理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題61~65】

61.骨格筋の構造で筋収縮時に長さが一定なのはどれか。2つ選べ

1.A帯

2.H帯

3.I帯

4.Z帯

5.筋節

 

解答を表示する

解答:1,4


解説

1.〇:正しい。A帯は暗帯ともいい収縮時は変化しない。

2.×:H帯は、短縮する。

3.×:I帯は、短縮する。

4.〇:Z帯は、変化しない。

5.×:正しい。Z帯とZ体の間のことを筋節(サルコメア)といい、収縮時はその間が短くなる。

 

62.視覚について正しいのはどれか。

1.一次視覚野は側頭葉にある。

2.視細胞の杆体は色覚を司る。

3.空間分解能は全視野で均一である。

4.暗順応は明順応より速やかに行われる。

5.毛様体筋は近くを見るときに収縮する。

 

解答を表示する

解答:5


解説

1.×:一次視覚野は、後頭葉である。

2.×:杆体細胞は周辺視野と暗所視を担う。

3.×:空間分解能とは、どれだけ微小な空間を捉えられるかを意味する。前視野で均一ではない。

4.×:明順応の方が速く行われる。

5.〇:正しい。近くで見るとき、毛様体小帯が弛緩し、水晶体が厚くなる。

 

63.副交感神経の作用で収縮する筋はどれか。

1.立毛筋

2.排尿筋

3.血管平滑筋

4.瞳孔散大筋

5.内肛門括約筋

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:立毛筋は弛緩する。

2.〇:正しい。

3.×:血管平滑筋は弛緩する。

4.×:瞳孔散大筋は弛緩し、瞳孔が縮小する。

5.×:内肛門括約筋は弛緩する。内尿道括約筋は副交感神経で弛緩する。

 

64.胃での栄養素の消化・吸収で正しいのはどれか。

1.ペプシンは脂質を分解する。

2.セクレチンは胃液分泌を促進する。

3.内因子はビクミンB6の吸収に関与する。

4.胃内の停滞時間は糖類より脂肪の方が長い。

5.胃液分泌の増加は食物が胃に到達してから起こる。

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:ペプシンはタンパク質を分解する。脂質はリパーゼである。

2.×:胃相では、幽門洞の粘膜が刺激されることにより、ガストリンが内分泌され、胃液分泌・ペプシノゲン分泌が起こる。

3.×:内因子はビクミンB12の吸収に関与する。

4.〇:正しい。消化しにくいものほど胃の中に停滞する。油・脂肪は停滞時間が長い。

5.×:頭相といい、視覚や嗅覚刺激、口腔粘膜刺激により胃液分泌が起きる。

 

65.排便機構について正しいのはどれか。

1.排便時には横隔膜が弛緩する。

2.排便に関与する神経は下殿神経である。

3.直腸平滑筋と内肛門括約筋は同時に収縮する。

4.直腸壁が加圧されると骨盤神経が刺激される。

5.直腸の収縮を促す神経伝達物質物質はアドレナリンである。

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:排便時には、腹腔内圧と直腸内圧の上昇、直腸筋の収縮、横隔膜の押し上げ(収縮)などの運動が協調して起こる。

2.×:排便に関する神経は、骨盤神経と陰部神経である。

3.×:便が直腸に入り、直腸内壁が便により伸展すると、その刺激が仙髄の排便中枢に伝達され、直腸の収縮、内・外肛門括約筋の弛緩が起こって排便が起こる。

4.〇:正しい。

5.×:直腸の収縮は副交感神経で起こる。副交感神経の興奮を促す神経伝達物質物質はアセチルコリンである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)