第49回(H26) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題71~75】

 

71 指尖つまみに比べ横つまみでより働く筋はどれか。

1. 短掌筋
2. 虫様筋
3. 短母指伸筋
4. 短母指外転筋
5. 第1 背側骨間筋

解答5

解説

 

 

 

 

 

72 筋と股関節の運動の組合せで正しいのはどれか。

1. 縫工筋 ― 外 旋
2. 小殿筋 ― 内 転
3. 梨状筋 ― 内 旋
4. 大殿筋 ― 屈 曲
5. 大腿方形筋 ― 屈 曲

解答1

解説

 

 

 

 

 

73 立位姿勢について正しいのはどれか。

1. 重心動揺は閉眼にて減少する。
2. 重心動揺は年齢によって変化しない。
3. 立位時に股関節のY 靱帯は弛緩する。
4. 安静立位時にヒラメ筋の持続的筋収縮がある。
5. 立位時の重心の位置は第1 腰椎の後方にある。

解答4

解説

 

 

 

 

 

74 正常歩行時の矢状面における重心移動について正しいのはどれか。

1. 歩行速度が増すと重心軌道の高低差は小さくなる。
2. 1 歩行周期において重心軌道は一峰性を示す。
3. 重心の移動速度は立脚中期で最も速くなる。
4. 重心が最も高くなるのは荷重反応期である。
5. 重心が最も低くなるのは踵接地期である。

解答5

解説

 

 

 

 

 

75 心筋梗塞の合併症として誤っているのはどれか。

1. 心室頻拍
2. 下肢静脈瘤
3. 肩手症候群
4. 僧帽弁逆流
5. 心室中隔穿孔

解答2

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)