リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題76~80】

 

76 悪性腫蕩細胞の特徴で誤っているのはどれか。

1.増殖が速い。
2.核分裂が多い。
3.染色体異常が多い。
4.細胞質比が小さい。
5.未分化型は悪性度が高い。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

77 ステロイド薬の長期投与によって生じやすいのはどれか。

1.腎不全
2.低血圧
3.骨粗懸症
4.体重減少
5.高カリウム血症

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

78 良性の骨軟部腫蕩はどれか。

1.脊索腫
2.軟骨肉腫
3.血管内皮腫
4.海綿状血管腫
5.多発性骨髄腫

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

79 転移・逆転移で適切なのはどれか。

1.陰性転移の解釈は避ける。
2.転移は逆転移を誘発する。
3.逆転移は治療の阻害因子となる。
4.逆転移は治療者の意識的反応である。
5.心理治療の目標は陽性転移の出現である。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

80 Eriksonによる成人中期の心理的発達課題はどれか。

1.勤勉性
2.同一性
3.親密性
4.生殖性
5.自我の統合

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)