

5.内肛門括約筋

 

解答:2

解説

1.×:副交感神経が興奮すると、立毛筋は弛緩する。

2.〇:正しい。

3.×:副交感神経が興奮すると、血管平滑筋は弛緩する。

4.×:副交感神経が興奮すると、瞳孔散大筋は弛緩し、瞳孔が縮小する。

5.×:副交感神経が興奮すると、内肛門括約筋は弛緩する。内尿道括約筋も副交感神経で弛緩する。

 

 

 

 

 

 

第52回 午後64問

交感神経の作用はどれか。

1. 瞳孔の縮小

2. 膀胱の収縮

3. 心拍数の減少

4. 気管支の拡張

5. 膵液の分泌促進

 

解答:4

解説

1.× 交感神経が興奮すると、瞳孔は散大する。

2.× 交感神経が興奮すると、膀胱の弛緩(尿閉)が起こる。

3.× 交感神経が興奮すると、心拍数の増加が起こる。

4.〇 正しい。交感神経が興奮すると、気管支の拡張が起こる。

5.× 交感神経が興奮すると、消化液の分泌は減少する。

 

 

 

 

覚えておこう!!

 交感神経副交感神経
節前―節後アセチルコリンアセチルコリン
節後―効果器ノルアドレナリンアセチルコリン
瞳孔散大縮小
唾液腺少量の濃い液大量の薄い液
末梢血管収縮拡張
気道拡張収縮
血圧上昇下降
脈拍増加減少
肝臓

グリコーゲン分解

(血糖上昇)

グリコーゲンの合成

(血糖低下)

消化液分泌減少増加
消化管運動抑制促進
皮膚(立毛筋)収縮(鳥肌)————
汗腺分泌活動増加————
膀胱弛緩(尿閉)収縮(排尿)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)