理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題56~60】

56.デルマトームと支配髓節の組合せで正しいのはどれか。

1.母指:第3頸髓節

2.乳頭:第4胸髓節

3.臍:第8胸髓節

4.膝:第1腰髓節

5.肛門:第1仙髓節

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:母指はC6である。C3は頚部前面下部から頚部後面である。

2.〇:正しい。

3.×:臍はT10である。T8は臍より約3横指分上である。

4.×:膝はL4である。L1は鼠径部である。

5.×:肛門はS5である。S1は、下腿後面尺側部から足部の尺側部にかけてである。(L5は下腿後面尺側部)

 

 

57.後腹膜腔に存在しないのはどれか。

1.横行結腸

2.腎臓

3.十二指腸

4.膵臓

5.副腎

 

解答を表示する

解答:1


解説

腹膜後器官(後腹膜臓器)とは、後腹壁の壁側腹膜に接する領域に位置する器官のこと。腹膜後器官には、十二指腸、腎臓、副腎、膵臓、尿管、腹大動脈、下大静脈、胸管、乳び槽などがある。

よって、答えは1である。

 

 

58.泌尿器の解剖について正しいのはどれか。

1.膀胱括約筋は平滑筋である。

2.膀胱尖には膀脈三角が位置する。

3.膀胱底は膀胱の前方に位置する。

4.尿管は総腸骨動脈の後方を通る。

5.尿管壁は粘膜と外膜の2層からなる。

 

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。

2.×:膀胱尖の後方にある膀胱底に膀胱三角が位置する。膀胱三角とは、左右の尿管口と内尿道口に囲まれた部分。

3.×:膀胱底は膀胱の後方に位置する。

4.×:尿管は総腸骨動脈の前方を通る。

5.×:尿管壁は粘膜と筋層、外膜の3層からなる。

 

 

59.平衡聴覚器の構造で正しいのはどれか。

1.鼓室は外耳にある。

2.骨迷路は内耳にある。

3.耳管は内耳にある。

4.ツチ骨は中耳にある。

5.膜迷路は中耳にある。

 

解答を表示する

解答:2/4(両方正解)


解説

1.×:鼓膜は外耳にあるが、鼓室になると中耳となる。

2.〇:正しい。骨迷路とは、前庭・骨半規管・蝸牛殻からなる。

3.×:耳管は中耳にある。

4.〇:正しい。

5.×:膜迷路とは、骨迷路の内側のことである。よって、内耳にある。

 

 

60.動脈と脈拍の触知部位との組合せで正しいのはどれか。

1.浅側頭動脈:外耳孔の後方

2.総頸動脈:胸鎖乳突筋の外縁

3.上腕動脈:上腕遠位部の上腕二頭筋腱の外側

4.大腿動脈:鼠径部の腸腰筋の外側

5.足背動脈:足背の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間

 

解答を表示する

解答:5


解説

1.×:浅側頭動脈は、外耳孔の前方で触診する。

2.×:総頸動脈は、頚部の前外側で触診する。胸鎖乳突筋の前縁である。

3.×:上腕動脈は、上腕前面の尺側側で触診する。上腕遠位部の上腕二頭筋腱の内側である。

4.×:大腿動脈は、大腿三角内で触診する。大腿三角とは、鼠径靭帯・縫工筋・長内転筋である。腸腰筋は触診するのは困難。縫工筋の内側である。

5.〇:正しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。