第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題41~45】

 

41 筋力増強運動について正しいのはどれか。

1.等尺性筋力増強運動では1回あたり20~30秒間以上の収縮が必要である。
2.筋力を維持するためには最大筋力の70~80%以上の抵抗が必要である。
3.目的としていない筋に代償運動が起こる方がよい。
4.等速性筋力増強運動では重錘ベルトを使用する。
5.等尺性筋収縮では血圧上昇に留意する。

解答
解説
1.× 等尺性筋力増強運動では、負荷量も大切である。最大筋力で2~3秒、40~50%の強度であれば15~20秒の筋収縮が必要である。つまり、1回あたり20~30秒間以上だけではなく、負荷量の設定が必要である。
2.× 筋力を維持するためには、最大筋力の70~80%以上ではなく、2/3(66%)の抵抗が必要である。
3.× 目的としていない筋に代償運動が起こるのは良くない。目的の筋に正確にアプローチできないためである。
4.× 等速性筋力増強運動とは、運動速度が一定な筋収縮様態である。日常の生活では生じにくい。重錘ベルトでは行えず、各速度を一定に保つことのできる装置(バイオデックスシステムなど)を使用する。
5.〇 正しい。等尺性筋収縮では血圧上昇に留意する。毛細血管圧迫による血流遮断が起こるためである。

 

 

 

42 骨折により骨壊死を起こしやすいのはどれか。

1.距骨
2.踵骨
3.中間楔状骨
4.内側楔状骨
5.立方骨

解答
解説

以下に、骨壊死が生じやすい部位をまとめた。選択肢1.距骨が正しい。

骨壊死が生じやすい部位

①上腕骨解剖頸
②舟状骨
③大腿骨頸部
④大腿骨顆部
距骨

 

 

 

43 腰椎変性すべり症で歩行中に殿部から下肢にかけて疼痛が出現したときの対応で正しいのはどれか。

1.しゃがみこむ。
2.速度を速めて歩き続ける。
3.速度を遅くして歩き続ける。
4.立ち止まって体幹を伸展する。
5.立ち止まって体幹を左右に回旋する。

解答
解説

 腰椎変性すべり症は、腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出る。間欠跛行が特徴的である。ヘルニアは病態から、前かがみになると痛みが増強するが、腰部脊柱管狭窄症は前かがみになると楽になる。
1.〇 正しい。しゃがみこむことで、前かがみとなり症状が楽になる。
2~5.× 各選択肢(速度を速めて歩き続ける。速度を遅くして歩き続ける。立ち止まって体幹を伸展する。立ち止まって体幹を左右に回旋する。)は、いずれも症状の緩解とはならない。

 

 

 

44 急性期脳血管障害に対して、積極的に離床を行ってもよいのはどの場合か。

1.JCS3桁
2.重度な運動麻痺
3.神経症状の増悪
4.収縮期血圧220 mmHg
5.重篤な全身性合併症

解答
解説
1.× JCS3桁ではなく、JCS1桁が望ましい。
2.〇 正しい。重度な運動麻痺の場合でも積極的に離床を行ってもよい。ただ麻痺などの症状増悪がないことを確認する。
3.× 神経症状の増悪がある場合は離床は行えない。
4.× 収縮期血圧180mmHgまたは平均血圧130mmHgを超える場合に降圧対象となるとなり、全身状態が安定しているとは言いにくい。5.× 重篤な全身性合併症がある場合は離床は行えない。全身状態が安定していることを確認する。

 

JCSをしっかり覚えたい方用にまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】意識障害の評価(JCS・GCS)を完璧に覚えよう!

 

座位訓練の施行基準

座位訓練の開始基準・意識レベルが JCS1桁である
全身状態が安定している
・麻痺などの症状増悪がない
座位訓練の施行基準 ・開始前,直後,5 分後,15 分後,30 分後に血圧を測定
 ・ 30°,45°,60°,最高位(80°)の 4 段階
→ 30 分以上可能となったら次の段階へ
 ・1 日 2 回施行,安定したら回数を増加
 ・最高位で 30 分以上可能→車椅子座位訓練開始
座位訓練の中止基準 ・血圧の低下
10 mmHg 以上→ 5 分後の回復や自覚症状で判断
30 mmHg 以上→中止
 ・脈拍
  開始前の 30%以上あるいは 120/分以上→中止
 ・起立性低血圧症状(気分不良など)→中止

 

 

 

 

45 頚髄損傷の呼吸障害で正しいのはどれか。

1.肺活量は低下する。
2.咳の強さは変わらない。
3.予備吸気量は増加する。
4.予備呼気量は変わらない。
5.閉塞性換気障害が生じやすい。‘

解答
解説

 脊髄上部の損傷後は、呼吸筋は麻痺または筋力低下する。筋力低下すると肺活量および深呼吸をする能力が低下する。
1.〇 正しい。肺活量(全肺気量-残気量)は低下する。
2.× 咳の強さは低下する。
3.× 予備吸気量は低下する。
4.× 予備呼気量は低下する。
5.× 閉塞性換気障害(一秒率が70%以下)ではなく、拘束性換気障害(%肺活量)が生じやすい。‘

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)