第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午後問題31~35】

 

31 前脊髄動脈症候群において損傷レベル以下で低下する感覚はどれか。

1. 二点識別覚
2. 運動覚
3. 位置覚
4. 温度覚
5. 振動覚

解答4

解説

 

 

 

 

 

32 Perthes病で正しいのはどれか。

1. 股関節の内転が制限される。
2. 股関節の外旋が制限される。
3. Trendelenburg徴候は陰性である。
4. 保存的治療には免荷装具が用いられる。
5. 発症年齢が低いほど機能的予後は悪い。

解答4

解説

 

 

 

 

 

33 Duchenne型筋ジストロフィーで正しいのはどれか。

1. 常染色体劣性遺伝である。
2. 下肢の腱反射は亢進する。
3. 下肢の関節拘縮を生じやすい。
4. 閉塞性換気障害を生じやすい。
5. 前脛骨筋に仮性肥大を生じやすい。

解答3

解説

 

 

 

 

 

34 膝半月板断裂で陽性を示すのはどれか。

1. Jackson テスト
2. Lachman テスト
3. McMurray テスト
4. Ober テスト
5. Roos テスト

解答3

解説

 

 

 

 

 

35 手指の拘縮・変形とその原因の組合せで正しいのはどれか。

1. Volkmann 拘縮 ― 上腕の阻血
2. Dupuytren 拘縮 ― 手掌腱膜の断裂
3. ボタンホール変形 ― PIP関節の伸筋腱断裂
4. スワンネック変形 ― DIP関節の屈筋腱断裂
5. 槌指変形 ― MP関節の屈筋腱断裂

解答3

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)