第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午後問題26~30】

 

26 Parkinson病に対するUPDRSを用いた理学療法の評価の説明で正しいのはどれか。

1. 3段階の定性尺度で評価する。
2. 安静時振戦はoff時に評価する。
3. 着衣はon時とoff時に分けて評価する。
4. 歩行中のすくみはon時のみで評価する。
5. 得点が高いほど活動性が高いことを意味する。

解答3

解説

 

 

 

 

 

27 再燃を繰り返している多発性硬化症患者において、ステロイドパルス療法後に介助での座位が可能となり、理学療法が開始された。
適切なのはどれか。

1. スクワット運動を行う。
2. 座位バランスの安定化を促す。
3. 自主練習として伝い歩きを指導する。
4. 疼痛を伴うときには温熱療法を行う。
5. 重錘を用いた筋力トレーニングを行う。

解答2

解説

 

 

 

 

 

28 眼振がみられる患者の体幹筋の協調運動障害に適応となるのはどれか。

1. Epley 法
2. Klapp 体操
3. Böhler 体操
4. Frenkel 体操
5. rhythmic stabilization

解答5

解説

 

 

 

 

 

29 6歳までの脳性麻痺で最も多いタイプはどれか。

1. 痙直型
2. 失調型
3. 弛緩型
4. 混合型
5. アテトーゼ型

解答1

解説

 

 

 

 

 

30 Zancolliの四肢麻痺上肢機能分類で基本的機能筋に指定されているのはどれか。 2つ選べ。

1. 上腕三頭筋
2. 上腕筋
3. 円回内筋
4. 橈側手根屈筋
5. 深指屈筋

解答2/4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)