第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午前問題31~35】

 

31 変形性膝関節症で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 二次性が多い。
2. 男性に好発する。
3. 外反変形を生じやすい。
4. 運動開始時に疼痛がある。
5. 大腿四頭筋の萎縮を認める。

解答4,5
解説

 変形性膝関節症は、膝関節軟骨の退行性変化に伴って増殖変化が起こる疾患である。
1. × 二次性ではなく、一次性が多い。原因疾患が不明で老化現象と機械的影響によって起こる一次性と、関節疾患や外傷に続発して起こる二次性に分類されている。大部分が一次性である。
2. × 男性ではなく、肥満傾向の女性に好発する。
3. × 外反変形(X脚)ではなく、内反変形(O脚)を生じやすい。
4. 〇 正しい。運動開始時に疼痛がある。
5. 〇 正しい。大腿四頭筋の萎縮を認める。その他の症状として、関節液が貯留すると自発痛も生じたり、轢音が生じる。また大腿四頭筋の萎縮・内反変形が伴うと、荷重時の外側動揺膝折れ前方動揺も生じる。

 

 

 

32 Froment徴候が陽性のとき、麻痺を疑うべき神経はどれか。

1.肩甲背神経
2.尺骨神経
3.正中神経
4.長胸神経
5.橈骨神経

解答
解説

 Froment(フローマン)徴候とは、親指以外の4本の指の内外転と親指の内転ができなくなり、親指と人差し指でものをはさむ力が弱くなることでえある。母指内転筋や骨間筋の萎縮から指の内外転が障害される。したがって、2.尺骨神経の障害で起こる。

 

 

 

33 肩関節の関節可動域が屈曲100°、伸展10°、外転60°、外旋5°、内旋45°の肩関節周囲炎患者で障害されやすい動作はどれか。

1.洗顔動作
2.結髪動作
3.靴下の着脱
4.爪切り動作
5.歯磨き動作

解答
解説

 結髪動作

(※図引用:すぐに使える!リハビリのイラスト集様HP)

 本症例の肩関節の関節可動域は、屈曲100(180)°、伸展10(50)°、外転60(180)°、外旋5(60)°、内旋45(80)°である。( )内は参考角度。参考角度から、肩関節のいずれの方向も著明に低下していることが分かる。

1.3~5.× 洗顔動作・靴下の着脱・爪切り動作・歯磨き動作は、いずれも行える。
2.〇 正しい。結髪動作は、肩関節屈曲・外転・外旋の複合運動であり、図からも読み取れるが肩関節外転90°以上外旋30°以上は必要になると考えれる。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 ROMについての問題6選「まとめ・解説」

ROMの暗記が苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓↓

【理学療法評価】関節可動域表示ならびに測定法(ROM)の暗記用。

 

 

 

34 中脳(水平断)を図に示す。
Parkinson 病の病変部位はどれか。


1.①
2.②
3.③
4.④
5.⑤

 

解答
解説

 

 (※図引用:Wikipedia)

 Parkinson 病の病変部位は、中脳の黒質の神経伝達物質の1つであるドーパミン量が減少する事で起こると考えられている。つまり、黒質を選択できれば正解となる。

1.× ①は、上丘核である。
2.× ②は、内側毛帯である。
3.× ③は、赤核である。
4.〇 正しい。④は、黒質である。
5.× ⑤は、大脳脚である。

 

 

 

35 筋萎縮性側索硬化症で下位運動ニューロン障害の徴候はどれか。

1.痙縮
2.仮性球麻痺
3.線維束性収縮
4.腹壁反射消失
5.アキレス腱反射亢進

解答
解説

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、上位運動ニューロン及び下位運動ニューロンが系統的に障害される進行性の疾患であり、運動ニューロンのみ選択的に障害される。下位運動ニューロン障害は、線維束性収縮(筋委縮やピクつき)、筋力低下、深部腱反射低下などである。また、頚部筋が弱くなり首があげられなくなり、いわゆる「首下がり」を呈することもある。

1~2.× 痙縮・仮性球麻痺は、上位運動ニューロンの障害である。
3.〇 正しい。線維束性収縮は、下位運動ニューロンの障害で起こる。
4.× 腹壁反射は、表在反射である。筋萎縮性側索硬化症の陰性所見として、感覚障害は含まれないため腹壁反射消失は起こらない。
5.× 下位運動ニューロン障害が起これば、アキレス腱反射は亢進ではなく低下する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)