リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

理学療法士国家試験 足関節の構造についての問題4選「まとめ・解説」

※問題の引用:理学療法士国家試験 厚生労働省より
※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

第47回 71問

足部の関節について正しいのはどれか。

1.中足間関節は縦アーチを形成する。
2.横足根関節は横アーチを形成する。
3.足根中足関節では回内外が起こる。
4.距骨下関節では内返しが起こる。
5.距腿関節は背屈位で関節の遊びが大きくなる。

 

解答4
解説
1.× 中足間関節は縦アーチではなく、横アーチを形成する。中足間関節は、中足骨どうしの関節であり、横アーチを形成する。ちなみに、内側縦アーチは、踵骨・距骨・舟状骨・内側楔状骨・第1中足骨からなる。外側縦アーチは、踵骨・立方骨・第5中足骨からなる。

2.× 横アーチは第1~5中足骨頭からなるので、横足根関節は関係ない。

3.× 足根中足関節では回内外ではなく、底背屈運動に関与する。回内外は横足根関節で起こる。

4.〇 正しい。距骨下関節では内返しが起こる。詳しく説明すると、距骨下関節では、外転・内転・外返し・内返し運動が起こる。

5.× 距腿関節は背屈位ではなく、底屈位で関節の遊びが大きくなる。距骨滑車は後方よりも前方が広いため、距腿関節は底屈位で関節の遊びが大きくなる。

 

 

 

 

第46問 午前70問

正しいのはどれか。

1.凹足では主に横アーチが高くなる。
2.足の縦アーチは外側が内側よりも高い。
3.距腿関節は底屈位で遊びが小さくなる。
4.足根中足関節では主にすべり運動が生じる。
5.横足根関節は距舟関節と距骨下関節とからなる。

 

解答4
解説
1.× 凹足では主に横アーチではなく縦アーチが高くなる。凹(おう)足は、先天性ないし小児期に発症する神経疾患でみられる。足には1つの横アーチと2つの縦アーチがあり、凹(おう)足では縦アーチが高くなる。内側縦アーチだけが盛り上がる凹足と、内側・外側の両方の縦アーチが盛り上がる凹足がある。

2.× 足の縦アーチは内側が外側よりも高い。足のアーチ形成:①外側縦アーチは踵骨・立方骨・第5中足骨からなる。②内側縦アーチは踵骨・距骨・舟状骨・内側楔状骨・第1中足骨からなる。内側が外側よりも高い。

3.× 距腿関節は底屈位で遊びが小さくではなく、大きくなる。距骨滑車は後方よりも前方が広いため、距腿関節は背屈では安定性が高く、内・外転はできない。底屈位では遊びが大きく、内外転が可能である。

4.〇 正しい。足根中足関節では主にすべり運動が生じる。足根中足関節は足根骨(楔状骨・立方骨)と中足骨の間の平面関節であり、リスフラン関節と呼ばれる。平面関節であり主にすべりの運動が生じる。

5.× 横足根関節(ショパール関節)は、距踵舟関節と外側の踵立方関節からなる。距骨下関節とは、距踵関節のことである。

 

 

 

 

 

第49回 午後71問

足について正しいのはどれか。

1.距腿関節の運動軸は膝軸に対して内捻5~15°である。
2.舟状骨は外側縦アーチを構成している。
3.背屈運動により果間距離は拡大する。
4.Lisfranc関節では内外旋が生じる。
5.Böhler角は40~50°である。

 

解答3
解説
1.× 距腿関節の運動軸は膝軸に対して内捻5~15°でなく、距腿関節の運動軸は膝軸に対し20~30°外捻している。

2.× 舟状骨は外側縦アーチではなく、内側縦アーチの構成要素で、アーチの中央の機能をしている。外側縦アーチを構成しているのは立方骨である。

3.〇 正しい。背屈運動により果間距離は拡大する。果間距離(内果と外果の距離)は背屈時に拡大する。これは距骨滑車が前方に広い形状左していることに起因する。

4.× Lisfranc関節では内外旋は生じない。Lisfranc(リスフラン)関節は、強靱な靱帯で連結されており、わずかに底屈・背屈と内転・外転が可能である。

5.× Böhler角は40~50°ではなく、20~30°である。Böhler (ベーラー)角とは、X線足部側面像で踵骨隆起の上端と踵骨の上方頂点を結ぶ線、および、踵骨の上方頂点と前距骨関節面の先端を結ぶ線がなす角で、通常20~30°であり、踵骨骨折があると角度は減少する。

 

 

 

 

第48回 午前72回

足部の運動で正しいのはどれか。

1.外がえしには長母指伸筋が関与する。
2.後脛骨筋は立位で横アーチの維持に働く。
3.距腿関節では足関節背屈位で内外転が可能である。
4.内がえしの運動は第2趾の長軸を中心として生じる。
5.踵腓靱帯は距骨下関節における外がえしを制限する。

