リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題36~40】

36 うっ血性心不全でみられるのはどれか。

1. 咳嗽

2. 皮膚紅潮

3. 頸動脈雑音

4. 心胸郭比40 %

5. 初期の体重減少

 

解答:1

解説

心不全は心臓のポンプ機能低下のため末梢組織の酸素需要に見合った血液量を供給できない状態である。肺循環系にうっ血が著明なものを左心不全、体循環系にうっ血が著明なものを右心不全という。体液の著明やうっ血を生じ、主な症状として呼吸困難、咳嗽、チアノーゼ、血性・泡沫状喀痰(ピンクの痰)などがある。

1.〇 正しい。頸動脈怒張・胸水・肝肥大・腹水・下肢の浮腫が症状として出る。

2.✖ チアノーゼとなる。

3.✖ 頸動脈怒張が起こる。

4.✖ 体内水分貯蓄量が増加するため、心胸郭比は拡大(50%以上)する。

5.✖ 浮腫により体重が増加する。

 

 

37 工場生産労働者の腰痛対策として、産業理学療法の観点から優先度が低いのはどれか。

1. 作業姿勢の評価

2. 作業方法の変更

3. 職場の配置転換

4. ストレスの軽減

5. 労働生産性の維持

 

解答:3

解説

※産業理学療法・・・就労者の職業に関連する健康増進と労働災害、職業病などの予防を目的としている。

1,4.✖ 腰痛対策として、姿勢や精神のケアは大切である。

2,5.✖ 労働生産性を維持したまま、作業方法を変更し労働者の健康(腰痛対策)を守っていくことが大切である。

3.〇 腰痛対策として、配置転換をすると誰もその業務を行えなくなってしまう。そのため、優先度は低い。労働生産性を維持したまま、作業方法を変更し労働者の健康(腰痛対策)を守っていくことが大切である。

 

 

38 超音波治療が可能なのはどれか。

1. 金属プレートによる骨折固定部位

2. 血友病性関節症

3. 小児の大腿骨下端部

4. 深部静脈血栓症

5. 転移性骨腫瘍部位

 

解答:1

解説

1.〇 正しい。

2~5.✖ いずれも禁忌である。他の超音波の禁忌として、眼への照射(眼に超音波を照射すると組織の空洞化を起こす)、②成長時の骨端(今回の問題の3.にあたる)、③心臓、生殖器官、内分泌器官、④良性または悪性腫瘍、麻痺部、⑤ペースメーカーの入っている部位(ペースメーカーを損傷する可能性)、⑥脊髄疾患(多発性硬化症、脊髄灰白質炎、脊髄空洞症)同時に、温熱療法の禁忌も覚えておく。

 

 

39 脳卒中片麻痺者の応用歩行練習について麻痺側から行う場合が多いのはどれか。

1. エスカレーターに乗るとき

2. 低い障害物をまたぐとき

3. 急なスロープを上るとき

4. 階段を上るとき

5. バスに乗るとき

 

解答:2

解説

1.3.4.5.✖ 健側から行う。

2.〇 障害物をまたぐとき、麻痺側(悪い方)→健側(いい方)の順で出すのが基本。ただし、麻痺側の足を前に振り出せないようであれば健側から出す。杖を使う場合は、足を出す前に杖を出し前に体重がかかるようにする。

 

 

 

40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。

1. 二分靱帯—————後脛骨筋

2. 三角靱帯—————短腓骨筋

3. 前脛腓靱帯————前脛骨筋

4. 前距腓靱帯————長腓骨筋

5. リスフラン靱帯——下腿三頭筋

 

解答:4

解説

内返し・外返しのどちらかの捻挫で損傷しやすい靭帯か整理しておく(例:内返し捻挫時は、足関節外側にある靭帯が損傷しやすい)。その拮抗する筋肉を鍛えれば基本的にOKである。

1.✖ 内返し捻挫時に損傷しやすい。そのため、外返し作用のある筋を鍛える必要があるため不適当。

2.✖ 外返し捻挫時に損傷しやすい。そのため、外返し作用のある筋を鍛える必要があるため不適当。

3.✖ 内返し捻挫時に損傷しやすい。そのため、外返し作用のある筋を鍛える必要があるため不適当。

4.〇 正しい。

5.✖ 足関節過底屈位で体重が乗り、足先からの外力で損傷する靭帯。足関節背屈筋を鍛える。

足部の構造についてまとめました。参考にどうぞ。
理学療法士国家試験 足関節の構造についての問題4選「まとめ・解説」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)