第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午前問題26~30】

 

26 脳卒中で小脳皮質から上小脳脚に病巣がある場合にみられやすい症状はどれか。

1. 感覚障害
2. 運動麻痺
3. ジストニア
4. 動作時振戦
5. パーキンソニズム

解答4

解説

 上小脳脚の主体をなす線維は、小脳視床路小脳赤核路である。とはいえ、本問題は選択肢の中から一般的な小脳の働きを選択できれば正解となる。

 

1.× 感覚障害は、主に視床視床脊髄路大脳感覚野の障害などでみられるため不適切である。。
2.× 運動麻痺は、主に錐体路の障害で起こるため不適切である。
3.× ジストニアとは、筋緊張の異常亢進による体幹・頚部の捻転などが起こる症状である。大脳基底核の障害でみられるため不適切である。
4.〇 正しい。動作時振とは、カップを口まで持ち上げるなどの随意運動時に生じるふるえである。小脳障害の典型的な症状である。
5.× パーキンソニズムは、黒質大脳基底核の障害などでみられる。

小脳障害

一般的に、企図振戦や眼振、筋トーヌス低下、運動失調、体幹動揺、構音障害、大字症などがみられる。

小脳半球が障害されると主に運動失調症状が現れ、虫部が障害されると平衡覚障害が現れる。

 

 

 

 

 

27 球麻痺から発症した筋萎縮性側索硬化症で歩行が可能な患者への対応で正しいのはどれか。

1. 胸郭のストレッチを指導する。
2. 呼吸機能評価を1年に1回行う。
3. 栄養指導は誤嚥を認めてから行う。
4. 早期からプラスチック短下肢装具を導入する。
5. 鉄アレイを用いた上肢筋力トレーニングを指導する。

解答1

解説

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気。 しかし、筋肉そのものの病気ではなく、運動ニューロンだけ障害をうける。球麻痺がみられることから、早期から嚥下訓練構音訓練が必要である。

 

1.〇 正しい。胸郭のストレッチを指導する。なぜなら、呼吸筋の萎縮に伴い胸郭の可動性低下がみられるため。
2.× 呼吸機能評価は、1年に1回では少なすぎるため不適当である。麻痺が進行して呼吸筋の麻痺が起こる可能性もあるため、定期的な呼吸筋の評価(最低でも2~3か月に1度)も必要である。
3.× 栄養指導は誤嚥を認めてからではなく、予防のため認める前から行う。早期から誤嚥予防や栄養指導、嚥下評価および必要な訓練・指導を行う必要がある。
4.× 早期からのプラスチック短下肢装具を導入は必要ない。なぜなら、本文から「歩行可能な患者」と表記されており、歩行障害はまだ認めないため。大腿四頭筋や足関節背屈筋の筋力低下し、歩行障害が出てきた段階(病気でいうと中期)で短下肢装具の導入を検討する。
5.× 鉄アレイを用いた上肢筋力トレーニングは不適当である。なぜなら、筋萎縮性側索硬化症は、上肢末端に始まる筋萎縮が特徴であり、後負荷のトレーニングとなるため。そのため自動運動自動介助運動を筋力維持の主体とする。

 

 

 

 

 

28 Duchenne型筋ジストロフィー児にみられる異常歩行はどれか。

1. 踵打ち歩行
2. 小刻み歩行
3. 逃避性歩行
4. 動揺性歩行
5. 酩酊歩行

解答4

解説

1.× 踵打ち歩行は、足を高く持ち上げ、地面を叩くように歩く様子が観察できる。脊髄性運動失調などで深部感覚障害を原因として起こる。
2.× 小刻み歩行(小歩症)は、前屈みで、ゆっくりと小刻みに、足を地面の上に滑らせるようにして歩く様子が観察できる。Parkinson病Parkinson症候群でみられる。
3.× 逃避性歩行(有痛性歩行)は、下肢の痛みを避けるため、患肢への荷重時間を短くして歩く様子が観察できる。関節疾患・炎症・外傷など様々な原因によると疼痛時にみられる。
4.〇 正しい。動揺性歩行(アヒル歩行)は、下腹部と殿部を突き出して腰椎前弯を強めた姿勢で、腰部を左右に振りながら歩く様子が観察できる。Duchenne型筋ジストロフィー児両中殿筋の低下・麻痺発育性股関節形成不全などが原因として起こる。
5.× 酩酊歩行は、歩くときに両足を開き、 酔ったように体幹を揺らしながら不安定に歩く様子が観察できる。小脳障害前庭障害が原因として起こる。

 

 

 

 

 

29 遠城寺式乳幼児分析的発達検査表で、月齢と獲得している機能の組合せで正しいのはどれか。

1. 5か月 : 人見知りをする。
2. 6か月 : ものにつかまって立っている。
3. 11か月 : コップを自分で持って飲む。
4. 12か月 : 積木を2つ重ねる。
5. 15か月 : 自分の姓名を言う。

解答3

解説

1.× 人見知りをするのは、10~11か月である 。
2.× ものにつかまって立っているのは、8~9か月である 。
3.〇 正しい。コップを自分で持って飲むのは、10~11か月である 。
4.× 積木を2つ重ねるのは、14~16か月である 。
5.× 自分の姓名を言うのは、27~30か月である 。

 

 

 

 

 

30 二分脊椎の病変部位と特徴の組合せで正しいのはどれか。

1. 第12胸髄 —長下肢装具を装着し、杖を使わずに歩行可能
2. 第1腰髄 — 短下肢装具を装着し、杖を使わずに歩行可能
3. 第2腰髄 — 下肢装具は使わずに、松葉杖を用いて歩行可能
4. 第3腰髄 — 尖足変形
5. 第4腰髄 — 踵足変形

解答5

解説

1.× 長下肢装具を装着し、杖を使わずに歩行可能は、T12以上残存している場合である。T12~L2レベルは、「骨盤帯付き長下肢装具とロフストランド杖を用いての歩行は訓練レベルで可能であるが、移動は車椅子やバギーが主体となる。」なぜなら、下肢筋はすべて麻痺か腸腰筋が効く程度であるため。
2.× 短下肢装具を装着し、杖を使わずに歩行可能は、第1腰髄ではなく、第4腰髄レベルである。
3.× 下肢装具は使わずに、松葉杖を用いて歩行可能は、第2腰髄ではなく、第2仙髄レベルである。
4.△ 尖足変形は、第3腰髄で起こり得る。第3腰髄レベルでは、大腿四頭筋まで効き、足関節・足部の自動運動はみられないため。つまり、足関節の内反または外反、尖足変形が生じうる可能性が高い。※厚生労働省の答えでは、5のみが正解となっているため、分かる方いましたらコメント欄にて教えてください。
5.〇 正しい。踵足変形は、第4腰髄で起こりやすい。なぜなら、第4腰髄レベル(短下肢装具と杖で実用歩行が可能)では、前脛骨筋が働くため。踵足変形は、足のつま先が宙に浮いた状態で、踵だけが設置し、直立と歩行をおこうなう足、足の変形である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)