 

解答2
解説
1.× 外がえしには長母指伸筋が関与しない。長母指伸筋は内返しに関与する。外がえしに働く筋は、長腓骨筋・短腓骨筋、補助筋は第3腓骨筋・長指伸筋である。

2.〇 正しい。後脛骨筋は立位で横アーチの維持に働く。横アーチは、内側縦アーチと外側縦アーチの間にできるもので、部位によって構成要素が異なる。横アーチには中足骨頭レベルと楔状骨レベルのアーチがある。楔状骨レペルの横アーチは、内側楔状骨—中間楔状骨—外側楔状骨—立方骨からなる。後脛骨筋の停止部位は、舟状骨粗面・3つの楔状骨・立方骨・第2~4中足骨底である。後脛骨筋は、横アーチを形成している骨を吊り上げる形で横アーチの維持に働く。

3.× 距腿関節では足関節背屈位で内外転が困難である。距腿関節は、距骨滑車の幅は後方よりも前方が広いため、底屈位では内転・外転が可能であるが、背屈位では、内外転の運動は困難である。

4.× 内がえしの運動は第2趾の長軸を中心として生じていない。足部の内がえしを測定する時の基本軸は、下腿軸への垂直線であり第1、第2中足骨間の中央線となってる。

5.× 踵腓靱帯は距骨下関節における外がえしではなく内返しを制限する。踵腓靱帯とは足関節の外側を支えており、内がえしを制限している。

 

 

 

 

第52回40問

部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。

1. 二分靱帯—————後脛骨筋
2. 三角靱帯—————短腓骨筋
3. 前脛腓靱帯————前脛骨筋
4. 前距腓靱帯————長腓骨筋
5. リスフラン靱帯——下腿三頭筋

 

解答:4
解説
内返し・外返しのどちらかの捻挫で損傷しやすい靭帯か整理しておく(例:内返し捻挫時は、足関節外側にある靭帯が損傷しやすい)。その拮抗する筋肉を鍛えれば基本的にOKである。
1.× 内返し捻挫時に損傷しやすい。そのため、外返し作用のある筋を鍛える必要があるため不適当。

2.× 外返し捻挫時に損傷しやすい。そのため、外返し作用のある筋を鍛える必要があるため不適当。

3.× 内返し捻挫時に損傷しやすい。そのため、外返し作用のある筋を鍛える必要があるため不適当。

4.〇 正しい。

5.× 足関節過底屈位で体重が乗り、足先からの外力で損傷する靭帯。足関節背屈筋を鍛える。

 

 

 

 

第52回 午後73問

足部アーチについて正しいのはどれか。

1.外側縦アーチの要石は外側楔状骨である。
2.外側縦アーチは内側縦アーチよりも長い。
3.内側縦アーチは外がえしで高くなる。
4.内側縦アーチは中足指節関節の伸展時に高くなる。
5.足根骨部の横アーチで高い位置にあるのは立方骨である。

 

解答:4
解説
1.× 外側縦アーチは、踵骨-立方骨-第5中足骨で構成される。要石は立方骨である。

2.× 内側縦アーチの方が長い。

3.× 外返しで低くなり、内返しで高くなる。

4.〇 正しい。

5.× 足根骨部の横アーチで高い位置にあるのは内側楔状骨である。

 

 

 

 

 

第53回 午前73問

足の外側縦アーチを形成するのはどれか。2つ選べ。

1.踵骨
2.距骨
3.舟状骨
4.立方骨
5.中間楔状骨

解答:1,4
解説
外側縦アーチは、「踵骨-立方骨-第5中足骨」で構成されている。
よって、答えは1と4である。
ちなみに、内側縦アーチは、「踵骨-距骨-舟状骨-内側楔状骨-第1中足骨」で構成されている。

 

 

覚えておこう!!

一般に足関節とは距腿関節のことを指し、脛骨の下関節面、内果関節面と腓骨の外果関節面および距骨滑車からなる蝶番関節であり、底屈・背屈運動を行う。

横足根関節(ショパール関節)は、内側の距踵舟関節と外側の踵立方関節からなる。

足根中足関節(リスフラン関節)は、 3つの楔状骨と立方骨、中足骨からなる。

●中足間関節は、中足骨どうしの関節であり、横アーチを形成する。ちなみに、内側縦アーチは、踵骨・距骨・舟状骨・内側楔状骨・第1中足骨からなる。外側縦アーチは、踵骨・立方骨・第5中足骨からなる。

Böhler (ベーラー)角とは、X線足部側面像で踵骨隆起の上端と踵骨の上方頂点を結ぶ線、および、踵骨の上方頂点と前距骨関節面の先端を結ぶ線がなす角で、通常20~30°であり、踵骨骨折があると角度は減少する。

●舟状骨は内側縦アーチの最上部に存在する骨である。この足弓のかなめ石(key stone)と呼ばれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)