リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題41~45】

 

41 筋力増強運動について正しいのはどれか。

1.等尺性筋力増強運動では1回あたり20~30秒間以上の収縮が必要である。
2.筋力を維持するためには最大筋力の70~80%以上の抵抗が必要である。
3.目的としていない筋に代償運動が起こる方がよい。
4.等速性筋力増強運動では重錘ベルトを使用する。
5.等尺性筋収縮では血圧上昇に留意する。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

42 骨折により骨壊死を起こしやすいのはどれか。

1.距骨
2.踵骨
3.中間楔状骨
4.内側楔状骨
5.立方骨

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

43 腰椎変性すべり症で歩行中に殿部から下肢にかけて疾痛が出現したときの対応で正しいのはどれか。

1.しゃがみこむ。
2.速度を速めて歩き続ける。
3.速度を遅くして歩き続ける。
4.立ち止まって体幹を伸展する。
5.立ち止まって体幹を左右に回旋する。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

44 急性期脳血管障害に対して、積極的に離床を行ってもよいのはどの場合か。

1.JCS3桁
2.重度な運動麻痺
3.神経症状の増悪
4.収縮期血圧220 mmHg
5.重篤な全身性合併症

 

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

45 頚髄損傷の呼吸障害で正しいのはどれか。

1.肺活量は低下する。
2.咳の強さは変わらない。
3.予備吸気量は増加する。
4.予備呼気量は変わらない。
5.閉塞性換気障害が生じやすい。‘

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)