第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午前問題31~35】

 

31 胸郭出口症候群に最も関与するのはどれか。

1. 胸 骨
2. 胸鎖乳突筋
3. 肩甲骨
4. 前斜角筋
5. 大胸筋

解答4

解説

 

 

 

 

 

32 股関節に屈曲拘縮がある場合に陽性を示すのはどれか。

1. Bragard テスト
2. Buerger テスト
3. Lachman テスト
4. McMurray テスト
5. Thomas テスト

解答5

解説

 

 

 

 

 

33 上腕骨骨折について正しいのはどれか。

1. 顆上骨折は高齢者に多い。
2. 近位部骨折は小児に多い。
3. 近位部骨折では外転位固定を行う。
4. 骨幹部骨折では骨壊死が起こりやすい。
5. 骨幹部骨折では橈骨神経麻痺が起こりやすい。

解答5

解説

 

 

 

 

 

34 極超短波による物理療法で正しいのはどれか。

1. 蓄熱による熱傷の可能性がある。
2. ホットパックより深達度は浅い。
3. 悪性新生物に対する治療効果がある。
4. 金属プレート挿入部への照射は可能である。
5. 閉塞性動脈硬化症の患肢への照射は効果的である。

解答1

解説

 

 

 

 

 

35 大腿義足の膝継手におけるイールディング機構の機能で正しいのはどれか。

1. 立脚相での膝折れの防止
2. 立脚相での膝過伸展の防止
3. 遊脚相での膝伸展の補助
4. 遊脚相での膝屈曲の補助
5. 遊脚相での膝過屈曲の防止

解答1

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)