第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題66~70】

 

66 脳神経とその働きの組合せで正しいのはどれか。

1.顔面神経———軟口蓋の挙上
2.三叉神経———下顎の運動
3.舌咽神経———舌の運動
4.舌下神経———唾液分泌
5.迷走神経———口唇閉鎖

解答
解説
1.× 顔面神経は、表情筋を動かす。軟口蓋の挙上は三叉神経支配である。
2.〇 正しい。三叉神経は、下顎の運動を行う。 
3.× 舌咽神経は、咽頭筋を支配している。舌の運動は舌下神経である。
4.× 舌下神経は、舌の運動を行う。唾液分泌は顔面神経舌咽神経である。 
5.× 迷走神経は、咽頭や喉頭部の筋を支配する。口唇閉鎖は顔面神経である。

 

 

 

67 排尿に関与する神経で正しいのはどれか。

1.脳における排尿中枢は延髄にある。
2.外尿道括約筋は下腹神経支配である。
3.内尿道括約筋は陰部神経支配である。
4.交感神経路の興奮は膀胱を弛緩させる。
5.副交感神経路は第11胸髄~第2腰髄レベルから生じる。

解答
解説
1.× 脳における排尿中枢は延髄ではなく、 前頭葉や橋にある。
2.× 外尿道括約筋は下腹神経支配ではなく、陰部神経である。
3.× 内尿道括約筋は陰部神経支配ではなく、排尿時は骨盤神経・随意的に尿を止めるときは下腹神経である。
4.〇 正しい。交感神経路の興奮は膀胱を弛緩(尿閉)させる。
5.× 副交感神経路は第11胸髄~第2腰髄レベルからではなく、骨盤神経であるためS2~4レベルで生じる。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 泌尿器の解剖ついての問題6選「まとめ・解説」 理学療法士国家試験 自律神経についての問題6選「まとめ・解説」

 

 

 

68 男性生殖器系で正しいのはどれか。

1.勃起中枢は腰髄にある。
2.陰茎海綿体神経は動脈収縮作用をもつ。
3.射精は副交感神経の作用を介して起きる。
4.性的刺激による勃起には辺縁系が関与する。
5.射精後の精子は女性の膣内で1週間程度生存する。

解答
解説
1.× 勃起中枢は腰髄ではなく、仙髄(S2~4)にある。
2.× 陰茎海綿体神経は動脈収縮作用ではなく、静脈収縮作用をもつ。
3.× 射精は副交感神経ではなく交感神経の作用を介して起きる。勃起は副交感神経の作用を介して起こる。
4.〇 正しい。性的刺激による勃起には辺縁系が関与する。
5.× 女性の膣内は酸性に保たれている。精子は酸性の環境に弱く、腟内の精子は射精後約30分で急速に運動性が失われ、受精能力がなくなる。精子自体、膣内でなければ1週間程度生存する。

 

 

 

一休みに・・・。

 

 

69 嫌気的代謝の過程で生成される物質はどれか。

1.アミノ酸
2.クエン酸
3.フマル酸
4.ピルビン酸
5.イソクエン酸

解答
解説

 グルコースから生じたピルビン酸は、還元され最終産物として乳酸になる。このグルコースから乳酸への変換経路は、酸素の関与なしに起こりうるので、嫌気的代謝(解糖)と呼ばれる。よって、選択肢4.ピルビン酸が正しい。

クエン酸回路は、

1.× タンパク質は、アミノ酸からなるが、アミノ酸は結合してペプチドとなり、さらに高次構造(タンパク質の高次構造)が構成される。その働きは、触媒、酵素など他の分子の輸送や貯蔵、物理的支持や免疫防御、運動の発生、神経インパルスの伝達、細胞の増殖や分化の制御と、実にさまざまである。
2.× クエン酸・フマル酸・イソクエン酸はクエン酸回路(好気的代謝)である。他には、オキサロ酢酸・α-ケトグルタル酸・サクシニルCoA・コハク酸・リンゴ酸がある。

 

 

 

 

 

70 前腕回内の作用をもつのはどれか。2つ選べ。

1.上腕筋
2.腕橈骨筋
3.上腕二頭筋
4.上腕三頭筋
5.橈側手根屈筋

解答2,5
解説
1.× 上腕筋は、肘関節屈曲のみに働く。
2.〇 正しい。腕橈骨筋は、肘関節屈曲・回内での回外・回外位での回内に働く。
3.× 上腕二頭筋は、肘関節屈曲、回外に働く。
4.× 上腕三頭筋は、肘関節伸展・肩関節伸展に働く。
5.〇 正しい。橈側手根屈筋は、手関節掌屈・橈屈、前腕回内に働く。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

【暗記用】上肢筋の起始・停止・作用・神経を完璧に覚えよう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)