第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午後問題36~40】

 

36 末神経障害における症状で正しい組合せはどれか。 2つ選べ。

1. 顔面神経 ― 開眼障害
2. 副神経 ― 肩甲骨挙上障害
3. 橈骨神経 ― 前腕回内障害
4. 閉鎖神経 ― 股関節外転障害
5. 脛骨神経 ― 足関節底屈障害

解答2/5

解説

 

 

 

 

 

37 骨盤底筋体操の効果が最も期待される病態はどれか。

1. 溢流性尿失禁
2. 過活動膀胱
3. 機能性尿失禁
4. 切迫性尿失禁
5. 腹圧性尿失禁

解答5

解説

 

 

 

 

 

38 電気刺激療法の適応とならないのはどれか。

1. 脳卒中片麻痺患者の歩行における足背屈補助
2. 変形性膝関節症による疼痛の軽減
3. 末性顔面神経麻痺の機能回復
4. 脊髄損傷の起立動作補助
5. 褥瘡の組織修復の促進

解答3

解説

 

 

 

 

 

39 Syme切断で正しいのはどれか。

1. 足根間関節の切断である。
2. 断端の外観が良い。
3. 断端荷重はできない。
4. 義足懸垂は下腿義足に比べて困難である。
5. 義足装着時の歩行能力は健常者とほぼ同等である。

解答5

解説

 

 

 

 

 

40 両側金属支柱付き長下肢装具の適合判定で正しいのはどれか。 2つ選べ。

1. 外側支柱の高さは上前腸骨棘から2~3cm下方とする。
2. 内側支柱の高さは会陰部から2~3cm下方とする。
3. 膝継手の高さは膝関節の関節裂隙に合わせる。
4. 下腿半月上縁の高さは腓骨頭から2~3cm下方とする。
5. 足継手の高さは外果下端に合わせる。

解答2/4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)