第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午前問題21~25】

 

21 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)の運動方向と参考可動域の組合せで正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 肩伸展 — 60°
2. 手橈屈 — 5°
3. 肘伸展 — 10°
4. 肩外旋 — 80°
5. 肩甲帯伸展 — 20°

解答2/5

解説

1.× 肩伸展は、60°ではなく50°である。
2.〇 正しい。手橈屈は、である。
3.× 肘伸展は、10°ではなく25°である。
4.× 肩外旋は、80°ではなく60°である。
5.〇 正しい。肩甲帯伸展は、20°である。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【理学療法評価】関節可動域表示ならびに測定法(ROM)の暗記用。

 

 

 

 

 

22 肘関節を最大伸展させたときの表記で屈曲拘縮を示すのはどれか。2 つ選べ。

1. 屈曲 — -10°
2. 屈曲 — 10°
3. 伸展 — -10°
4. 伸展 — 0°
5. 伸展 — 10°

解答2/3

解説

屈曲拘縮とは、伸展が制限された状態である。肘関節の伸展角度は5°である。

1.5. × 屈曲-10°伸展10°である。
2.3. 〇 正しい。屈曲10°伸展-10°であり、屈曲拘縮を示す。
4. × 伸展0°は、参考可動域5°と比較すると軽度の屈曲拘縮(正常範囲レベル)であるが、選択肢の中にさらに大きい屈曲拘縮がある。

 

 

 

 

 

23 Daniels らの徒手筋力テストで、腓腹筋の検査をする際に代償的に働く筋はどれか。

1. 後脛骨筋
2. 前脛骨筋
3. 長母指伸筋
4. 長指伸筋
5. 母指外転筋

解答1

解説

腓腹筋の作用は、膝関節屈曲・足関節底屈、踵の挙上である。

 

1.〇 正しい。後脛骨筋の作用は、足関節底屈、内返しである。
2.× 前脛骨筋の作用は、足関節背屈、内返しである。
3.× 長母指伸筋の作用は、足関節背屈、母趾の伸展である。
4.× 長指伸筋の作用は、第2~5趾の伸展、足関節背屈、外返しである。
5.× 母指外転筋の作用は、母趾基節骨の屈曲、外転である。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】下肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

 

 

 

 

24 脊髄小脳変性症に比べて多発性硬化症に特徴的なのはどれか。

1. 痙縮
2. 運動失調
3. 嚥下障害
4. 構音障害
5. 有痛性けいれん

解答5

解説

多発性硬化症とは、中枢神経系の種々の部位に多発性の脱髄病変を起こし多彩な症状がみられる。緩解と増悪を繰り返し、脱髄部位は視神経(眼症状や動眼神経麻痺)、脊髄、脳幹、大脳、小脳の順にみられる。有痛性強直性痙攣(有痛性けいれん)やレルミット徴候(頚部前屈時に背部から四肢にかけて放散する電撃痛)、ユートホフ現象(体温上昇によって症状悪化)などが特徴である。よって、選択肢5有痛性けいれんである。

 

1.× 痙縮は、どちらでも起こりうる。脊髄小脳変性症は、小脳症状のみが目立つ純粋小脳型と、小脳以外の症状が目立つ非純粋小脳型に大別され、後者では脳幹の症状をしばしば合併するため痙縮が起こる。多発性硬化症は、大脳白質病変や脊髄病変による錐体路障害で痙縮が起こる。
2.× 運動失調は、どちらでも起こりうる。運動失調は脊髄小脳変性症の主症状であり、多発性硬化症は頻度は少ないが小脳に病変が及べば起こる。
3.4.× 嚥下障害/構音障害は、どちらでも起こりうる。脊髄小脳変性症の非純粋小脳型は、脳幹(特に延髄)に変性が及ぶため、しばしば球麻痺を来し、嚥下障害を起こす。多発性硬化症は、脳幹病変による球麻痺や大脳の多発病変による仮性球麻痺によって嚥下障害を起こす。

 

 

 

 

 

25 視床出血の発症後2か月で患側上肢にアロディニアを認める。発症要因はどれか。

1. 中枢神経系の可塑的変化
2. 上肢屈筋群の筋緊張の亢進
3. 肩関節周囲筋への運動の過負荷
4. 腱板部分断裂による炎症
5. 肘関節の拘縮変形

解答1

解説

 アロディニア(allodynia:異痛症)とは、通常では疼痛をもたらさない程度の刺激が、すべて疼痛として認識される感覚異常のことである。視床出血の発症後2カ月で認める患側上肢の症状であることから、視床痛の症状のーつとしてのアロディニアを生じていると考えられる。

1.〇 正しい。中枢神経系の可塑的変化である。アロディニアは、視床出血(中枢神経系の可塑的変化)の発症後2カ月で認める患側上肢の症状であることから、視床痛の症状のーつとしてのアロディニアを生じていると考えられる。痛み刺激が持続すると、侵害受容ニューロンの感受性が亢進して、痛み関連のニューロンの興奮性の変化が生じている。また、神経の過敏化には、末梢性の過敏化と中枢性の過敏化があり、特に脊髄後角の可塑的変化が原因のーつとの報告もある。適切な鎮痛処置をして、可塑的変化を予防することが慢性痛に移行させないことにつながるため、早期診断が重要である。

2~5. 上肢屈筋群の筋緊張の亢進/肩関節周囲筋への運動の過負荷/ 腱板部分断裂による炎症/肘関節の拘縮変形/は、アロディニアとは異なる。なぜなら、アロディニアとは、通常では疼痛をもたらさない程度の刺激が、すべて疼痛として認識される感覚異常のことであるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)