リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午前問題26~30】

 

26 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)における股関節の参考可動域角度で正しいのはどれか。

1.外旋:20°
2.外転:20°
3.屈曲:110°
4.伸展:15°
5.内旋:20°

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

27 「歯を磨くまねをしてください」という口頭命令ではうまくできないが、自発的には歯磨きができる状態はどれか。

1.観念失行
2.拮抗失行
3.構成失行
4.観念運動失行
5.肢節運動失行

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

28 歩行周期と筋活動パターンの関係を図に示す。
このグラフが示す特徴をもつ筋はどれか。

1.大殿筋
2.中殿筋
3.大腿四頭筋
4.ハムストリングス
5.下腿三頭筋

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

 

29 義足の遊脚相において下腿部の振り出し速度を制御する膝継手はどれか。

1.固定膝
2.可変摩擦膝
3.荷重ブレーキ膝
4.バウンシング機構付き
5.イールディング機構付き

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

 

30 胸腰仙椎装具で正しいのはどれか。

1.後方支柱は棟突起の直上に位置させる。
2.骨盤帯の位置は大転子と腸骨稜の間である。
3.側方支柱は骨盤帯と肩甲間バンドを結合する。
4.胸椎バンドの位置は肩甲骨の下1/3の高さである。
5.腹部前当ての上縁の位置は剣状突起の高さである。

 

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)