理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題46~50】

46.未梢神経障害による猿手で使用する装具はどれか。

1.コックアップ・スプリント

2.短対立装具

3.虫様筋カフ

4.手関節駆動式把持装具

5.BFO

 

解答を表示する

解答:2


解説

猿手は、正中神経麻痺で起こる。正中神経麻痺に適応する装具を選択する問題である。

1.×:橈骨神経麻痺で使用する装具である。

2.〇:正しい。正中神経麻痺で使用する装具である。

3.×:尺骨神経麻痺で使用する装具である。

4.×:第6頚髄損傷で使用する装具である。

5.×:第4,5頚髄損傷で使用する装具である。

 

 

47.Down症児の初期の腹臥位での移動の特徴はどれか。

1.股関節の外転

2.伸展側下肢の尖足傾向

3.上肢の過剰な引き込み

4.緊張性迷路反射の残存

5.下肢運動の交互性の欠如

 

解答を表示する

解答:1


解説

ダウン症は、筋緊張の低下、精神発達遅滞のほか様々な合併症を引き起こす。

1.〇:正しい。筋緊張の低下で、腹臥位の移動時に股関節が外転する。

2.×:筋緊張が低下するため、尖足にはならない。

3~5:脳性麻痺児の特徴である。

 

48.摂食嚥下障害に対するShaker法について正しいのはどれか。

1.喉頭挙上筋群の筋力増強を行う。

2.食道入口部を閉鎖する。

3.呼吸を数秒間止める。

4.頭部を伸展する。

5.端座位で行う。

 

解答を表示する

解答:1


解説

Shaker法は、頭部挙上訓練とも呼ぶ。シャキア訓練法の目的は、喉頭挙上筋群の筋力強化を行い、喉頭の前上方運動を改善して食道入口部の開大を図る。食道入口部の食塊通過を促進し、咽頭残留(特に下咽頭残留)を少なくする効果がある。やり方は、背臥位に横になり、肩を床につけたまま頭だけを足の指が見えるまで挙上する。疲れない程度で30秒程度持続し、休憩を入れながら5~10回繰り返す。施行中、口を閉じて行う。

1.〇:正しい。

2.×:食道入口部の開大を図る。

3.×:呼吸を止めずに行う。

4.×:頭部を挙上・屈曲する。

5.×:背臥位で行う。

 

49.人工呼吸器を使用している重症心身障害児の気管吸引を実施する上で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.気管吸引後、聴診する。

2.気管吸引時にはSpO2を確認する。

3.吸引圧は20 kPa(150 mmHg)以上に設定する。

4.吸引カテーテルは気管分岐部の先まで挿入する。

5.気管吸引は1回の吸引につき30秒間程度持続して行う。

 

解答を表示する

解答:1,2


解説

1.〇:正しい。

2.〇:正しい。

3.×:推奨される吸引圧は最大で、20 kPa(150 mmHg)であり、これを超えないように設定する。

4.×:カテーテル先端が気管分岐部に当たらない位置まで挿入する。

5.×:1回の吸引操作で10秒以上吸引しない。

 

 

50.問診で用いる質問の種類とその具体例の組合せで正しいのはどれか。

1.閉じた質問(クローズド・クエスチョン):「痛むのは膝内側ですか?外側ですか?それとも前ですか?」

2.開いた質問(オープン・クエスチョン):「今日の具合はいかがですか?」

3.中立的質問(ニュートラル・クエスチョン):「痛みはありますか?」

4.多項目の質問(マルチプル・クエスチョン):「膝の痛みについて詳しく教えてください」

5.焦点型質問(フォーカスト・クエスチョン):「お名前を教えてください」

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:閉じた質問とは、『はいorいいえ』で答えられる質問のことである。1の質問は「多項目の質問」である。

2.〇:正しい。

3.×:中立的質問とは、患者さんの名前や生年月目・職業・住所などを尋ねる質問のことである。3の質問は「閉じた質問」である。

4.×:多項目の質問とは、質問にたいする回答を、あらかじめ医師が限定して聞く質問方法である。4の質問は「焦点型質問」である。

5.×:焦点型質問とは、特定のテーマに焦点を絞った質問であり、閉じられた質問よりは自由に、しかし開かれた質問よりは自由度の低い質問である。5の質問は「中立的質問」である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)