理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題71~75】

71.肩関節外転90度での水平屈曲に作用する筋はどれか。

1.広背筋

2.大円筋

3.棘下筋

4.烏口腕筋

5.肩甲挙筋

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:広背筋は、上腕を内転後方にひく作用である。

2.×:大円筋は、肩関節内転・内旋・伸展である。

3.×:棘下筋は、肩関節外旋・上部は外転、下部は内転の作用である。

4.〇:正しい。烏口腕筋は肩関節屈曲・内転の作用がある。

5.×:肩甲挙筋は、肩甲骨を上内方にひく作用である。

 

72.下腿中央の横断面を図に示す。矢印の筋の作用で正しいのはどれか。2つ選べ

1.膝関節の屈曲

2.足の底屈

3.足の内がえし

4.母指の屈曲

5.第2 ~ 5指の屈曲

 

解答を表示する

解答:2,3


解説

矢印が向いている筋は、後脛骨筋である。

後脛骨筋の作用は足関節底屈・足の内返しである。
したがって、2,3が正解。

 

73.安静時の呼吸運動で正しいのはどれか。

1.呼気時に腹圧は上昇する。

2.吸気時に横隔膜は下降する。

3.呼気時に外肋間筋は収縮する。

4.吸気時に気道抵抗は上昇する。

5.胸郭下部は前後方向の動きが左右方向より大きい。

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:呼気時は横隔膜が弛緩し、胸腔内圧とともに上昇する。そのため、腹圧は下降する。

2.〇:正しい。

3.×:努力呼気時に収縮するのは内肋間筋である。外肋間筋は、吸気時である。

4.×:呼気時に気道抵抗は上昇する。気道抵抗とは、気道を流れる空気の「通りにくさ」を意味し、気道内径の変化を伴う気道障害の指標となります。

5.×:呼吸で上部肋骨がポンプハンドル(上下)、下部肋骨がバケツハンドル(左右)に運動する。

 

 

74.運動学習について正しいのはどれか。

1.動機がけが高いほどパフォーマンスが向上する。

2.覚醒レベルが高いほどパフォーマンスが向上する。

3.学習によるパフォーマンスの向上は直線的に起こる。

4.2種類の運動課題間に類似性があるほど転移の影響は大きくなる。

5.パフォーマンスの向上がみられなくなることは運動学習の停止を意味する。

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.△:動機付けとはモチベーションのことである。個人的な満足感や喜びに基づく内的動機付けと、物品などの報酬による外的動機付けがある。動機づけがあるとパフォーマンスは向上する。動機がけの高さは関係ない。(ただ中村隆一らによる基礎運動学からすると、パフォーマンスに対して動機づけと技能は相乗効果を示し、パフォーマンス=動機づけ×技能の式で示される。とも書かれている。過去問を見るとこれまで100%で×である。)

2.×:覚醒レベルとパフォーマンスの関係を「逆U字曲線」で表せる。パフォーマンスは覚醒レベルが中等度の時に最大となり、覚醒レベルが低すぎても高すぎても低下する。

3.×:学習曲線にはいろいろの型がある。代表的な型として、学習初期に勾配が急で後期にゆるやかになる負の加速度曲線、学習の初期に勾配がゆるやかで後期に急になる正の加速度曲線、学習の初期および後期に勾配がゆるやかで、中期には急なS字型曲線などがあげられる。

4.〇:正しい。

5.×:運動学習の最終相では、運動は空間的、時間的に統合され、無駄なく早く滑らかになる。手続きは自動化され、運動に対する注意は減少していく。忘却しにくくなったりと運動学習に停止はない。

 

 

75.正常細胞と比較したときの悪性腫瘍細胞の特微はどれか。

1.増殖が遅い。

2.分化の程度は低い。

3.染色体異常は少ない。

4.核分裂の頻度は少ない。

5.核/細胞質比は小さい。

 

解答を表示する

解答:2


解説

悪性腫瘍は未熟構造であり、浸潤性があり異型性が強く、分化度が低く、分裂が活発で転移が見られる。悪性腫瘍は正常な細胞の増殖、成熟の制御を外れて増殖し、外部からの制御を受けない性質を持つ。

1.×:増殖能は高い(増殖は速い。)

2.〇:正しい。

3.×:染色体異常は多い。

4.×:核分裂の頻度は活発である。

5.×:核 / 細胞質比は、1つの細胞の「核の面積」を「細胞質の面積」割ったもの。つまり、細胞における核の面積割合のこと。活発に分裂すると核や細胞の形がイビツになり、核の面積が大きいのも特徴である。つまり、核/細胞質比は大きくなる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)