第56回(R3) 理学療法士国家試験 解説【午後問題31~35】

 

31 IADLに含まれるのはどれか。2つ選べ。

1.家庭管理
2.更衣
3.洗濯
4.入浴
5.排泄

解答1・3

解説
1.〇 正しい。家庭管理
2.× 更衣
3.〇 正しい。洗濯
4.× 入浴
5.× 排泄

 

 

 

 

 

 

32 松葉杖歩行を行うために必要な機能と上肢の筋との組合せで正しいのはどれか。

1.体重支持:上腕二頭筋
2.握り手の把持:橈側手根伸筋
3.脇当ての固定:大胸筋
4.松葉杖の前方への振り出し:肩甲下筋
5.握り手を握ったときの手関節の固定:浅指屈筋

解答

解説
1.× 体重支持:上腕二頭筋
2.× 握り手の把持:橈側手根伸筋
3.〇 正しい。脇当ての固定:大胸筋
4.× 松葉杖の前方への振り出し:肩甲下筋
5.× 握り手を握ったときの手関節の固定:浅指屈筋

 

 

 

 

 

 

33 脳血管障害の片麻痺について正しいのはどれか。

1.四肢の遠位部と比べて四肢の近位部の回復が遅れることが多い。
2.上肢の麻痺と比べて下肢の麻痺の回復が遅れることが多い。
3.上肢に痙縮があると肘関節が屈曲することが多い。
4.共同運動が出現した後に連合反応が出現する。
5.発症直後は筋緊張が高まることが多い。

解答

解説
1.× 四肢の遠位部と比べて四肢の近位部の回復が遅れることが多い。
2.× 上肢の麻痺と比べて下肢の麻痺の回復が遅れることが多い。
3.〇 正しい。上肢に痙縮があると肘関節が屈曲することが多い。
4.× 共同運動が出現した後に連合反応が出現する。
5.× 発症直後は筋緊張が高まることが多い。

 

 

 

 

 

 

34 脊髄性運動失調症でみられるのはどれか。

1.折りたたみナイフ現象
2.断綴性発語
3.羽ばたき振戦
4.酪町歩行
5.Romberg徴候陽性

解答

解説
1.× 折りたたみナイフ現象
2.× 断綴性発語
3.× 羽ばたき振戦
4.× 酪町歩行
5.〇 正しい。Romberg徴候陽性

 

 

 

 

 

 

35 Guillain-Barré症候群について正しいのはどれか。

1.四肢の深部腱反射が亢進する。
2.欧米に比べて日本では軸索型が多い。
3.脳神経症状がみられるのは5%以下である。
4.先行感染から24時間以内に神経症状が出現する。
5.約90%の症例で神経症状のピークは1週間以内である。

解答

解説
1.× 四肢の深部腱反射が亢進する。
2.〇 正しい。欧米に比べて日本では軸索型が多い。
3.× 脳神経症状がみられるのは5%以下である。
4.× 先行感染から24時間以内に神経症状が出現する。
5.× 約90%の症例で神経症状のピークは1週間以内である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)