第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題61~65】

 

61 細胞について誤っているのはどれか。

1.細胞膜は二重膜である。
2.細胞膜は主にリン脂質から構成される。
3.ミトコンドリアではATP生成を行っている。
4.リボソームは蛋白質とDNAから構成される。
5.Na+—K+ポンプにより細胞内のNa+は低く保たれる。

解答
解説
1.2〇 正しい。細胞膜は二重膜で、主にリン脂質から構成される。
3.〇 正しい。ミトコンドリアではATP生成を行っている。肝細胞1個の細胞質内に700~900個前後存在し、TCAサイクルによるエネルギー(ATP)産生を行う。半減期は10~11日である。
4.× リボソームは、蛋白質とDNAではなくRNAから構成されている。リボソームは、RNAと特殊なたんぱく質を含む直径15~20nmのダルマ型の顆粒で、遺伝情報をもとにタンパク質を合成する場所である。そのため、粗面小胞体ではタンパク質の合成が営まれる。
5.〇 正しい。Na+—K+ポンプにより細胞内のNa+は低く保たれる。細胞外のNa+は高く保たれている。

 

 

 

62 神経筋接合部における神経伝達物質はどれか。

1.ノルアドレナリン
2.アセチルコリン
3.アドレナリン
4.セロトニン
5.ドパミン

解答
解説

 神経と筋肉の接続部を神経筋接合部という。神経筋接合部では、神経線維の末端が、運動神経終板と呼ばれる筋膜上の特殊な部位とつながっている。神経信号を伝えるため、神経はアセチルコリンという化学物質(神経伝達物質)を神経筋接合部に放出します。よって、選択肢2.アセチルコリンが正しい。
1.× ノルアドレナリンは、交感神経節に続く節後線維から情報伝達物質として放出されたり、副腎髄質からホルモンとして放出される物質である。
3.× アドレナリンは、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節脳神経系における神経伝達物質でもある。
4.× セロトニンは、視床下部にセロトニン神経からの投射がある。生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。
5.× ドパミンは、中脳黒質から線条体に投射している。

 

 

 

63 Brodmannにより決定された皮質領野で一次運動野に相当するのはどれか。

1. 1野
2. 4野
3. 17野
4. 22野
5. 44野

解答
解説

 
1.× 1野は、一時感覚野に相当する。
2.〇 正しい。4野は、一次運動野に相当する。
3.× 17野は、一次視覚野に相当する。
4.× 22野は、感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)に相当する。
5.× 44野は、運動言語中枢(ブローカー中枢)に相当する。

 

 

大きな画面の方が勉強しやすい!

 

 

64 筋紡錘の感覚神経線維で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.Ia
2.lb
3.II
4.α
5.γ

解答1,3
解説
1.〇 正しい。Ia群求心性線維(Aα)は、筋紡錘を支配している。筋が伸張したことを伝える。
2.× lb群求心性線維(Aα)は、腱器官を支配している。腱が伸張したことを伝える。
3.〇 正しい。II群求心性線維(Aβ)は、筋紡錘を支配している。筋が伸張したことを伝える。
4.× α運動線維(Aα)は、錘外筋線維を支配する。収縮命令を伝える。
5.× γ運動線維(Aγ)は、錘内筋線維を支配する。筋紡錘の感度を調節する。

 

 

 

65 心室収縮期に生じているのはどれか。2つ選べ。

1.三尖弁開放
2.僧帽弁閉鎖
3.大動脈弁閉鎖
4.肺動脈圧低下
5.肺動脈弁開放

解答2,5
解説


1.× 三尖弁開放せず、閉鎖している。
2.〇 正しい。僧帽弁閉鎖している。
3.× 大動脈弁閉鎖せず、開放している。
4.× 肺動脈圧低下せず、上昇する。
5.〇 正しい。肺動脈弁開放せず、閉鎖する。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)