第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題21~25】

 

21 対応のない正規分布を示す連続変数の2群間の差を検定するときに用いるのはどれか。

1.Fisher の正確確率検定
2.Kruskal-Wallis 検定
3.log-rank検定
4.相関分析
5.Student の t検定

解答
解説
1.× Fisher の正確確率検定は、2群の独立性を検定する。両群をクロス集計で2×2などの分割表に入れたとき、両群間の関連が統計的に優位であるかを見る。(χ2乗検定とほぼ同じであり、違いは数値の算出方法が違うのみである。)
2.× Kruskal-Wallis 検定(クラスカル・ウォリス)検定は、3つ以上のグループ間に差があるかどうかを知りたい時に用いるノンパラメトリックな手法の検定である。
3.× log-rank検定(ログランク)は、生存時間解析において、2群の生存時間に差があるかを検定するノンパラメトリックな検定手法のことである。
4.× 相関分析は、2変数間の関係を数値で記述する分析方法である。
5.〇 正しい。Student の t検定は、対応のない正規分布を示す連続変数の2群間の差を検定するときに用いる。

 

 

 

22 チーム医療において理学療法士が行わないのはどれか。

1.チームのリーダーを務める。
2.要介護認定申請の意見書を作成する。
3.栄養指導について管理栄養士に相談する。
4.人工呼吸器の設定について医師に相談する。
5.福祉用具の貸与についてソーシャルワーカーに相談する。

解答
解説
1.3~5〇 各選択肢(チームのリーダーを務める。栄養指導について管理栄養士に相談する。人工呼吸器の設定について医師に相談する。福祉用具の貸与についてソーシャルワーカーに相談する。)は、理学療法士に限らず他の職業でも行える。
2.× 理学療法士は行えない。要介護認定申請の意見書を作成するのは医師しか行えない。下記の図に要介護認定の流れを参考にしてください↓↓

(※図引用:みんなの介護HP様)

 

 

 

23 四肢長と測定部位の組合せで正しいのはどれか。

1.棘果長———上前腸骨棘の最下端から内果の最下端まで
2.手長————橈骨茎状突起の最下端から中指の先端まで
3.上腕長———肩峰の最前端から肘頭の最突出点まで
4.前腕長———肘頭の最上端から尺骨茎状突起の最下端まで
5.転子果長——小転子の最上端から外果の外側突出点まで

解答
解説
1.〇 正しい。棘果長は、「上前腸骨棘の最下端から内果の最下端まで」である。
2.× 手長は、橈骨茎状突起の最下端からではなく、橈骨茎状突起と尺骨茎状突起を結ぶ中点から中指の先端までである。
3.× 上腕長は、肩峰の最前端から肘頭の最突出点までではなく、肩峰の最前端から上腕骨外側上顆までである。
4.× 前腕長は、肘頭の最上端から尺骨茎状突起の最下端までではなく、上腕骨外側上顆から橈骨茎状突起までである。
5.× 転子果長は、小転子の最上端から外果の外側突出点までではなく、大転子から外果までである。

 

 

 

24 除細動が必要となる可能性が高い不整脈はどれか。

1.Ⅰ度房室ブロック
2.心室頻拍
3.単発の上室期外収縮
4.慢性心房細動
5.連続しない心室期外収縮

解答
解説

 除細動は、不整脈に対しての治療の一つで、電気的な刺激や薬物等の外力によって異常な電気信号経路を遮断し、正常の電気信号経路への改善を促す方法である。その一つにAED(自動体外式除細動器)がある。AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器である。

 

1.× 房室ブロックは、心房まで伝わった心臓収縮のための正常な電気刺激が心室にうまく伝わらず、全身に血液を送る心室のリズムが遅くなったり、停止したりする状態。 房室ブロックは、その重症度によってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度房室ブロックに分けられる。
2.〇 正しい。心室頻拍は、脈が突然1分間に180など急激に速くなっているものの、心電図の波形が一定のもの。これに対し、心室細動は脈のかたちが一定ではなく不規則で、心室がけいれんを起こし1分間の脈拍数が300など数えられないくらい速くなった状態であう。心室頻拍は血圧が保たれ、すぐには意識を失わないこともありますが、心室細動になると、発症から5~10秒で意識がなくなって失神し、その状態が続くとそのまま亡くなる。心室頻拍の場合も、ほうっておくと心室細動に移行して、意識がなくなって突然死を起こすことがある。除細動の適応である。
3.× 単発の上室期外収縮は、上室(主に心房)が早期に異常興奮するために起こる。生活習慣の改善や薬で対応するケースが多い。
4.× 慢性心房細動は、心房細動の状態がずっと続く状態で、心室に電気が不規則に伝導するために、心室の収縮が不規則に起こる病気である。心拍数を抑える薬心房細動を予防するための薬を処方し、それでも薬で戻らない心房細動に対しては電気的除細動を行うことがある。除細動が必要となる可能性が高いとはいえない。
5.× 連続しない心室期外収縮は、心室(心臓の下側にある2つの部屋)で発生した異常な電気刺激によって、正常な拍動が起こる前に心室が活性化され、それにより余分な拍動が生じる病態である。生活習慣の改善や薬で対応するケースが多い。

除細動の適応

心室頻拍(VT)や心室細動(VF)等の重篤な不整脈。
その他にも心房細動(AF)・心房粗動(AFL)等にも施行される。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

15分でマスターする理学療法士国家試験の心電図問題の勉強の仕方

 

 

 

25 腱反射が亢進する疾患はどれか。

1.多発性筋炎
2.多発性硬化症
3.Guillain-Barre 症候群
4.尿毒症性ニューロパチー
5.Duchenne 型筋ジストロフイー

解答
解説

 腱反射が亢進していると考える場合は、上位運動ニューロンの障害と考えられる。上位運動ニューロンは、大脳皮質運動野や脳幹に始まり、運動情報を下位運動ニューロンに伝える経路、またはその神経細胞のことである。。 
1.× 多発性筋炎は、筋肉の炎症により、筋肉に力が入りにくくなったり、疲れやすくなったり、痛んだりする病気である。腱反射は減弱もしくは消失する。
2.〇 正しい。多発性硬化症は、脳や脊髄、視神経のあちらこちらに病巣ができ、様々な症状が現れるようになる病気である。腱反射は亢進する。
3.× Guillain-Barre 症候群は、複数の末梢神経が障害される病気(ポリニューロパチー)であり、腱反射は減弱することが多い。
4.× 尿毒症性ニューロパチーは、尿毒症患者にみられる末梢神経障害であり、下肢遠位から始まる左右対称性の痛みや灼熱感を伴う上行性異常感覚、感覚鈍麻、運動障害、筋萎縮が起こる。腱反射は減弱もしくは消失する。
5.× Duchenne 型筋ジストロフイーは、幼児期から始まる筋力低下・動揺性歩行・登攀性歩行・仮性肥大を特徴とするX連鎖劣性遺伝病であり、腱反射はアキレス腱反射を除いて減弱ないし消失する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)