リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題1~5】

※問題の引用:第54回理学療法士国家試験、第54回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

 

1. 関節可動域測定法(日本整形外科会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 肩外転
2. 肘伸展
3. 股伸展
4. 股内転
5. 足背屈

解答1、4
解説
1. 〇:正しい。肩外転は、基本軸(肩峰を通る床への垂直線)——移動軸(上腕骨)である。
2. ×:肘伸展は、基本軸(上腕骨)——移動軸(橈骨)である。また前腕は回外位にして測定する。
3. ×:股伸展は、基本軸(体幹と平行な線)——移動軸(大腿骨)である。伸展の場合、膝関節伸展位で行う点が誤りである。
4. 〇:正しい。股内転は、基本軸(両側の上前腸骨棘を結ぶ線への垂直線)——移動軸(大腿中央線)である。
5. ×:足背屈は、基本軸(腓骨への垂直線)——移動軸(第5中足骨)である。膝関節屈曲位で行う点が誤りである。

 

 

 

2. 32歳の女性。下痢症状の後に四肢の脱力が出現した。Guillain-Barré症候群で、入院2週間後のGuillain-Barré障害スコアが5(人工呼吸管理)であった。グラフは表の3項目の合計点と歩行の関係を示す。この患者が発症6か月後の歩行不可能な確率はどれか。

1. 20%
2. 30%
3. 60%
4. 80%
5. 90%

解答
解説
表から、3項目の合計点を求める。本症例は、32歳(年齢は40歳以下なので評価点0点)、下痢症状あり(発症に先立つ下痢症状の有無がありなので評価点1点)、入院2週間後のGuillain-Barré障害スコアが5(障害スコア5は評価点5点)。よって、3項目の合計点は、0点+1点+5点=6点となる。次に、グラフに着目し、3項目の合計点が6点である発症6か月後の歩行不可能な確率を見ると、3. 60%であることが分かる。よって解答は3. 60%である。

 

 

 

次の文により3,4の問いに答えよ。検査方法を図に示す。

3. この検査方法はどれか。

1. Oberテスト
2. Patrickテスト
3. SLRテスト
4. Thomasテスト
5. Thompsonテスト

解答
解説
1. ×:Oberテストは、大腿筋膜張筋の短縮を診るテスト。側臥位で股関節中間位、膝関節屈曲位で股関節内転方向に自重にて下垂してもらう。陽性であれば、股関節が屈曲する。
2. ×:Patrickテストは、股関節の炎症や痛みを評価するテスト。背臥位で評価側の足背を反対側の膝蓋骨に載せ、評価側の膝を床へ押さえる。鼠径部に痛みが出れば陽性である。
3. 〇:正しい。図のように行う。
4. ×:Thomasテストは、股関節屈曲拘縮を診るテスト。背臥位で股関節・膝関節を屈曲する。反対側の膝が持ち上がると陽性である。
5. ×:Thompsonテストは、アキレス腱断裂を診るテスト。患者さんに立て膝をついてもらい、膝を90度曲げ、ふくらはぎを握る。足首より下の部分が動かなければ、陽性となる。

 

 

 

4. この検査で陽性となるのはどれか。

1. アキレス腱断裂
2. 膝蓋骨脱臼
3. 大腿筋膜張筋短縮
4. 大腿四頭筋短縮
5. ハムストリングス損傷

解答
解説
1. ×:アキレス腱断裂は、Thompsonテスト陽性の場合である。
2. ×:膝蓋骨脱臼が分かる単独の整形外科テストを知っている方コメントください。膝蓋骨圧迫テストが、陽性で膝蓋骨周囲の炎症を疑える。背臥位にて膝蓋骨を上から手で強く押さえながら上下左右に動かす。
3. ×:大腿筋膜張筋短縮は、Oberテスト陽性の場合である。
4. ×:大腿四頭筋短縮は、Thomasテスト陽性の場合である。
5. 〇:図は、SLRテストであるので、陽性であればハムストリングスの損傷を疑える。

 

 

 

5. 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で誤っているのはどれか。

1. 手尺屈
2. 指屈曲(MP)
3. 指外転
4. 母指対立
5. 母指掌側外転

解答
解説
1. 〇:正しい。手尺屈は、基本軸(前腕の中央線)——移動軸(第3中手骨)である。
2. 〇:正しい。指屈曲(MP)は、基本軸(第2~5中手骨)——移動軸(第2~5基節骨)である。
3. 〇:正しい。指外転は、基本軸(第3指中手骨延長戦)——移動軸(第2,4,5指軸)である
4. 〇:正しい。母指対立は、母指先端と小指基部部(または先端)との距離(cm)で表示する。
5. ×:母指掌側外転は、基本軸(示指)——移動軸(母指)である。運動は手掌面に直角な面とする。誤っている点として、図の動きは母指掌側外転ではなく、橈側外転である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)