リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

理学療法士国家試験 横断図についての問題4選「まとめ・解説」

※問題の引用:理学療法士国家試験 厚生労働省より
※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

第45回 午後52問

右下腿中央部やや上方の横断図を示す。ヒラメ筋はどれか。

解答3

解説

1.× 前脛骨筋である。

2.× 長趾伸筋である。

3.〇 正しい。ヒラメ筋である。ヒラメ筋は、腓腹筋の前面に位置する。

4.× 腓腹筋である。

5.× 長趾屈筋である。

 

 

 

第46回 午後60問

手根管の模式図を示す。解剖で正しいのはどれか。

 

1.尺骨神経

2.尺骨動脈

3.正中神経

4.長母指屈筋腱

5.有頭骨

解答3

解説

1.× 尺骨神経ではなく、橈側手根屈筋腱である。尺骨神経は、手根管の外側に位置する。

2.× 尺骨動脈ではなく、長母指屈筋腱である。尺骨動脈は、手根管の外側に位置する。

3.〇 正中神経である。正中神経は、手根管の内側を通る。よって、手根管症候群では、正中神経が圧迫されることも同時に覚えておこう。

4.× 長母指屈筋腱ではなく、尺骨神経である。長母指屈筋腱は、尺骨間の内側に位置する。

5.× 有頭骨ではなく、有鈎骨である。有頭骨は、図5の左側に位置する骨である。

 

 

 

 

第47問 午後5問

正常な肩関節のMRI画像を下記に示す。解剖で誤っているのはどれか。

1.①鎖骨

2.②関節唇

3.③関節窩

4.④上腕骨頭

5.⑤腱板

 

解答1

解説

1.× ①は、鎖骨ではなく、肩峰である。画像に向かって①の右側に見える骨が鎖骨である。

2.〇 ②は、関節唇で正しい。

3.〇 ③は、関節窩で正しい。

4.〇 ④は、上腕骨頭で正しい。

 

 

 

 

 

第53回 72問

下腿中央の横断面を図に示す。矢印の筋の作用で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.膝関節の屈曲

2.足の底屈

3.足の内がえし

4.母指の屈曲

5.第2 ~ 5指の屈曲

解答:2,3

解説

矢印が向いている筋は、後脛骨筋である。

後脛骨筋の作用は足関節底屈・足の内返しである。
したがって、2,3が正解。

 

ポイント!!

・大腿と下腿だけでもしっかり覚えておく。

・できれば、大腿と下腿の中間部だけでなく、遠位・近位の断面図も覚えておく。

・余裕があれば、上腕・前腕の断面図を覚えておく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)