リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題16~20】

 

16 83歳の女性。転倒して右股関節痛を訴えた。エックス線写真(下図)を別に示す。
 疑うべき疾患はどれか。

1.股関節脱臼
2.大腿骨近位部骨折
3.恥骨結合離開
4.恥骨骨折
5.腸骨骨折

 

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

17 69歳の男性。脳梗塞による右片麻痺。発症から4週が経過。Brunnstrom 法ステージは上肢Ⅱ、手指Ⅱ、下肢Ⅲ。移乗とトイレ動作は手すりを使用して自立、車椅子駆動は自立している。歩行は短下肢装具とT字杖を使用して軽介助が必要であり、病棟では車椅子で移動している。病室を図に示す。
 この患者に適切なのはどれか。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

18 17歳の男子。頚髄損傷。プールに飛び込んだ際に、頭部を底に打ちつけて受傷した。受傷8週後のMMT結果を表に示す。
機能残存レベルはどれか。

1.C4
2.C5
3.C6
4.C7
5.C8

 

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

 

19 66歳の男性。意識障害で右上肢を下に腹臥位で体動困難となっているところを発見された。両膝、右手首、右肘および右前胸部に多発褥瘡を認め、脱水症を伴うことから発症後数日が経過していると考えられた。保存的加療とともに理学療法が開始され、徐々に意識障害が改善すると、入院後1か月で訓練中に右手のしびれを訴え、図のような手を呈した。
 この患者の右手に適応となるのはどれか。

1.BFO
2.虫様筋カフ
3.短対立装具
4.手関節駆動式把持装具
5.コックアップ・スプリント

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

20 75歳の男性。脳挫傷。飲酒しトイレで倒れていた。頭部CT(下図)を別に示す。明らかな運動麻痺はなく、反復唾液嚥下テスト〈RSST〉は5回/30秒である。改訂水飲みテスト〈MWST〉や食物テストでは嚥下後の呼吸は良好でむせもない。義歯を使用すれば咀嚼可能であるが、実際の食事場面では自分で食物を口に運ぼうとしない。
 この患者の摂食嚥下で障害されているのはどれか。

1.先行期
2.準備期
3.口腔期
4.咽頭期
5.食道期

 

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)