理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題51~55】

51.股関節で正しいのはどれか。

1.顆状関節である。

2.大腿骨頸部は関節包外にある。

3.寛骨臼は前外側を向いている。

4.寛骨臼は腸骨のみで構成される。

5.腸骨大腿靭帯が関節包後面から補強している。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:臼状関節である。

2.×:大腿骨頚部は全面では完全に関節包に包まれているが、後面ではその上部だけが関節包に包まれている。そのため、関節包内にもあるため不適切。

3.〇:正しい。

4.×:寛骨臼は、腸骨・恥骨・座骨が結合して形成されている。

5.×:.腸骨大腿靭帯が関節包前面から補強している。

 

52.脊柱管の前壁に沿って走行する靭帯はどれか。

1.黄色靭帯

2.棘間靭帯

3.棘上靭帯

4.後縦靭帯

5.前縦靭帯

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:軸椎から第1仙椎までの上下に隣り合った椎骨の椎弓板の間に張る靭帯である。

2.×:上下に隣り合う棘突起間に張る薄い靭帯。

3.×:第7頸椎から仙骨までの棘突起の先端を結ぶ。

4.〇:正しい。

5.×:環椎から仙骨までの椎体の前面に沿って上下に走る靭帯。

 

53.大脳の領野と部位の組合せで正しいのはどれか。

1.一次運動野:前頭葉

2.一次体性感覚野 :側頭葉

3.聴覚野:頭頂葉

4.Broca野:側頭葉

5.Wernicke野:後頭葉

 

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。

2.×:一次体性感覚野は、頭頂葉である。

3.×:聴覚野は、側頭葉である。

4.×:Broca野は、前頭葉である。

5.×:Wernicke野は、側頭葉である。

 

54.中脳について誤っているのはどれか。

1.黒質は被蓋と大脳脚との間に位置する。

2.皮質脊髄路は被蓋を通過する。

3.上小脳脚で小脳に連絡する。

4.大脳脚は腹側に位置する。

5.中脳蓋は背側に位置する。

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:正しい。

2.〇:皮質脊髄路は、錐体路とも呼ぶ。錐体路は、大脳皮質運動野―放線冠―内包後脚―大脳脚―延髄―脊髄交叉―脊髄前角細胞という経路をたどる。よって、被蓋を通過しないため、誤りとなる。

3.×:正しい。

4.×:正しい。

5.×:正しい。

 

55.視神経から視覚野に至る視覚伝導路の順で正しいのはどれか。

1.視索→視交叉→視放線→外側膝状体

2.視索→視放線→外側膝状体→視交叉

3.視交叉→視索→外側膝状体→視放線

4.視放線 →視交叉→視索→外側膝状体

5.視交叉→外側膝状体→視索→視放線

 

解答を表示する

解答:3


解説

視覚伝導路は、「視神経―視交叉―視索―外側膝状体―視放線―視覚野」となる。

よって、答えは3となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)