第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題46~50】

 

46 8歳の脳性麻痺児が階段昇降時に手すりを必要とし、長距離の歩行や狭い場所を歩くときに介助が必要な場合、GMFCS-Expanded and Revised (E&R)のレベルはどれか。

1.レベルⅠ
2.レベルⅡ
3.レベルⅢ
4.レベルⅣ
5.レベルⅤ

解答
解説

 GMFCS-Expanded and Revised (E&R)は、粗大運動能力分類システム拡張・改訂されたものである。以下に、各レベルのせた。本症例は、階段昇降時に手すりを必要とし、長距離の歩行や狭い場所を歩くときに介助が必要な場合(言い換えると、短い歩行や広い場所は介助も歩行補助具も使用せず歩行できる)ので、選択肢2.レベルⅡ(制限を伴って歩く)が正しい。

それぞれレベルの大きな見出し

レベルⅠ:制限なしに歩く
レベルⅡ:制限を伴って歩く
レベルⅢ:手に持つ移動器具を使用して歩く
レベルⅣ:制限を伴って自力移動;電動の移動手段を使用しても良い
レベルⅤ:手動車椅子で移送される

各レベル間の区別

• レベル I および II の区別
レベル I の子ども達と青年達に比べて、レベル II の子ども達と青年は、長距離を歩くことやバランスを保つことに制限があり、歩行を習得する最初の頃に手に持つ移動手段を必要とすることがあり、屋外や近隣で長い距離を移動するときに車輪のついた移動手段を使用することがあり、階段を上がったり、下りたりする時に手すりの使用を必要とし、走ったり跳躍したりする能力が劣っている。

• レベル II および III の区別
レベルⅡの子ども達と青年達は、4 歳以降は手に持つ移動器具を使用せずに歩く能力がある(時には使用することを選択するかもしれないが)。レベルⅢの子ども達と青年達は、屋内を歩くために手に持つ移動器具を必要とし、屋外や近隣で車輪のついた移動手段を使用する。

• レベル III および IV の区別
レベルⅢの子ども達と青年達は、一人で坐るか、坐るために最低限の限定的な外的支持を必要としている、立位での移乗においてより自立しており、手に持つ移動器具で歩く。レベルⅣの子ども達と青年達は、(普通支えられての)坐位で活動できるが、自力移動は制限される。レベルⅣの子ども達と青年達は、手動車椅子で移送されるか、電動の移動手段を使用することがおそらくより多い。

• レベル IV および V の区別
レベルⅤの子ども達と青年達は、頭と体幹のコントロールが非常に制限されており、広範な補完的な技術と身体的介助を必要とする。自力移動は、もし子ども達や青年達がどのように電動車椅子を操作するかを習得した時だけに、達成される。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 GMFCSについての問題4選「まとめ・解説」 理学療法士国家試験 脳性麻痺についての問題9選「まとめ・解説」

 

 

 

47 人工呼吸器装着患者の理学療法で適切でないのはどれか。

1.離床はベッドアップ60°までとする。
2.体位変換を行い気道内分泌物の移動を促す。
3.気管内吸引時は陰圧をかけずに吸引カテーテルを挿入する。
4.気管内吸引に使用するカテーテルは滅菌したものを使用する。
5.会話が不可能なため患者が自分のニーズを伝えられるように援助する。

解答
解説
1.× 離床はベッドアップ60°までとするのは、適切でない。意識レベルが JCS1桁である、全身状態が安定している、麻痺などの症状増悪がないなどの場合は、離床を勧めることが多い。
2.〇 正しい。体位変換を行い気道内分泌物の移動を促す(体位排痰法)。
3.〇 正しい。気管内吸引時は陰圧をかけずに吸引カテーテルを挿入する。吸引操作や戻すときは、陰圧をかけながらゆっくり行う。
4.〇 正しい。気管内吸引に使用するカテーテルは滅菌したものを使用する。1回吸引ごとにカテーテル外側をアルコール綿でふき取る。
5.〇 正しい。会話が不可能なため患者が自分のニーズを伝えられるように援助する。人工呼吸器装着中の患者は、コミュニケーションがとりにくくストレスが溜まりやすい。YES/NO(うなずき)や唇の動き、コミュニケーションボードの使用など使っても、細かいニーズまで伝えられないができるだけ援助していくことが必要である。

 

 

 

48 歩行(80 m/分)に相当する運動強度に最も近いのはどれか。

1. 1.5METs
2. 3.5METs
3. 5.0METs
4. 6.0METs
5. 7.0METs

解答
解説

 歩行(80 m/分)の速さは、約4.8㎞/時(80m×60分=4800m)である。
1.× 1.5METsは、ゆっくりとした歩行(1~2㎞/h)である。
2.〇 正しい。3.5METsは、普通の歩行である。
3.× 5.0METsは、やや早めの歩行(5㎞/h)である。
4.× 6.0METsは、ゆっくりとしたジョギング(4~5㎞/h)である。
5.× 7.0METsは、ジョギング(8㎞/h)である。

 

 

勉強頑張ろう!

 

 

49 障害者総合支援法に基づくサービスのうち、介護給付にあたるのはどれか。

1.補装具
2.相談支援
3.自立生活援助
4.グループホーム
5.ホームヘルプサービス

解答
解説

 障害者総合支援法による総合的な支援の詳細は、以下の図を見てください。

※(図引用:厚生労働省HPより)

1.× 補装具は、補装具としての給付にあたる。
2.× 相談支援は、地域生活支援事業にあたる。
3.4× 自立生活援助・グループホームは、訓練等給付である。
5.〇 正しい。ホームヘルプサービスは、介護給付にあたる。

 

 

 

50 訪問リハビリテーションで正しいのはどれか。

1.日常生活の自立支援を目的とする。
2.通所介護(デイサービス)との併用はできない。
3.事業所には理学療法士を配置しなければならない。
4.通所リハビリテーションよりも優先的に利用される。
5.事業所にはリハビリテーションを実施するスペースが必要である。

解答
解説

 訪問リハビリテーションとは、病院、診療所、介護老人保健施設の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が利用者の自宅を訪問し、心身の機能の維持・回復、日常生活の自立を支援するために、理学療法、作業療法等のリハビリテーションを行うサービスである。よって、選択肢1.日常生活の自立支援を目的とすることが正しい。
2.× 通所介護(デイサービス)との併用はできないのではなくできる。通所介護(デイサービス)とは、ゲームなどのレクリエーションや食事、入浴などの中で機能訓練を行う場所である。介護保険で受けることができる。
3.× 事業所には、理学療法士を配置しなければならない規定はないが、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のいずれかの職種を適当数配置する必要がある。 また、事業所としての医師の配置は規定されていないが、訪問リハビリテーション事業所は病院、診療所または介護老人保健施設であるため、運営上、医師の関与が前提とされている。
4.× 通所リハビリテーションの方が優先的に利用される。訪問リハビリテーション費は「通院が困難な利用者」に対して 給付することとされているが、通所リハビリテーションのみでは、 家屋内におけるADLの自立が困難である場合の家屋状況の確認を含めた訪問リハビリテーションの提供など、ケアマネジメントの結果、必要と判断された場合は訪問リハビリテーション費を算 定できるものである。「通院が困難な利用者」の趣旨は、通院により、同様のサービスが担保されるのであれば、通所系サービスを優先すべきということである。
5.× 事業所にはリハビリテーションを実施するスペースは必要ない。基準として、病院、診療所又は介護老人保健施設であること。指定訪問リハビリテーションに必要な設備及び備品等を備えているもの。が必要である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)