第46回(H23) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題66~70】

 

66.唾液によって分解されるのはどれか。

1.脂質
2.蛋白質
3.ブドウ糖
4.デンプン
5.セルロース

解答4

解説

1.× 脂質は、①胃リパーゼ、②膵リパーゼ、③腸リパーゼが分解する。
2.× 蛋白質は、①胃液のペプシン、②膵液のトリプシン、③キモトリプシンが分解する。
3.× ブドウ糖は、単糖類で、これ以上分解されない。デンプンが、唾液で分解されて麦芽糖(マルトース)となり、腸のマルターゼでブドウ糖(グルコース)に分解され腸管に吸収される。
4.〇 正しい。デンプンは、唾液によって分解される。唾液に含まれる唾液アミラーゼ(プチアリン)は、デンプンを二糖類の麦芽糖(マルトース)に分解する。
5.× セルロースは食物繊維であり、人間には分解することができない。食物繊維(セルロース)は、分解されないで便として排泄される。

 

 

 

 

 

 

67.体温で正しいのはどれか。

1.血管収縮で熱放散が低下する。
2.呼気は熱放散を減少させる。
3.体温調節中枢は小脳にある。
4.高齢者は小児よりも高い。
5.午前よりも午後が低い。

解答1

解説

1.〇 正しい。血管収縮で熱放散が低下する。なぜなら、皮膚血管が収縮すると、皮膚血流量が減るため。2.× 呼気は熱放散を、減少ではなく増加させる。呼気によって体内から水蒸気などを発散させる。
3.× 体温調節中枢は、小脳ではなく視床下部(間脳)にある。視床下部は、行動・本能の中枢でもあり、体温調整、下垂体ホルモンの調整、摂食行動、飲水行動、性行動、睡眠などを司る。
4.× である。小児高齢者よりも高い。なぜなら、小児は体温調整機構が未熟で外気温に左右されやすく、新陳代謝が活発であるため。10歳ころより、体温調整機構は成人とほぼ同じになる。一方、高齢者は、温度刺激に対する中枢の反応閾値が高く、皮膚温の変化に対する感受性も低くなっている。
5.× である。午後よりも午前が低い。つまり、午前よりも午後にかけて高くなる日内変動がみられる。ちなみに、睡眠時の体温は覚醒時に比べて低下する。

 

 

 

 

68.高齢者で減少するのはどれか。2つ選べ。

1.心拍出量
2.腎血流量
3.体脂肪率
4.末梢血管抵抗
5.機能的残気量

解答1/2

解説
1〜2.〇 正しい。心拍出量/腎血流量は、加齢により減少する。加齢により心機能が低下するとともに、血液量が低下するため心拍出量は低下する。
3.× 体脂肪率は、加齢により増加する。なぜなら、加齢により筋肉量・基礎代謝が低下するため。
4.× 末梢血管抵抗は、加齢により増加する。加齢により動脈硬化が起こるため。血圧は、心拍出量と末梢血管抵抗に比例するため、末梢血管抵抗が増えると血圧は上がる。ちなみに、末梢血管抵抗とは、末梢の血管の血液の流れにくさを表す。
5.× 機能的残気量は、加齢により増加する。加齢により呼吸機能は低下し残気量も増加する。

 

 

 

 

 

 

69.手で鉄球を持ち、図に示す構えを保持した場合、肘関節にかかる関節反力はどれか。

1. 4N
2. 20N
3. 24N
4. 410N
5. 480N

解答4

解説

 

本問題のポイント

肘関節にかかる関節反力を求める。
上腕骨が尺骨の回転を止めている力を求める。

設問の図の上腕二頭筋から出ている矢印が引っ掛けとなる。上腕二頭筋は、前腕を吊っているただの糸という考え方ができるかがポイントである。したがって支点は、上腕筋付着部である。

公式

重さ[N] × 距離[m] =モーメント[Nm]

【時計回りのモーメント20.5Nmを求める】

①前腕全体の回転力

モーメントアーム(0.2 − 0.05=0.15m)

20N × 0.15m =3.0Nm

②鉄球の回転力

モーメントアーム(0.4  − 0.05=0.35m)

50N × 0.35m =17.5Nm

①(3.0Nm)+②(17.5Nm)=20.5Nm

 

【反時計回りのモーメントを求める(これが肘関節にかかる関節反力)】

肘関節にかかる関節反力を『X』

0.05×[X]=20.5Nm

=20.5Nm ÷ 0.05X

410N

したがって、選択肢4.〇 410Nである。

 

 

 

 

 

 

70.随意運動の制御に関与する部位はどれか。

1.松果体
2.扁桃体
3.歯状核
4.青斑核
5.海馬

解答3

解説
1.× 松果体は、日内変動睡眠覚醒に関与する。メラトニンを分泌する。
2.× 扁桃体は、記憶情動に関与する。
3.〇 正しい。歯状核は随意運動の制御を行う。小脳にある。
4.× 青斑核は、覚醒注意情動に関与する。脳幹にある。
5.× 海馬は、記憶に関与する。側頭葉の内側にある。

 

参考にどうぞ↓

理学療法士国家試験 運動に関する部位ついての問題5選「まとめ・解説」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)