リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題6~10】

 

6. 56歳の男性。発症時に明らかな運動麻痺はないが、歩くとすぐによろけて物につかまっていないと立っていられなくなり、頭部CT検査で脳出血と診断された。頭部CT画像を別に示す。この患者の頭部CT画像として最も可能性が高いのはどれか。

1. ①
2. ②
3. ③
4. ④
5. ⑤

解答
解説
本症例の特徴として、「発症時に明らかな運動麻痺はないが、歩くとすぐによろけて物につかまっていないと立っていられない」といった点である。小脳が障害されていると疑える。頭部CTを診るときのポイントとして、どの断層で見ているのか分かっておくと部位の間違いを防げる。
1. 〇:正しい。橋中部レベルである。小脳に病変があることが分かる。
2. ×:基底核中脳レベルである。頭頂葉あたりに病変が認められる。症状としては、高次脳機能障害であるため、本症例の特徴と合致しない。
3. ×:視床レベルである。視床あたりに病変が認められる。症状としては、片麻痺、頭痛、感覚障害などであるため、本症例の特徴と合致しない。
4. ×:視床レベルである。被殻あたりに病変が認められる。症状としては、片麻痺、頭痛、感覚障害などであるため、本症例の特徴と合致しない。
5. ×:大脳皮質レベルである。後頭葉あたりに病変が認められる。症状としては、高次脳機能障害であるため、本症例の特徴と合致しない。

 

 

 

7. 正中神経を手首と肘部で電気刺激した運動神経伝導検査の波形を示す。この運動神経伝導検査から考えられる病態はどれか。ただし、手首と肘部の刺激部位間の距離は175mmである。(正常範囲:振幅3. 5mV以上、運動神経伝導速度48m/s以上)

1. 運動ニューロン変性
2. 軸索変性
3. 神経筋接合部異常
4. 正常
5. 脱髄

 

解答
解説
運動神経伝導検査とは、末梢神経を電気刺激した際に、神経やその支配筋から発生する活動電位を記録したもの。主として末梢神経の機能評価に用いられる。要するに、神経の伝達速度が遅くなっているか調べるものとなっている。つまり、この時点で、1と3は選択から外される。
【結果の解釈】
脱髄:伝導速度低下、持続時間延長、振幅低下
軸索変性:持続時間短縮、振幅低下

1. ×:運動ニューロンは、骨格筋を支配している神経の源である脊髄前角細胞(下位運動ニューロン)、さらにその脊髄前角細胞に随意運動のための刺激を送ってくる大脳皮質の運動神経細胞(上位運動ニューロン)がある。運動神経伝導検査は、末梢神経の伝導速度を測るため、運動ニューロンが障害されても検査に影響はない。
2. ×:軸索変性が生じると、機能する神経線維の数の減少に伴い振幅が低下し、持続時間は短縮する。持続時間の短縮ではなく、延長が認められていないため、不適当。
3. ×:神経筋接合部とは、経終板とも呼ばれる。 シナプスが形成され、筋収縮を引き起こす神経伝達が行われる。運動神経伝導検査は、末梢神経の伝導速度を測るため、神経筋接合部が障害されても検査に影響はない。
4. ×:正常ではない。特徴として持続時間の延長、振幅の低下などが認められる。
5. 〇:正しい。脱髄の特徴として、持続時間の延長、振幅の低下などが認められる。上記特徴が見て取れる。

 

 

 

 

8. 3歳の男児。脳性麻痺による右片麻痺。背臥位から図のように起き上がる。影響する反射はどれか。

1. Moro反射
2. Galant反射
3. 緊張性迷路反射
4. 交叉性伸展反射
5. 非対称性緊張性頸反射

解答
解説
1. ×:Moro反射は、背臥位で新生児の頭を支え床からわずかに話す。急に頭部の手を放し頚部を後屈させると児は手を開き、抱き着くように上肢を屈曲内転すること。新生児期に出現し4~6か月後に消失する幻視反射である。
2. ×:Galant反射は、脊柱近位を尖ったものでこすることで、体幹が刺激側に側屈する反射である。生後1~2か月ごろに消失する。
3. ×:緊張性迷路反射は、背臥位では上下肢伸展し、腹臥位では上下肢屈曲する反射である。生後5~6か月に消失する。
4. ×:交叉性伸展反射は、一側の下肢を屈曲し、反対側を伸展しておく。伸展側の足底部を刺激すると、非刺激側は屈曲位から伸展する反射である。生後2か月で消失する。
5. 〇:非対称性緊張性頸反射は、頚部を回旋すると、顔面を向いた方の上・下肢が伸展、反対側の上・下肢が屈曲する反射である。生後1~3か月に出現し、4~6か月に消失する。図を見ると、寝返った方向(左頚部回旋)への左上・下肢は伸展しており、反対側の右上・下肢は屈曲している。非対称性緊張性頸反射の特徴である。

 

 

 

9. 水中での立位姿勢を図に示す。体重の約50%が免荷されるのはどれか。

解答
解説
1. ×:頚部までの水深の場合、約10%程度の体重負荷量となる。
2. 3. ×:乳頭までの水深の場合、約30%程度の体重負荷量となる。また姿勢が変化していても水面下に存在する体積が変わらなければ、浮力は変わらない。
4. 〇:正しい。臍までの水深の場合、約50~60%程度の体重負荷量となる。
5. ×:大腿部までの水深の場合、約90%程度の体重負荷量となる。

 

 

 

10. 65歳の男性。視床出血による左片麻痺。救急搬送され保存的治療が行われた。発症後3日より脳卒中ケアユニットでの理学療法を開始。このとき覚醒しておらず、大きな声で呼びかけたが開眼しなかったため、胸骨部に痛み刺激を加えたところ、刺激を加えている手を払いのけようとする動きがみられた。この患者のJCS<Japan Coma Scale>での意識障害の評価で正しいのはどれか。

1. Ⅱ-10
2. Ⅱ-20
3. Ⅱ-30
4. Ⅲ-100
5. Ⅲ-200

 

解答
解説
Ⅱは、刺激すると覚醒する状態——刺激をやめると眠り込む状態である。
Ⅲは、刺激しても覚醒しない状態である。
本症例は、「大きな声で呼びかけたが開眼しなかったため、胸骨部に痛み刺激を加えたところ、刺激を加えている手を払いのけようとする動きがみられた」ため、Ⅲであることが分かる。
1. ×:Ⅱ-10は、普通の呼びかけで容易に開眼する。
2. ×:Ⅱ-20は、大きな声または体を揺さぶることにより開眼する。
3. ×:Ⅱ-30は、痛み刺激を加えつつ呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する。
4. 〇:正しい。Ⅲ-100は、痛み刺激に対し、払いのけるような動作をする。
5. ×:Ⅲ-200は、痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)