リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題31~35】

31 杖のチェックアウトについて正しいのはどれか。

1. ロフストランド杖の前腕支え位置は前腕近位1/3とする。

2. T字杖の握りは肘関節が45 度屈曲する位置とする。

3. 松葉杖の脇当て位置は腋窩から15 cm下方とする。

4. 杖の長さは病態によらず同じ方法で決める。

5. 杖先ゴムの状態確認は年に1回行う。

 

解答:1

解説

1.〇 正しい。

2.✖ 基本的に、肘関節は30°屈曲する。

3.✖ 腋窩から2.5~5 cm(2~3横指分)下方としている。

4.✖ 病態によって変化する。

5.✖ 2~3か月に1度は確認する。

 

 

32 鵞足をつくるのはどれか。

1. 大腿二頭筋

2. 内側広筋

3. 半腱様筋

4. 腓腹筋

5. ヒラメ筋

 

解答:3

解説

鵞足は、①縫工筋・②薄筋・③半腱様筋で形成される。よって3.が正しい。

苦手な人向けに、まとめました。
理学療法士国家試験 筋の作るくぼみや溝についての問題5選「まとめ・解説」

 

 

33 脳血管障害の評価として用いられる評価法について正しいのはどれか。

1. mRSの評価項目に筋緊張がある。

2. SIASの評価項目に意識障害がある。

3. GCSの評価項目に関節可動域がある。

4. NIHSSの評価項目にバランスがある。

5. Fugl-Meyer Assessment の評価項目に感覚機能がある。

 

解答:5

解説

1.✖ mRSは、脳卒中患者の活動量や機能自立度を評価する。

2.✖ SIASは、脳卒中の機能障害を評価する。

3.✖ GCSは、意識障害を評価する。

4.✖ NIHSSは、脳卒中重症度評価スケールである。バランスは、評価項目にない。あるのは、意識・注視・視野・顔面麻痺・四肢麻痺・運動失調・感覚障害・失語・構音障害・消去現象と無視である。点数がADL障害を十分に反映しないことからmRS、SIASなどを併用することがある。

5.〇 正しい。

補足記事です。参考にどうぞ。

SIASとは?評価方法や評価項目は?【分かりやすく解説します】

 

 

34 Parkinson病で主にみられる徴候はどれか。2つ選べ。

1. 眼振

2. 突進現象

3. 動作時振戦

4. 歯車様固縮

5. ミオクローヌス

 

解答:2,4

解説

1,5.✖ いずれも見られない。

2,4.〇 正しい。

3.✖ パーキンソン病でみられる振戦は、安静時振戦である。

 

 

 

35 Duchenne型筋ジストロフィーにみられる症状はどれか。

1. 踵足変形

2. 視力低下

3. 深部感覚障害

4. Babinski反射陽性

5. 下腿三頭筋仮性肥大

 

解答:5

解説

Duchenne型筋ジストロフィーでは、近位筋優位の筋力低下が特徴の一つであり、登はん起立、殿筋・腓腹筋の仮性肥大、動揺歩行を呈す。また、早期より下腿三頭筋の短縮による尖足やハムストリングスの短縮による膝関節屈曲拘縮がみられる。

1.✖ 見られるのは尖足である。

2~4.✖ いずれも見られない。

5.〇 正しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)