第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午前問題26~30】

 

26 脳卒中で小脳皮質から上小脳脚に病巣がある場合にみられやすい症状はどれか。

1. 感覚障害
2. 運動麻痺
3. ジストニア
4. 動作時振戦
5. パーキンソニズム

解答4

解説

 

 

 

 

 

27 球麻痺から発症した筋萎縮性側索硬化症で歩行が可能な患者への対応で正しいのはどれか。

1. 胸郭のストレッチを指導する。
2. 呼吸機能評価を1 年に1 回行う。
3. 栄養指導は誤嚥を認めてから行う。
4. 早期からプラスチック短下肢装具を導入する。
5. 鉄アレイを用いた上肢筋力トレーニングを指導する。

解答1

解説

 

 

 

 

 

28 Duchenne 型筋ジストロフィー児にみられる異常歩行はどれか。

1. 踵打ち歩行
2. 小刻み歩行
3. 逃避性歩行
4. 動揺性歩行
5. 酩酊歩行

解答4

解説

 

 

 

 

 

29 遠城寺式乳幼児分析的発達検査表で、月齢と獲得している機能の組合せで正しいのはどれか。

1. 5 か月 — 人見知りをする。
2. 6 か月 — ものにつかまって立っている。
3. 11 か月 — コップを自分で持って飲む。
4. 12 か月 — 積木を2 つ重ねる。
5. 15 か月 — 自分の姓名を言う。

解答3

解説

 

 

 

 

 

30 二分脊椎の病変部位と特徴の組合せで正しいのはどれか。

1. 第12 胸髄 —長下肢装具を装着し、杖を使わずに歩行可能
2. 第1 腰髄 — 短下肢装具を装着し、杖を使わずに歩行可能
3. 第2 腰髄 — 下肢装具は使わずに、松葉杖を用いて歩行可能
4. 第3 腰髄 — 尖足変形
5. 第4 腰髄 — 踵足変形

解答5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)