理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題71~75】

71.肩甲骨の下方回旋に作用する筋はどれか。

1.前鋸筋

2.小胸筋

3.小円筋

4.棘下筋

5.鎖骨下筋

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:前鋸筋は、全体として、肩甲骨を前方にひく。

2.〇:正しい。小胸筋は、肩甲骨を前下にひく。このとき下角が後内側に回旋する。

3.×:小円筋は、肩関節外旋作用である。

4.×:棘下筋は、肩関節外旋。上部は外転。下部は内転。

5.×:鎖骨下筋は鎖骨を下方にひく。

 

 

72.正常な膝関節を屈曲したときの最終域感で正しいのはどれか。

1.虚性

2.筋性

3.骨性

4.靭帯性

5.軟部組織性

 

解答を表示する

解答:5


解説

正常なエンドフィールは3種類ある。「骨性」「関節包・靭帯性」「軟部組織性」である。
正常な膝関節屈曲は、弾力性のある軟部組織(特に筋腹や脂肪組織)が圧迫されて運動が止まるエンドフィールである。(大腿後面と下腿後面が圧迫し合うことによって運動が止まる)。

よって、答えは4である。

 

 

73.足の外側縦アーチを形成するのはどれか。2つ選べ。

1.踵骨

2.距骨

3.舟状骨

4.立方骨

5.中間楔状骨

 

解答を表示する

解答:1,4


解説

外側縦アーチは、「踵骨-立方骨-第5中足骨」で構成されている。
よって、答えは1と4である。

ちなみに、内側縦アーチは、「踵骨-距骨-舟状骨-内側楔状骨-第1中足骨」で構成されている。

 

 

74.正常歩行について正しいのはどれか。

1.肩関節は同側の踵接地時に最大屈曲位となる。

2.膝関節は踵接地直後に伸展する。

3.骨盤は水平面において回旋運動をする。

4.骨盤は前額面において水平に保たれる。

5.骨盤は遊脚側へ側方移動する。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:肩関節は、同側の踵接地時に伸展位である。

2.×:踵接地直後と遊脚期に膝関節は2度屈曲する。(膝関節のダブルニーアクション)

3.〇:正しい。

4.×:歩行中骨盤は進行方向に対して前額面内で左右に約5°傾斜する。

5.×:歩行中骨盤は、荷重脚側へ約4.5㎝移動する。

 

75.運動時の生体反応で正しいのはどれか。

1.冠血流は低下する。

2.腎血流は増加する。

3.グリコーゲン分解が促進される。

4.尿へのナトリウム排泄は促進される。

5.酸素含有量の動静脈較差は減少する。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:冠血流は増加する。

2.×:腎血流は低下する。

3.〇:正しい。

4.×:尿へのナトリウム排泄は抑制される。

5.×:動静脈酸素較差とは、動脈血に含まれる酸素量と静脈血に含まれる酸素量の差のこと。差は拡大する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)