第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題56~60】

 

56 動脈と触知可能な部位との組合せで誤っているのはどれか。

1.上腕動脈:上腕二頭筋後内側縁
2.橈骨動脈:前腕掌側面の外側遠位部
3.大腿動脈:Scarpa三角内
4.足背動脈:足背の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間
5.後脛骨動脈:外果後方

解答
解説
1.〇 正しい。上腕動脈は、上腕二頭筋後内側縁で触知する。
2.〇 正しい。橈骨動脈は、前腕掌側面の外側遠位部で触知する。
3.〇 正しい。大腿動脈は、Scarpa三角内で触知する。
4.〇 正しい。足背動脈は、足背の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間で触知する。
5.× 後脛骨動脈は、外果後方ではなく内果後方で触知する。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 筋の作るくぼみや溝についての問題5選「まとめ・解説」

 

 

 

57 胃について正しいのはどれか。

1.幽門は食道に連なる。
2.胃切痕は大弯側にある。
3.胃体の下端部を胃底という。
4.噴門は第一腰椎の右側にある。
5.胃の大弯は大網を介して横行結腸と結合する。

解答
解説
1.× 幽門は十二指腸に連なり、食道に連なるのは噴門である。
2.× 胃切痕は大弯側ではなく、小弯側にある。
3.× 胃体の下端部を胃底ではなく、前庭部という。
4.× 噴門はT11や第7肋骨の位置に、第一腰椎の高さにあるのは幽門である。
5.〇 正しい。胃の大弯は大網を介して横行結腸と結合する。

 

 

 

58 泌尿器について正しいのはどれか。

1.尿管口は膀胱尖に開く。
2.尿管内部には逆流防止弁がある。
3.男性の尿道は女性に比べて短い。
4.男性の尿道は前立腺を貫いている。
5.内尿道口は膀胱三角の中央に開く。

解答
解説
1.× 尿管口は膀胱底部に開口する。膀胱尖は膀胱頂部に位置する。
2.× 尿管内部には逆流防止弁は存在しない。尿管は膀胱壁を斜めに貫くが、この構造が便の働きをし、膀胱内の尿が尿管に逆流するのを防いでいる。
3.× 男性の尿道は女性に比べて、短いのではなく長い。男性は約20cm、女性は約3cmである。
4.〇 正しい。男性の尿道は前立腺を貫いている。そのため、男性は加齢などにより前立腺が肥大すると尿道がふさがり尿閉となる。
5.× 左右の尿管口と内尿道口の3点を結んだものが膀胱三角と呼ばれている。そのため、内尿道口は膀胱三角の各点であり、中央に開くことはない。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 泌尿器の解剖ついての問題6選「まとめ・解説」

 

合格グッツで縁担ぎ!

 

 

 

59 内耳に含まれるのはどれか。

1.鼓室
2.耳管
3.キヌタ骨
4.膜半規管
5.アブミ骨筋

解答
解説

 内耳は大きく蝸牛前庭三半規管の3つの部分に分けられる。
1.× 鼓室は外耳である。
2.× 耳管は中耳である。
3.× キヌタ骨・アブミ骨筋は中耳である。
4.〇 正しい。膜半規管は内耳である。膜半規管とは、半規管の外側は骨でできており(骨半規管)、そのすぐ内側に膜がある。その膜の事である。 

 

 

60 Scarpa三角の内で触知できる筋はどれか。2つ選べ。

1.大腿直筋
2.恥骨筋
3.腸腰筋
4.内閉鎖筋
5.梨状筋

解答2,3
解説

(※図引用:ながさき整骨院HP様)

 スカルパ三角(Scarpa三角)とは、①鼠径靭帯②縫工筋(内側縁)③長内転筋(外側縁)で囲まれた部分である。よって、選択肢2.3.恥骨筋・腸腰筋が正しい。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 筋の作るくぼみや溝についての問題5選「まとめ・解説」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)