第56回(R3) 理学療法士国家試験 解説【午前問題36~40】

 

36 失語症の型と症状の組合せで正しいのはどれか。

1.Wernicke失語:聴覚理解が保たれる。
2.超皮質性失語:復唱が障害される。
3.Broca失語:自発言語が障害される。
4.伝導失語:復唱が保たれる。
5.健忘失語:聴覚理解が障害される。

解答

解説
1.× Wernicke失語:聴覚理解が保たれる。
2.× 超皮質性失語:復唱が障害される。
3.〇 正しい。Broca失語:自発言語が障害される。
4.× 伝導失語:復唱が保たれる。
5.× 健忘失語:聴覚理解が障害される。

 

 

 

 

 

 

37 高血糖症状はどれか。

1.多飲
2.動悸
3.頻脈
4.空腹感
5.手指振戦

解答

解説
1.〇 正しい。多飲
2.× 動悸
3.× 頻脈
4.× 空腹感
5.× 手指振戦

 

 

 

 

 

 

38 椅子からの立ち上がり動作を観察したところ、両上肢で大腿前面を支持し、過度に体幹を前傾した状態から殿部離床し、その後体幹を前傾したまま早期に膝関節の伸展が見られた。最後に体幹を伸展し立ち上がりを終了した。この間、顕著な姿勢の動揺は認めなかった。
 この動作異常が生じている心身機能・身体構造の問題点として最も考えられるのはどれか。

1.無動
2.片麻痺
3.運動失調
4.両下肢筋力低下
5.両股関節伸展可動域制限

解答

解説
1.× 無動
2.× 片麻痺
3.× 運動失調
4.〇 正しい。両下肢筋力低下
5.× 両股関節伸展可動域制限

 

 

 

 

 

 

39 静的立位で下腿義足の足部内側が床から浮き上がった。
 原因はどれか。

1.toe-out角が大きすぎる。
2.初期屈曲角が不足している。
3.初期内転角が不足している。
4.ソケットの外壁が高すぎる。
5.足部が外側に位置しすぎている。

解答

解説
1.× toe-out角が大きすぎる。
2.× 初期屈曲角が不足している。
3.〇 正しい。初期内転角が不足している。
4.× ソケットの外壁が高すぎる。
5.× 足部が外側に位置しすぎている。

 

 

 

 

 

 

40 Wallenberg症候群に関連する摂食嚥下障害はどれか。

1.半側空間無視による先行期障害
2.観念失行による準備期障害
3.顔面麻痺による口腔期障害
4.食道入口部開大不全による咽頭期障害
5.胃食道逆流による食道期障害

解答

解説
1.× 半側空間無視による先行期障害
2.× 観念失行による準備期障害
3.× 顔面麻痺による口腔期障害
4.〇 正しい。食道入口部開大不全による咽頭期障害
5.× 胃食道逆流による食道期障害

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)