第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午前問題1~5】

 

※問題の引用:第56回理学療法士国家試験、第56回作業療法士国家試験の問題および正答について(厚生労働省HPより)

 

1 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。

解答2・5

解説
1.× 母指橈側外転
2.〇 正しい。指外転
3.× 胸腰部屈曲
4.× 股関節屈曲
5.〇 正しい。足部外転

 

 

 

 

 

2 筋萎縮性側索硬化症の機能的予後を示しているのはどれか。
 縦軸は機能、横軸は時間を示す。

解答1

解説
1.〇 正しい。
2.× 
3.× 
4.× 
5.× 

 

 

 

 

 

3 25歳の男性。頸髄完全損傷。手指屈曲拘縮以外の関節可動域制限はない。書字の際のボールペンを把持した場面を下図に示す。
 片手では困難で、両手でボールペンを保持する動作が観察された。
 このような動作を行う頸髄損傷患者のZancolliの四肢麻痺上肢機能分類の最上位レベルはどれか。

1. C5A 
2. C6A
3. C6B3
4. C7A
5. C8B

解答2

解説
1.× C5A
2.〇 正しい。C6A
3.× C6B3
4.× C7A
5.× C8B

 

 

 

 

 

 

 

4 7歳の男児。Duchenne型筋ジストロフィーの患者で、下肢筋力が低下し、椅子からの立上がり、階段昇降ができない。手すりを利用し、5mほど歩行可能である。
 厚生省筋萎縮症研究班の機能障害度分類のステージはどれか。

1. ステージⅡ
2. ステージⅢ
3. ステージⅣ
4. ステージⅤ
5. ステージⅥ

解答3

解説
1.× ステージⅡ
2.× ステージⅢ
3.〇 正しい。ステージⅣ
4.× ステージⅤ
5.× ステージⅥ

 

 

 

 

 

 

 

5 75歳の男性。糖尿病でインスリン療法中。胸部不快感で受診した。半年前と今回の心電図を下図に示す。
 今回発症したと考えられる病態はどれか。

1. 狭心症
2. 心筋梗塞
3. 心房細動
4. 房室ブロック
5. 心室性期外収縮

解答2

解説
1.× 狭心症
2.〇 正しい。心筋梗塞
3.× 心房細動
4.× 房室ブロック
5.× 心室性期外収縮

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)