第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午後問題41~45】

 

41 標準型車椅子の採寸について正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1. 座幅は両大転子間の幅に10~15cm加えた幅とする。
2. フットレストの床からのクリアランスは5cm以上とする。
3. アームレストは座面から肘までの高さに5~10cm加えた高さとする。
4. 座の奥行きは背面から膝窩までの長さから10~15cm引いた長さとする。
5. 背もたれの高さは座面から腋窩までの長さから5~10cm引いた高さとする。

解答2/5

解説

 

 

 

 

 

42 慢性閉塞性肺疾患における包括的呼吸リハビリテーションで正しいのはどれか。

1. 運動耐容能の改善を図ることができる。
2. 吸気時に動作を行うように指導する。
3. 上肢筋力トレーニングは行わない。
4. 健康関連QOLに影響を与えない。
5. 栄養指導は含まない。

解答1

解説

 

 

 

 

 

43 糖尿病性神経障害で正しいのはどれか。

1. 単神経障害を呈することが多い。
2. 近位部の筋力低下が生じやすい。
3. アキレス腱反射が低下しやすい。
4. 深部感覚では位置覚が障害されやすい。
5. 感覚障害は左右非対称であることが多い。

解答3

解説

 

 

 

 

 

44 トレーニングについて誤っているのはどれか。

1. サーキットトレーニングでは全身的な持久力が増大する。
2. レジスタンストレーニングでは有酸素トレーニングと比べて血圧が上昇する。
3. インターバルトレーニングでは持続トレーニングと比べて心臓への負担が増大する。
4. トレッドミルトレーニングでは歩行速度と傾斜角度によって運動強度を調整できる。
5. エルゴメータトレーニングでは全身的なトレーニングと比べて局所筋の疲労感が出現する。

解答3

解説

 

 

 

 

 

45 顎関節にある関節円板の動きに直接関係する筋はどれか。

1. 咬 筋
2. 側頭筋
3. 顎二腹筋
4. 大頰骨筋
5. 外側翼突筋

解答5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)