第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題71~75】

 

71 前腕の回内に働く筋はどれか。

1. 深指屈筋
2. 示指伸筋
3. 尺側手根屈筋
4. 橈側手根屈筋
5. 長橈側手根伸筋

解答4

解説

1.× 深指屈筋は、第2~5指の両指節間関節の屈曲に作用する。
2.× 示指伸筋は、示指の伸展に作用する。
3.× 尺側手根屈筋は、手関節の背屈、尺屈に作用する。
4.〇 正しい。橈側手根屈筋は、手関節掌屈、橈屈、肘関節回内に作用する。ちなみに、前腕の回内に働く主な筋は、方形回内筋や円回内筋である。
5.× 長橈側手根伸筋は、手関節の背屈、橈屈に作用する。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】上肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

 

 

 

 

72 基本肢位からの股関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 外旋 — 大殿筋
2. 伸展 — 腸腰筋
3. 内転 — 中殿筋
4. 屈曲 — 大腿二頭筋
5. 屈曲 — 大腿筋膜張筋

解答1/5

解説

1.〇 正しい。大殿筋は、股関節伸展・外旋・外転、上部:内転、下部:骨盤の下制に働く、
2.× 腸腰筋は、股関節伸展ではなく、股関節屈曲・外旋に働く。
3.× 中殿筋は、股関節内転ではなく、股関節外転、前部:内旋、後部:外旋に働く。
4.× 大腿二頭筋は、股関節屈曲ではなく、股関節伸展・外旋、膝関節屈曲に働く。
5.〇 正しい。大腿筋膜張筋は、股関節屈曲・内旋・外転、膝関節伸展に働く。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】下肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

 

 

 

 

73 足部の運動で正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 第三腓骨筋は内がえしに作用する。
2. 長母指伸筋は外がえしに作用する。
3. 長腓骨筋は横アーチの維持に作用する。
4. 長指屈筋は内側縦アーチの維持に作用する。
5. 後脛骨筋は外側縦アーチの維持に作用する。

解答3/4

解説

1.× 第三腓骨筋は、内がえしではなく、足関節背屈・外返しに作用する。
2.× 長母指伸筋は、外がえしではなく、足関節背屈・母趾の伸展に作用する。
3.〇 正しい。長腓骨筋は、横アーチの維持に作用する。立方骨外側から第一中足骨へ横方向の張力が働くことにより横アーチの維持に働く。ちなみに、踵骨・立方骨を底部より持ち上げることにより外側縦アーチの維持にも作用する。
4.〇 正しい。長指屈筋は、内側縦アーチの維持に作用する。ちなみに他にも内側縦アーチの維持は、前・後脛骨筋、長母指屈筋が作用している。
5.× 後脛骨筋は、外側縦アーチの維持ではなく、内側縦アーチの維持に作用する。外側縦アーチの維持は、長・短腓骨筋が作用する。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 足関節の構造についての問題4選「まとめ・解説」

 

 

 

 

 

74 正常歩行時の重心移動幅の減少への関与が小さいのはどれか。

1. 骨盤傾斜
2. 二重膝作用
3. 膝関節の回旋
4. 骨盤の回旋運動
5. 骨盤の側方移動

解答3

解説

 重心位置の振幅が少ない歩行は、一般的に効率の良い歩行といわれる。重心移動幅の減少の5つの要素には、①骨盤回旋、②骨盤傾斜、③膝関節屈伸、④足関節の底背屈、⑤骨盤の側方移動があげられる。

 

1.〇 骨盤傾斜は、重心の上下移動を減らす。遊脚側が下方に5°傾斜する。
2.〇 二重膝作用(ダブルニーアクション)は、重心の上下移動を減らす。膝関節が1歩行周期に2回屈伸する作用の事である。踵接地時(一度目の膝屈曲時)の衝撃を軽減し、重心の上下移動を減らす。
3.× 膝関節の回旋(終末強制回旋運動:膝関節最終伸展時に脛骨が大腿骨に対し軽度の外旋運動を起こす現象)により、膝関節の安定性が増加するが、歩行時の重心位置の振幅には関与は。選択肢の中から関与が小さい
4.〇 骨盤の回旋運動は、重心の上下移動を減らす。片側に4°両側合計8°回旋する。
5.〇 骨盤の側方移動は、重心の上下移動を減らす。片側に約3cm移動し、左右方向の重心移動の振幅を減らす。

 

 

 

 

 

75 疾患と病理変化の組合せで誤っているのはどれか。

1. Parkinson病 — 大脳白質の変性
2. 多発性硬化症 — 中枢神経の脱髄
3. Huntington病 — 線条体の変性
4. Alzheimer型認知症 — 大脳皮質の変性
5. 筋萎縮性側索硬化症 — 脊髄前角細胞の脱落

解答1

解説

1.× Parkinson病は、大脳白質の変性ではなく、中脳の黒質の変性・脱落である。大脳白質の変性は、加齢による現象であったり、認知症にみられる。
2.〇 正しい。多発性硬化症は、中枢神経の脱髄である。多発性の脱髄巣(空間的多発)が、寛解と再発を繰り返して(時間的多発)生じるのが特徴である。
3.〇 正しい。Huntington病は、線条体(尾状核・被殻)の変性である。
4.〇 正しい。 Alzheimer型認知症は、大脳皮質の変性である。ちなみに、白質も委縮する。
5.〇 正しい。筋萎縮性側索硬化症は、脊髄前角細胞の脱落である。他にも、脊髄前根や側索、前角の変性も見られる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)