リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題71~75】

 

71 筋と足への作用との組合せで正しいのはどれがう。2つ選べ。

1.足の長母指伸筋———背屈
2.後脛骨筋———内がえし
3.前脛骨筋———外がえし
4.第三腓骨筋———底屈
5.長腓骨筋———背屈

解答1,2
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

72 股関節伸展、内転、内旋および膝関節屈曲に作用する筋はどれか。

1.大腿筋膜張筋
2.大腿二頭筋
3.中間広筋
4.半腱様筋
5.縫工筋

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

73 努力吸気時に働く筋はどれか。

1.腹横筋
2.腹直筋
3.外腹斜筋
4.内腹斜筋
5.胸鎖乳突筋

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

74 反射マーカを用いた三次元歩行分析装置で評価が最も困難なのはどれか。

1.歩 幅
2.歩行率
3.重心の変化
4.足底圧分布
5.関節角度変化

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

75 尿検査項目とその検査結果が高値となる疾患との組合せで正しいのはどれか。

1.ケトン体———膵炎
2.ビリルビン———糖尿病
3.アルブミン———肝硬変
4.ヘモグロビン———心筋梗塞
5.ミオグロビン———横紋筋融解症

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)