第56回(R3) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題71~75】

 

71 嚥下反射時に活動する筋の中で舌骨下降作用があるのはどれか。

1.顎舌骨筋
2.顎二腹筋
3.茎突舌骨筋
4.甲状舌骨筋
5.オトガイ舌骨筋

解答

解説
1.× 顎舌骨筋
2.× 顎二腹筋
3.× 茎突舌骨筋
4.〇 正しい。甲状舌骨筋
5.× オトガイ舌骨筋

 

 

 

 

 

 

72 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)における胸腰部回旋の基本軸で正しいのはどれか。

1.仙骨後面
2.肩峰を通る床への垂直線
3.両側の上後腸骨棘を結ぶ線
4.ヤコビー〈Jacoby〉線の中心に立てた垂直線
5.第7頚椎棘突起と第1仙椎の棘突起を結ぶ線

解答

解説
1.× 仙骨後面
2.× 肩峰を通る床への垂直線
3.〇 正しい。両側の上後腸骨棘を結ぶ線
4.× ヤコビー〈Jacoby〉線の中心に立てた垂直線
5.× 第7頚椎棘突起と第1仙椎の棘突起を結ぶ線

 

 

 

 

 

 

73 上肢の筋と作用の組合せで正しいのはどれか。

1.上腕二頭筋:肩関節外旋
2.上腕三頭筋:肩関節内旋
3.腕橈骨筋:前腕回内
4.円回内筋:肘関節伸展
5.上腕筋:前腕回外

解答

解説
1.× 上腕二頭筋:肩関節外旋
2.× 上腕三頭筋:肩関節内旋
3.〇 正しい。腕橈骨筋:前腕回内
4.× 円回内筋:肘関節伸展
5.× 上腕筋:前腕回外

 

 

 

 

 

 

74 運動学習におけるパフォーマンスの知識はどれか。

1.フィギュアスケートの得点
2.投球のストライク判定
3.50m平泳ぎのタイム
4.サッカーのゴール数
5.宙返りの空中姿勢

解答

解説
1.× フィギュアスケートの得点
2.× 投球のストライク判定
3.× 50m平泳ぎのタイム
4.× サッカーのゴール数
5.〇 正しい。宙返りの空中姿勢

 

 

 

 

 

 

75 心電図の房室ブロックの所見で正しいのはどれか。

1.Wenckebach型房室ブロックではPR間隔が不変である。
2.第1度房室ブロックではQRS波は脱落しない。
3.第1度房室ブロックではPR間隔が0.1秒以上になる。
4.第3度房室ブロックではP波が完全に脱落している。
5.MobitzⅡ型房室ブロックではPR間隔が徐々に延長する。

解答

解説
1.× Wenckebach型房室ブロックではPR間隔が不変である。
2.〇 正しい。第1度房室ブロックではQRS波は脱落しない。
3.× 第1度房室ブロックではPR間隔が0.1秒以上になる。
4.× 第3度房室ブロックではP波が完全に脱落している。
5.× MobitzⅡ型房室ブロックではPR間隔が徐々に延長する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)