理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題66~70】

66.排尿機構について正しいのはどれか。(2つある。)

1.排尿時には内尿道括約筋が収縮する。

2.膀胱に尿が溜まり始めるとすぐに尿意を感じる。

3.尿道を尿が通る知覚は排尿筋の収縮を抑制する。

4.膀胱括約筋はノルアドレナリンの作用で収縮する。

5.排尿を我慢するときには大脳皮質から抑制がかかる。

 

解答を表示する

解答:4/5(どちらでも)


解説

1.×:排尿時には内尿道括約筋が弛緩する。

2.×:膀胱に尿が溜まり始めるとすぐに尿意は感じない。成人では初発尿意の膀胱内の尿量は約200mlである。

3.×:尿道を尿が通る知覚は排尿筋の収縮を抑制しない。

4.〇:正しい。

5.〇:正しい。

 

67.副甲状腺ホルモンで正しいのはどれか。

1.骨吸収を促進する。

2.好酸性細胞で分泌される。

3.リンの再吸収を促進する。

4.重炭酸イオンの再吸収を促進する。

5.遠位尿細管でのカルシウム再吸収を抑制する。

 

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。

2.×:ごめんなさい。知識不足で解説できません。

3.×:腎臓でのカルシウムの再吸収を促進する。血中からカルシウムを奪うリンを腎臓で排泄する。

4.×:腎臓で重炭酸イオンを排泄する。

5.×:ビタミンDを活性化して、腸管からのカルシウムの吸収を高めることなどで、血中のカルシウム濃度を高める。

 

68.摂食嚥下の際の運動で正しいのはどれか。

1.嚥下後の呼吸は吸気から再開される。

2.口腔内の食塊は反射運動で咽頭へ送られる。

3.嚥下反射が起こると舌骨は下方に移動する。

4.食塊の咽頭への送り込み時に口蓋帆張筋が緊張する。

5.食塊の食道への送り込み時に輪状咽頭筋が収縮する。

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:嚥下後の呼吸は呼気から再開される。

2.×:反射運動ではなく随意的に送られる。咽頭から嚥下反射が始まる。

3.×:舌骨は、上方へ移動する。

4.〇:正しい。

5.×:輪状咽頭筋が弛緩する。

 

 

69.等張性運動について正しいのはどれか。

1.角速度は一定である。

2.等尺性運動に比べ血圧が上昇しやすい。

3.等尺性運動に比べ収縮時の筋血流が増加しやすい。

4.等尺性運動に比べ心拍数が増加しやすい。

5.負荷に抗して姿勢を維持するときに起こる。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:角速度は一定であるのは、等速性収縮である。

2.×:等尺性収縮は、毛細血管圧迫による血流遮断が起こり血圧の上昇がしやすいのが特徴。

3.×:等張性収縮は、筋の収縮・弛緩の反復によるポンプ効果で、血液循環が良くなる。収縮時のみの筋血流は、ともに差は少ない。

4.〇:正しい。

5.×:負荷の抗して静止姿勢を保つときは、静止性収縮(持続性収縮)である。

 

70.頸椎の伸展に作用する筋はどれか。

1.頸長筋

2.頭長筋

3.頚板状筋

4.後斜角筋

5.前頭直筋

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:頸長筋は、両側が働けば頸椎を前方に曲げ、片側時は同側に曲げる。

2.×:頭長筋は、両側が働けば頸椎を前方に曲げ、片側時は同側に曲げる。

3.〇:正しい。片側が働けば、頭と頚をその側に回転し、かつその方向に傾ける。両側が同時に働けば、頭と頚を後ろに反らせる(背屈・伸展)。

4.×:後斜角筋は、肋骨を引き上げて胸郭を広げる(吸息)。肋骨を固定すれば、頸椎を前方に傾け、片側だけでは同側へ曲げる。

5.×:前頭直筋は、両側が働けば頸椎を前方に曲げ、片側時は同側に曲げる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。