第49回(H26) 理学療法士国家試験 解説【午後問題21~25】

 

21 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で部位・運動方向と移動軸の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。

1. 肩内旋 ― 尺 骨
2. 肩水平屈曲 ― 橈 骨
3. 肘伸展 ― 橈 骨
4. 手屈曲(掌屈) ― 第3 中手骨
5. 手尺屈 ― 第2 中手骨

解答1/3

解説

 

 

 

 

 

22 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で垂直線を基準に用いるのはどれか。 2つ選べ。

1. 肩屈曲
2. 肘屈曲
3. 股内旋
4. 膝屈曲
5. 頸部側屈

解答1/3

解説

 

 

 

 

 

23 Daniels らの徒手筋力テストにおける段階4 の検査で、検査する運動と抵抗を加える部位の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。

1. 股関節伸展 ― 下腿遠位部後面
2. 股関節屈曲 ― 大腿近位部前面
3. 股関節屈曲位からの外転 ― 下腿遠位部外側面
4. 股関節内転 ― 大腿遠位部内側面
5. 股関節外旋 ― 下腿遠位部外側面

解答1/4

解説

 

 

 

 

 

24 Daniels らの徒手筋力テストで正しいのはどれか。

1. 順序尺度である。
2. 5 段階評価である。
3. 実施にあたって年齢は考慮しない。
4. 個々の筋の筋力が測定可能である。
5. 段階2は最大筋力の約40%に相当する。

解答1

解説

 

 

 

 

 

25 脳卒中後の肩手症候群について正しいのはどれか。

1. 患側の手に冷感がみられる。
2. 麻痺が重度の場合に発症しやすい。
3. 星状神経節ブロックは無効である。
4. 脳卒中発症後3週以内に生じやすい。
5. 自動的な関節可動域運動は症状を悪化させる。

解答2

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)