リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

理学療法士国家試験 伝導路についての問題5選「まとめ・解説」

※問題の引用:理学療法士国家試験 厚生労働省より
※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

第46回 午前53回

外側皮質脊髄路が交叉するのはどこか。

1.放線冠

2.内包

3.中脳

4.延髄

5.脊髄

 

解答4

解説

外側皮質脊髄路は大脳皮質—放線冠—内包後脚—中脳の大脳脚—延髄で錐体交叉—脊髄の側索を下行する。

1.× 放線冠を通るが、交叉しない。

2.× 内包後脚を通るが、交叉しない。

3.× 中脳大脳脚を通るが、交叉しない。

4.〇 延髄下部で交叉する。(延髄でもかなり下のレベルである)

5.× 交叉後に脊髄を通る。

 

 

 

 

 

第47回 午前54問

外側皮質脊髄路について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.後索を通る。

2.延髄で交叉する。

3.運動前野からの投射線維を含まない。

4.脊髄で前角細胞にシナプス結合する。

5.上肢に対応する線維は下肢に対応する線維よりも外側にある。

 

解答2,4

解説

外側皮質脊髄路は大脳皮質—放線冠—内包後脚—中脳の大脳脚—延髄で錐体交叉—脊髄の側索を下行する。

1.× 後索は通らない。後索には、深部感覚と精密な触覚の伝導路が通る。

2.〇 正しい。延髄(下部)で交叉し、対側の側索を下行する。

3.× 運動前野からの投射線維を含む。運動前野は、一次運動野に情報を与える。

4.〇 正しい。脊髄で前角細胞にシナプス結合し、二次ニューロンへ接続する。

5.× 上肢に対応する線維は下肢に対応する線維よりも脊髄では内側に走行している。

 

 

 

 

 

第48回 午前55問

下行性の神経線維が通るのはどれか。

1.薄束

2.錐体

3.楔状束

4.内側毛帯

5.外側毛帯

 

解答2

解説

遠心路(下降性)は、運動路。求心路(上行性)は感覚路である。どちらもしっかり覚えておこう。

1.3× 後索は身体の振動覚・位置覚、微細な触覚の上行路である。薄束と楔状束は脊髄後索に位置している。

2.〇 正しい。錐体路は延髄の錐体を下行する。錐体路は外側皮質脊髄路ともいい、運動の指令を大脳から全身に伝える経路である。

4.〇 内側毛帯は、意識できる深部感覚(位置覚・振動覚)の感覚路である。感覚受容器からの入力を受けて、同側の後索を通過し、上行して延髄で交叉する。その後、上行する際に、橋の内側毛帯を通過し、大脳に到達する。

5.× 外側毛帯は、聴覚の伝導路の一つ。音の刺激が有毛細胞に伝わった後、蝸牛神経を経て外側毛帯を通り、聴覚野まで上行する。

 

 

 

 

第46回 午後53問

温痛覚の伝導路はどれか。

1.前皮質脊髄路

2.後脊髄小脳路

3.前脊髄小脳路

4.前脊髄視床路

5.外側脊髄視床路

 

解答5

解説

温痛覚は感覚神経→脊髄後角→外側脊髄視床路→後外側腹側核(視床) →後脚→大脳皮質体性知覚野へと伝わっていく。

1.× 前皮質脊髄路は、錐体路の一部である。

2.× 後脊髄小脳路は、下肢の筋固有覚と関節覚を伝える。

3.× 前脊髄小脳路は、下肢の深部感覚を伝える.

4.× 前脊髄視床路は、粗大な触覚・圧覚を伝える。

5.× 外側脊髄視床路は温痛覚を伝える。

 

 

 

 

 

第48回 午後55問

視覚の伝導路はどれか。

1.外側膝状体

2.レンズ核

3.放線冠

4.脳弓

5.下丘

 

解説

視覚伝導路は、「視神経―視交叉―視索―外側膝状体―視放線―視覚野」となる。

1.〇 正しい。外側膝状体は視床に存在し、視索から視放線へ視覚の中継を担う。

2.× レンズ核とは、大脳基底核のうち被殻と淡蒼球を合わせたものをいう。

3.× 放線冠は大脳白質に存在し、内包を通る投射線維をいう。

4.× 脳弓は、有髄線維束で、海馬から乳頭体に至る。

5.× 下丘は中脳に存在し、聴覚の伝導路の中継役を果たす。

 

 

 

 

 

第52回 午後62問

四肢からの感覚神経伝導路について正しいのはどれか。

1. 触覚の線維は中脳で交叉する。

2. 圧覚の線維は脊髄視床路を通る。

3. 温度覚の線維は脊髄節で交叉する。

4. 一次ニューロンの細胞体は後角にある。

5. 痛覚の伝導路は延髄で二次ニューロンになる。

 

解答:3

解説

1.× 脊髄で交叉する(白交連)。

2.× 圧覚の線維は前脊髄視床路を通る。脊髄視床路には、前脊髄視床路と外側脊髄視床路の2つがある。外側脊髄視床路には通らないため不適当となる。

3.〇 正しい。温度覚の線維は脊髄節で交叉する。

4.× 一次ニューロンの細胞体は脊髄後根神経節にある。

5.× 痛覚の伝導路は後角で二次ニューロンになる。

 

 

 

 

 

第53回 午後55問

視神経から視覚野に至る視覚伝導路の順で正しいのはどれか。

1.視索→視交叉→視放線→外側膝状体

2.視索→視放線→外側膝状体→視交叉

3.視交叉→視索→外側膝状体→視放線

4.視放線 →視交叉→視索→外側膝状体

5.視交叉→外側膝状体→視索→視放線

 

解答:3

解説

視覚伝導路は、「視神経―視交叉―視索―外側膝状体―視放線―視覚野」となる。

よって、答えは3となる。

 

 

おすすめ参考書↓↓

 

 

覚えておこう!!

伝導路一覧

・視覚伝導路

視神経―視交叉―視索―外側膝状体―視放線―視覚野

 

 

・外側皮質脊髄路 (錐体路・運動)

大脳皮質—放線冠—内包後脚—中脳の大脳脚—橋縦束―延髄で錐体交叉—脊髄の側索

 

 

・前皮質脊髄路(錐体路の一部・運動)

大脳皮質—放線冠—内包後脚—中脳の大脳脚—橋縦束—延髄—交叉せずに脊髄前索を下降(10~25%程度)

重要事項①延髄で交差せずに同側に下降すること、②支配はL2まで。

 

 

・前脊髄視床路(粗大な触覚・圧覚)

感覚神経→脊髄後角→(交叉)→脊髄前索→視床→後脚→大脳皮質体性知覚野

 

 

・外側脊髄視床路(温痛覚・粗大触圧覚)

感覚神経→脊髄後角→(交叉)→脊髄側索→視床→後脚→大脳皮質体性知覚野

 

さらに詳しくまとめた記事になります。

神経伝導路を1から分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)