第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題76~80】

 

76 悪性腫瘍細胞の特徴で誤っているのはどれか。

1.増殖が速い。
2.核分裂が多い。
3.染色体異常が多い。
4.細胞質比が小さい。
5.未分化型は悪性度が高い。

解答
解説

良性腫瘍と悪性腫瘍の違い

 良性腫瘍悪性腫瘍
分化度高い低い
増殖能低い高い
発育速度遅い早い
細胞分裂ゆるやか活発
転移浸潤しないしやすい
染色体正常異常
異型性弱い強い
発育形式膨張性浸潤性

1~3.5.〇 悪性腫瘍の特徴(増殖が速い。核分裂が多い。染色体異常が多い。未分化型は悪性度が高い。)として正しい。図参照。
4.× 細胞質比が小さいのは良性腫瘍の特徴である。

 

 

 

 

77 ステロイド薬の長期投与によって生じやすいのはどれか。

1.腎不全
2.低血圧
3.骨粗鬆症
4.体重減少
5.高カリウム血症

解答
解説

ステロイドの副作用

重度なもの消化管潰瘍、糖尿病、感染症、骨粗鬆症・骨壊死、筋炎、精神症状
軽度なもの中心性肥満、体重増加、満月様顔貌

よって、選択肢3.骨粗鬆症が正しい。

 

1.× 腎不全ではなく、副腎不全を引き起こす。
2.× 低血圧ではなく、高血圧を引き起こす。
4.× 体重減少ではなく、体重増加を引き起こす。
5.× 高カリウム血症ではなく、低カリウム血症を引き起こす。

 

 

 

 

78 良性の骨軟部腫瘍はどれか。

1.脊索腫
2.軟骨肉腫
3.血管内皮腫
4.海綿状血管腫
5.多発性骨髄腫

解答
解説

 骨軟部腫瘍とは、骨および軟部組織(筋肉、脂肪、神経、血管など)にできる腫瘍のことをいう。

1~2.× 脊索腫(せきさくしゅ)や軟骨肉腫は、頭蓋底腫瘍の中でも最も治療が困難な病気と言われている。頭蓋骨の深部である斜台という骨から発生し、神経や血管を巻き込み、周辺の骨を破壊しながら増大する。最低限、「肉腫=悪性」は覚えておく。
3.× 血管内皮腫は、血管肉腫と血管腫の中間の悪性度を示し、比較的予後不良の悪性腫瘍である。
4.〇 正しい。海綿状血管腫は、発生頻度は人口の0.5~0.7%に見られ、脳動静脈奇形についで多い血管奇形である。 男女差はなく、20~40歳代に発症することが多い病気である。先天性に血管が変形(奇形)した状態のことをいい、悪性化したり大きくなることはない。皮膚・脳・肝・軟部組織などにみられる。
5.× 多発性骨髄腫は、形質細胞(骨髄細胞)のがんで、異常な形質細胞が骨髄や、ときには他の部位で、制御を失った状態で増殖する病気である。50歳以降、特に60歳以上の男性に多い。

 

 

 

 

79 転移・逆転移で適切なのはどれか。

1.陰性転移の解釈は避ける。
2.転移は逆転移を誘発する。
3.逆転移は治療の阻害因子となる。
4.逆転移は治療者の意識的反応である。
5.心理治療の目標は陽性転移の出現である。

解答
解説

 転移と逆転移は、精神分析療法の上で重要な概念である。転移とは、患者が今までの生活史における重要人物(親、学校の先生)に示してきた感情や態度を治療者に向けることを言い、一方、逆転移とは治療者が患者に向けることである。

1.× 陰性転移の解釈は避けるのは、適切ではない。陽性転移は、信頼、愛情、感謝、尊敬などで、陰性転移は、不信、恨み、敵意、攻撃性などをいう。陽性・陰性いずれも、解釈・分析することで患者の葛藤を知る手掛かりとなる。
2.〇 正しい。転移は、逆転移を誘発する
3.× 逆転移は治療者が患者に向ける感情や態度のことであり、治療者が逆転移を認識した場合、治療者自身で解決するか、別の治療者に相談などして解決する。治療の阻害因子にはならない。
4.× 逆転移は治療者の意識的反応ではなく無意識的反応である。これに関して、精神科医のユングは、個人の無意識のさらに下に、人類に共通する「集合的無意識」があることを提唱した。
5.× 心理治療の目標は、主に「臨床心理学的方法を用いて、心理的な問題の克服や困難の軽減にむけて支援」であるため、単に陽性転移の出現ではない。陽性転移は治療の継続のためには有効であるが、これを出現させることが治療の目的ではない。

 

 

 

80 Eriksonによる成人中期の心理的発達課題はどれか。

1.勤勉性
2.同一性
3.親密性
4.生殖性
5.自我の統合

解答
解説

エリクソン発達理論

乳児期(0歳~1歳6ヶ月頃)基本的信頼感vs不信感
幼児前期(1歳6ヶ月頃~4歳)自律性vs恥・羞恥心
幼児後期(4歳~6歳)積極性(自発性)vs罪悪感
児童期・学童期(6歳~12歳)勤勉性vs劣等感
青年期(12歳~22歳)同一性(アイデンティティ)vs同一性の拡散
前成人期(就職して結婚するまでの時期)親密性vs孤立
成人期(結婚から子供が生まれる時期)生殖性vs自己没頭
壮年期(子供を産み育てる時期)世代性vs停滞性
老年期(子育てを終え、退職する時期~)自己統合(統合性)vs絶望

 よって、選択肢4.生殖性が正しい。

1.× 勤勉性は、児童期・学童期である。
2.× 同一性は、青年期である。
3.× 親密性は、前成人期である。
5.× 自我の統合は、老年期である。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)