第49回(H26) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題51~55】

 

※問題の引用:第49回理学療法士国家試験、第49回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

 

51 関節の形状で正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1. 肩甲上腕関節は楕円関節である。
2. 腕尺関節はらせん関節である。
3. 橈骨手根関節は顆状関節である。
4. 手根間関節は鞍関節である。
5. 母指の手根中手関節は球関節である。

解答2/3

解説

 

 

 

 

 

52 大腿骨について正しいのはどれか。(※不適切問題:解答2つ)

1. 頸部は後捻している。
2. 骨幹部は後弯している。
3. 外側顆は内側顆より大きい。
4. 骨頭窩は骨頭の外側にある。
5. 大転子は小転子より近位にある。

解答3/5

解説

 

 

 

 

 

53 筋と付着部の組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1. 腸腰筋 ― 小転子
2. 縫工筋 ― 腸骨稜
3. 大腿直筋 ― 下前腸骨棘
4. 長内転筋 ― 坐骨結節
5. 内側広筋 ― 粗線外側唇

解答1/3

解説

 

 

 

 

 

54 舌の運動を支配する神経の神経核があるのはどれか。

1. 間脳
2. 中脳
3. 橋
4. 延髄
5. 脊髄

解答4

解説

 

 

 

 

 

55 相貌失認に関与するのはどれか。

1. 海馬
2. 角回
3. 乳頭体
4. 紡錘状回
5. 前脳基底部

解答4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)