第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午後問題1~5】

 

※解答の引用:第56回理学療法士国家試験及び第56回作業療法士国家試験の合格発表について(厚生労働省HPより)

 

 

1 椅子座位でテーブル上にあるコップにゆっくりと手を伸ばしてつかむ作業の図を示す。
 この時の肩関節と肘関節の運動に関与が推定される筋と収縮様式との組合せで正しいのはどれか。

1. 三角筋前部線維:求心性収縮
2. 三角筋後部線維:求心性収縮
3. 上腕二頭筋:求心性収縮
4. 上腕三頭筋:遠心性収縮
5. 腕橈骨筋:求心性収縮

解答1

解説
1.〇 正しい。三角筋前部線維:求心性収縮
2.× 三角筋後部線維:求心性収縮
3.× 上腕二頭筋:求心性収縮
4.× 上腕三頭筋:遠心性収縮
5.× 腕橈骨筋:求心性収縮

 

 

 

 

 

 

 

2 60歳の男性。COPDが進行し在宅酸素療法が導入された。酸素流量は労作時2L/分である。
 入浴動作の指導で正しいのはどれか。

1. 洗髪を片手で行う。
2. 動作を素早く行う。
3. 浴槽に肩まで浸かる。
4. 洗い場の椅子の座面を低くする。
5. 入浴中は経鼻カニューレを外す。

解答1

解説
1.〇 正しい。洗髪を片手で行う。
2.× 動作を素早く行う。
3.× 浴槽に肩まで浸かる。
4.× 洗い場の椅子の座面を低くする。
5.× 入浴中は経鼻カニューレを外す。

 

 

 

 

 

 

 

3 Danielsらの徒手筋力テストで、段階の測定肢位で正しいのはどれか。2つ選べ。
 ただし、関節可動域には異常がないものとする。

解答1・5

解説
1.〇 正しい。頸部屈曲
2.× 肘関節伸展
3.× 股関節屈曲、外転および膝関節屈曲位での股関節外旋
4.× 体幹屈曲
5.× 肩甲骨の内転と下方回旋

 

 

 

 

 

 

 

4 身体図のような感覚障害を呈する場合に考えられる脊髄の障害部位はどれか。

1. ①
2. ②
3. ③
4. ④
5. ⑤

解答2

解説
1.× ①
2.〇 正しい。②
3.× ③
4.× ④
5.× ⑤

 

 

 

 

 

 

 

5 32歳の男性。左利き。交通事故により右上腕切断となった。断端長は10.0cmで、残存肢の上腕長は25.0 cm であった。
 能動義手製作のために選択する肘継手として最も適切なのはどれか。

1. 軟性たわみ式継手
2. 倍動肘ヒンジ継手
3. 能動単軸肘ヒンジ継手
4. 遊動単軸肘ヒンジ継手
5. 能動単軸肘ブロック継手

解答5

解説
1.× 軟性たわみ式継手
2.× 倍動肘ヒンジ継手
3.× 能動単軸肘ヒンジ継手
4.× 遊動単軸肘ヒンジ継手
5.〇 正しい。能動単軸肘ブロック継手

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)