第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題71~75】

 

71 前腕の回内に働く筋はどれか。

1. 深指屈筋
2. 示指伸筋
3. 尺側手根屈筋
4. 橈側手根屈筋
5. 長橈側手根伸筋

解答4

解説

 

 

 

 

 

72 基本肢位からの股関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 外旋 — 大殿筋
2. 伸展 — 腸腰筋
3. 内転 — 中殿筋
4. 屈曲 — 大腿二頭筋
5. 屈曲 — 大腿筋膜張筋

解答1/5

解説

 

 

 

 

 

73 足部の運動で正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 第三腓骨筋は内がえしに作用する。
2. 長母指伸筋は外がえしに作用する。
3. 長腓骨筋は横アーチの維持に作用する。
4. 長指屈筋は内側縦アーチの維持に作用する。
5. 後脛骨筋は外側縦アーチの維持に作用する。

解答3/4

解説

 

 

 

 

 

74 正常歩行時の重心移動幅の減少への関与が小さいのはどれか。

1. 骨盤傾斜
2. 二重膝作用
3. 膝関節の回旋
4. 骨盤の回旋運動
5. 骨盤の側方移動

解答3

解説

 

 

 

 

 

75 疾患と病理変化の組合せで誤っているのはどれか。

1. Parkinson 病 — 大脳白質の変性
2. 多発性硬化症 — 中枢神経の脱髄
3. Huntington 病 — 線条体の変性
4. Alzheimer 型認知症 — 大脳皮質の変性
5. 筋萎縮性側索硬化症 — 脊髄前角細胞の脱落

解答1

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)