第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午前問題31~35】

 

31 胸郭出口症候群に最も関与するのはどれか。

1. 胸骨
2. 胸鎖乳突筋
3. 肩甲骨
4. 前斜角筋
5. 大胸筋

解答4

解説

 胸郭出口は、鎖骨第1肋骨前・中斜角筋で構成される。よって、選択肢4.前斜角筋が胸郭出口症候群に最も関与するため正しい。

1~3.5.× 胸骨/胸鎖乳突筋/肩甲骨/大胸筋/は、胸郭出口を形成せず胸郭出口症候群に関与しない。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 筋の作るくぼみや溝についての問題5選「まとめ・解説」

 

 

 

 

 

32 股関節に屈曲拘縮がある場合に陽性を示すのはどれか。

1. Bragardテスト
2. Buergerテスト
3. Lachmanテスト
4. McMurrayテスト
5. Thomasテスト

解答5

解説

1.× Bragardテスト(ブラガーテスト)は、椎間板ヘルニアの検査である。
2.× Buergerテスト(バージャーテスト)は、下肢の循環異常の検査である。
3.× Lachmanテスト(ラックマンテスト)は、前十字靭帯損傷の検査である。
4.× McMurrayテスト(マックマリーテスト)は、半月板損傷の検査である。
5.〇 正しい。Thomasテスト(トーマステスト)は、股関節屈筋群の拘縮の検査である。

 

 

 

 

 

33 上腕骨骨折について正しいのはどれか。

1. 顆上骨折は高齢者に多い。
2. 近位部骨折は小児に多い。
3. 近位部骨折では外転位固定を行う。
4. 骨幹部骨折では骨壊死が起こりやすい。
5. 骨幹部骨折では橈骨神経麻痺が起こりやすい。

解答5

解説

1.× 顆上骨折は高齢者ではなく、小児に多い。
2.× 近位部(外科頚)骨折は、小児ではなく、高齢者に多い。
3.× 近位部(外科頚)骨折は、外転位固定ではなく、内転位固定を行う。なぜなら、外転位で行うと変形治癒しやすいため。
4.× 骨幹部骨折では骨壊死が起こりにくい。なぜなら、骨幹部は血流が豊富なため。
5.〇 正しい。骨幹部骨折では橈骨神経麻痺が起こりやすい。なぜなら、橈骨神経麻痺が上腕骨骨幹部に沿って走行しているため。

 

 

 

 

 

34 極超短波による物理療法で正しいのはどれか。

1. 蓄熱による熱傷の可能性がある。
2. ホットパックより深達度は浅い。
3. 悪性新生物に対する治療効果がある。
4. 金属プレート挿入部への照射は可能である。
5. 閉塞性動脈硬化症の患肢への照射は効果的である。

解答1

解説

 極超短波療法(マイクロ波)とは、深部温熱療法である。2450MHzの電磁波を利用し、エネルギーの半価層(エネルギーが半減する深度)は、3~4cm、筋の加温に有効である。

 

1.〇 正しい。蓄熱による熱傷の可能性がある。なぜなら、水分を多く含む組織はエネルギーを吸収しやすく、金属への熱の収束が大きいため。
2.× ホットパックより深達度は浅いのではなく深い。なぜなら、深さ3~5cmまでの皮膚・脂肪・筋に吸収され熱エネルギーに変換されるため。極超短波療法(マイクロ波)は、深部温熱療法に分類され、ホットパックは、表在温熱療法に分類される。
3.× 悪性新生物に対する治療効果はない。むしろ、悪性腫脹への照射は、腫瘍を活性化させるため禁忌である。
4.× 金属プレート挿入部への照射は禁忌である。なぜなら、金属への照射は熱傷のおそれがあるため。
5.× 閉塞性動脈硬化症の患肢への照射は禁忌である。なぜなら、循環不全で放熱不十分となるため。

 

極超短波療法(マイクロ波)の禁忌

①温熱療法一般の禁忌(急性炎症部位、悪性腫瘍、出血傾向、知覚麻痺)

②金属部位への照射(衣服、装飾品、体内金属含む)

③心臓ペースメーカー使用者

④眼球、男性生殖器、妊婦の腹部

⑤小児の骨端線

 

 

 

 

 

35 大腿義足の膝継手におけるイールディング機構の機能で正しいのはどれか。

1. 立脚相での膝折れの防止
2. 立脚相での膝過伸展の防止
3. 遊脚相での膝伸展の補助
4. 遊脚相での膝屈曲の補助
5. 遊脚相での膝過屈曲の防止

解答1

解説

 立脚相での安定性を高める機構として、①バウンシング(立脚初期での衝撃吸収)と②イールディング(膝折れの防止)がある。①バウンシング(立脚初期での衝撃吸収)は、継手に二重膝作用をもたせ、立脚相初期に膝継手を軽度屈曲させ、かつ一定の角度以上には屈曲しない機構である。②イールディング(膝折れの防止)は、荷重すると、油圧の力でロックしながらゆっくり屈曲する機構である。つまり、選択肢1.立脚相での膝折れの防止が正しい。

 

2~5.× 立脚相での膝過伸展の防止/遊脚相での膝伸展の補助/遊脚相での膝屈曲の補助/遊脚相での膝過屈曲の防止/は、イールディング(膝折れの防止)の説明ではない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)