リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題21~25】

 

21 対応のない正規分布を示す連続変数の2群間の差を検定するときに用いるのはどれか。

1.Fisher の正確確率検定
2.Kruskal-Wallis 検定
3.log-rank検定
4.相関分析
5.Student の t検定

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

22 チーム医療において理学療法士が行わないのはどれか。

1.チームのリーダーを務める。
2.要介護認定申請の意見書を作成する。
3.栄養指導について管理栄養士に相談する。
4.人工呼吸器の設定について医師に相談する。
5.福祉用具の貸与についてソーシャルワーカーに相談する。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

23 四肢長と測定部位の組合せで正しいのはどれか。

1.棘果長———上前腸骨棘の最下端から内果の最下端まで
2.手長————橈骨茎状突起の最下端から中指の先端まで
3.上腕長———肩峰の最前端から肘頭の最突出点まで
4.前腕長———肘頭の最上端から尺骨茎状突起の最下端まで
5.転子果長——小転子の最上端から外果の外側突出点まで

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

24 除細動が必要となる可能性が高い不整脈はどれか。

1.I度房室ブロック
2.心室頻拍
3.単発の上室期外収縮
4.慢性心房細動
5.連続しない心室期外収縮

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

25 腱反射が亢進する疾患はどれか。

1.多発性筋炎
2.多発性硬化症
3.Guillain-Barre 症候群
4.尿毒症性ニユーロパチー
5.Duchenne 型筋ジストロフイー

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)